ツェ・スーメイ

PEOPLE

ツェ・スーメイは、音とイメージの詩的ミクスチャーを写真やビデオ、インスタレーション、オブジェといったメディアに転用する一連の作品で、常に移り変わり、常に再確認が必要とされる視点を使って、明らかに相反する有機的、物質的、文化的要素間のハーモニーを紡ぎだす。サウンド、リズム、音楽が、彼女の作品のなかで欠かせない要素であることは、一時停止したり、沈黙の時間を設けたり、ある程度の内省を促すことに現れている。2003年にベネツィア・ビエンナーレでベスト・ナショナル・パティシペーションの金獅子賞を獲得、現在精力的に世界で展示展開しているツェ・スーメイ。2009年2月には、水戸芸術館において彼女の個展が開かれる。

スーメイ・ツェスーメイ・ツェ

ご自身のバックグランドも含めて、自己紹介をお願いします。

1973年にルクセンブルグで生まれました。パリの国立美術学校を卒業し、現在はパリとルクセンブルグに住み、制作しています。

2003年のベニス・ビエンナーレでは、ルクセンブルグ館で展示し、ベスト・ナショナル・パティシペーションとして金獅子賞をいただきました。それからというもの、世界中の多くのミュージアムやギャラリーの展示で私の生活はとても忙しくなりました。アントワープのティム・ファン・ラエレ・ギャラリー、ニューヨークのピーター・ブラム・ギャラリーPS1、ルクセンブルグのカジノ現代芸術フォーラム、シカゴのルネッサンス・ソサエティ、シアトルのアジア美術館、台湾の現代美術館、アテネのADギャラリーなどです。

スーメイ・ツェ
Chambre sourde (Anechoic Room), 2003 / Installation, Courtesy Peter Blum Chelsea, New York / photo credit: Cameraphoto Arte © Su-Mei Tse

アーティストを志すようになったきっかけや経緯を教えて下さい。

勉強し始めた頃から、私の関心はいつも音楽とアートの間のどこかにありました。しかし、ビジュアルの世界に魅了された私は、ファイン・アートの勉強に専念することに決め、チェロを弾くのを控えました。数年前から、自分の音楽的関心と経験を作品の言語として利用し始めました。そうした自己表現によって、私が一番満たされた気持ちになれたのです。

スーメイ・ツェ
L’écho, videostill, 2003, Courtesy Peter Blum Chelsea, New York © Su-Mei Tse

2003年にベニスビエンナーレでルクセンブルグ代表として金獅子賞を受賞された作品について教えて下さい。

カナル・グランデ沿いの宮殿、カデル・ドゥッカの1階にあるルクセンブルグ・パビリオンで、彫刻、音響やビデオによるインスタレーションを構成しました。

以下は、2003年7月のロサンジェルス・タイムズ紙の記事からの引用です。
「アート、ピュア、シンプル」 by クリストファー・マイルズ

『ルクセンブルグ・パビリオンは、訪れた者をほどよく蒸留された詩的瞬間に誘い込む、感覚のエコノミーを見せている。ツェのパビリオンは、時間と空間とイメージとサウンドとそれらのコンビネーションによってこれまでにない感覚の解釈をもたらす潜在性についてのメディテーションを行う5つの部屋で構成されている。「まず、人々に沈黙を感じてもらって、自らが持つ音やリズムについて気づいてもらいたかったのです。」と言うアーティストは、最初の部屋を気泡ゴムで制作し、空間を無音響な洞窟に作り替え、口臭洗剤のように音を剥ぎ取ってしまう。他の2つの部屋も、時間について、訪れる者に同じような効果をもたらす。1つ目の部屋では、シンプルな座る場所があり、毛糸で編まれたボールと文字の断片が、ギリシャ神話でユリシーズを待ち続けるペネロペを仄めかしている。2つ目の部屋では、砂時計が展示され奇妙な時間を刻み、一般に考えられているペースや計りを取り除いてしまう。そこでは、時間が曖昧になっていく。
しかし、これらの飾り気のない2つの部屋は、ビデオが投影されている残りのもう2つの部屋で提示される豊潤なプレゼントの準備にもなっている。1つ目の「L’echo」では、チェロ奏者(ツェ自身)が、山々に囲まれたアルプスの牧草地で彼女自身の反響に対抗するように演奏している。2つ目の「Les Balayeurs du desert」(砂漠清掃人)では、制服を着た男たちが広大な砂漠でほうきを掃いて、交互に掃除をしたり、一休みしたりしている。サウンドトラックは、パリ市の街路清掃人の音の録音で構成されており、彼らのリズミックに繰り返される活動は、作品を印象づけ、また演奏するアーティスト自身がパリに住んでいたときに日常的に