TOKYO点

THINGS

W+K 東京LABは、東京を拠点にするクリエイティブ・エージェンシー「W+K TOKYO」によるミュージックレーベルかつクリエイティブ表現のためのアウトレット。5年前、「ハイブリッド」というコンセプトのもと設立され、クリエイティブ表現の新しい形や、テクノロジーによる実験を、アーティスト達と共にスタートした。強烈かつ創造的な表現力でリリースされる作品郡は、全てミュージシャン達と、WKLABのビジュアルチームのコラボレーションによるものだ。設立から5年、10枚目のリリースを記念して、彼らは見事なブック+DVD(256ページ、70分)を出版。今、WKTLABは、東京の全てを吸収しながら、強力な音と映像と共にユニークなビジョンを世界に発信し続けている。 私たちは、A&Rでありプロデューサーのブルース池田氏に、レーベルの今とこれからについて話を伺う機会を得た。

TOKYO点TOKYO点
Tokyo Ten, 256 pages of eye candy. © W+K TOKYO LAB

とても厚い本ですね。どのようなコンセプトで始まったのですか?


レーベル立ち上げ5周年、10枚目のリリースという節目で、WKTLABの進化の過程においても重要なタイミングだったので、何かフレッシュで新しいことをしたいと思いました。今までリリースした9枚のアルバムのために作られたビジュアルのリミックスと、これまでにコラボレーションをしてきた42人のアーティスト(グラフィックデザイナー、イラストレーター、フォトグラファー等)の新しい作品を掲載しています。彼らには、「TOKYO.点」というコンセプトを自由に解釈してもらい、それぞれの東京に対するビジョンを表現した作品を制作してもらいました。「点」という漢字には、時間的な瞬間、ドット、位置、また何かをする際の理由という意味が込められています。アーティスト達には日本文化や東京のパワーについて、それぞれの「点」をビジュアル的に表現してもらったんです。また、TOKYO.点のブック+DVDは、WKTLABが、「音楽」だけに焦点を当てるのではなく、どのように「音楽」を発信しているかということの一つの例にもなっています。

5年を経て、日本のレーベル界での位置はどこになりますか?エイベックスのような大手レーベルでもなく、P-vineのような小さなインディーレーベルでもなく…。

WKTLABはインディペンデントレーベルであって、だからこそ面白いと思っています。メンバーはA&Rが1人と、5人のビジュアル・アーティストで、小さなチームですが、ある意味メジャーレーベルでもあります。去年からEMIとレーベル契約を結んでいて、自分達のコンテンツに関するクリエイティブ・コントロールは全て維持しながら、様々なプラットフォームで音楽を発信し、フレッシュで新しい音楽、アーバンカルチャーに興味のあるより多くの人たちに作品を届けています。他の多くのレーベルと比べて、僕達のポジションはとてもユニークなものでしょうね。

TOKYO点
DJ Uppercut in action with 3 Screens. Tokyo Ten Party, Liquid Room, Tokyo, July 2008. © Mark Oxley

音楽業界は大きく変わっていますが、レーベルとして現状を生き抜くにあたって、どのように考えていますか?

全てが変化しているので、面白く、そして難しい状況です。CDマーケットは毎月縮小していて、デジタルマーケットは成長してますが、その拡大の速さは十分ではありません。ただ拡大はスローペースでも、これらの変化は無視できないものです。このトランジッションの状況において、どう進むべきかチームともよく話しをしています。5年前にスタートした時は、いわゆる伝統的な音楽業界モデルに沿ってレーベルを立ち上げましたが、今は何か新しいデジタルなものに進化しなければならないと感じます。デジタルのフォーマットが業界を救うとは言いませんが、すでに方向はデジタルにあるわけで、色々な方法論を変え続けています。みんなが答えを探していて、新しい事を試していますよね。

TOKYO点
Stage shot from the Tokyo Ten Party, Tokyo, July 2008. © Keita Suzuki (PLOT. Iv04)

WKTLABはアーティストのラインナップもユニークですが、レーベルとしてのプレゼンテーションの仕方についてもう少し詳しく教えていただけますか?

そうですね、WKTLABの音楽の発信の仕方は他のレーベルと大きく違います。聴くためのCDだけにフォーカスするのではなく、全てのリリースに対してDVDを付け、通常普通のレーベルでは、過去にリリースされた既存のミュージックビデオやライブ映像などをコンパイルするところを、映像作品も全てゼロから制作します。僕達がやってきているのは、新しいオーディオ・ビジュアル「体験」を創ること。そして、それをCD+DVDというハイブリッドなフォーマットに収録して、クオリティの高いパッケージや、マイクロサイトなど他の要素と一緒に発信すること。この流動的な業界で、CDだけには頼れません。WKTLABは、このアプローチによって、オーディエンスと音楽の関係性を変化させようとしているともいえます。僕達にとって大事なのは、良い音楽、そしてフレッシュなビジュアルと革新的なアイデア。契約の可能性のあるアーティストを見る際には、様々な角度から判断します。オリジナリティや、国際的なアピール度など、基準はたくさんありますが、一番大事なのはWKTLABのコンセプト「ハイブリッド」に対する高い感性を持っているかどうか、それが全てです。

TOKYO点
WKTLAB’s Takagi Masakatsu.

例えばどのようなアーティストがいますか?

高木正勝は、キャリアをスタートして以来、エレクトロニック・ミュージックと現代アートの両方のシーンで活躍してきています。素晴らしいミュージシャンであり、最高の映像作家です。高木の表現には、音楽と映像という二つの要素が、見事に融合されていて、その全ての制作工程を彼自身が一人で手がけています。

ハイファナもまた良い例です。アナログとデジタル、音楽とビジュアル、伝統的な日本と最新の日本の要素などを、世界中の誰もやっていない非常に独創的な方法でミックスしています。

鎮座DOPENESSは、今年契約した新しいMCアーティストです。彼のクリエイティビティは、ロック、ブルース、ヒップホップ、レゲエの見事なミックスです。

TOKYO点
The freshest addition to WKTLAB, Chinza Dopeness! © Mark Oxley

鎮座DOPENESS、かっこいいです。実際彼とはどのように出会って、アプローチしたのですか?

オフィススタッフの1人が、渋谷のシスコレコード前で、他のラッパー達と一緒にフリースタイルでラップをしている彼のビデオを見せてくれたんです。そのサイファー(路上でのフリースタイル)にいたラッパー達の中で、鎮座は、ずば抜けた存在感を放っていました。とにかく何か特別なものを感じたので、本人にアプローチし、話を始めました。

ではビジュアルの話に戻りますが、ビジュアルは本当にWKTLABの強力な特徴の1つですよね。アーティストのビジュアル・アイデンティティは、どのように作っていくのですか。

全てのアーティストは、それぞれのクリティビティ、テイストに、ハイブリッド表現の可能性をたくさん持っていますので、そこはとても自由です。WKTLABは、アーティストと一緒にやることに一度合意すれば、彼らには、普通のレーベルではあり得ないような多くの自由を与えます。

TOKYO点
Hifana Live in action. Tokyo Ten Party. Tokyo, July 2008. © Keita Suzuki (PLOT. Iv04)

またWKTLABは、アーティストと、とてもタイトなコラボレーションをするアプローチをとります。彼らのクリエイティビティの可能性を引き出し、その表現をより高い、次のレベルに引き上げるためです。またビジュアル面で言えば、アーティストとのコラボレーションは常に五分五分です。こういうアプローチは、アーティスト達を魅了してきたようで、最近は、ビッグネームも含めて、多くのアーティスト達が一緒に活動することに興味を持ってくれ始めています。おそらく、こういったアプローチや、創造性に対するテンションをLABの作品から、感じとってくれているだと思います。

TOKYO点
A taste of Hifana’s live visuals. © Keita Suzuki (PLOT. Iv04)

ハイファナについてはどうですか、彼らもビジュアルの印象が強いですね。

そうですね、ハイファナに関しては、とても密接なコラボレーションをしてきました。彼ら自身がイラストレーターで、彼らの描くキャラクターを、さらに発展させ、アニメーション化するサポートをし、アイデアやストーリーを一緒に考えてきました。まさに五分五分のコラボレーションですね。僕は、彼らと、LABのビジュアルチームとの間に立つ役です。本当に刺激的な関係でやってきたと思います。

TOKYO点
Premier packaging! Hifana’s first ever live DVD+CD(55 min) with 15 new works. © W+K TOKYO LAB

そしてここで、パッケージも重要な役割になってくるというわけですね。

その通りです。パッケージは、僕達がこだわり続けたい表現形態の1つです。LABが音楽をどうプレゼンテーションするかという点において、重要で大きな位置を占めています。
もちろんそこには音楽があって、映像があって、ライブイベントもあるのですが、パッケージという表現の形態には、これからもフォーカスし続けたいと思っています。アーティストにとってもリスナーにとっても魅力的なことですから。

TOKYO点
Jemapur live visuals. Tokyo Ten Party, Tokyo, July 2008. © Mark Oxley

WKLABの次のプランを聞かせてください。

たくさんあります!今はWKTLABモバイルサイトの企画段階で、2008年末か来年の初めに立ち上げを予定しています。また次のリリースはJemapur(ジェマパー)で、11月後半に予定。鎮座DOPENESSのデビューアルバムも今年末までにはリリースしたいですね。どうやら2009年初めになりそうですが。 今は音楽制作の途中で、ビジュアルはラフなアイデアしかありませんが、鎮座にとって、きっと素晴らしい第1弾リリースになると思います。それからハイファナのサードアルバムも、来年にリリースする予定です。これまでで、1番大きなリリースプロジェクトになると思います。

この後も盛りだくさんですね。全て楽しみにしています!池田さん、ありがとうございました!

41Ay1mmmDDL._SS400_.jpg
TOKYO.点 DVD+BOOK
仕様:Color、DTS Stereo、85分
販売元:TOSHIBA-EMI LIMITED
発売日:2008年7月16日
ASIN:B0019N1QUA
アマゾンでの購入はこちら

Text: Vicente Gutierrez
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE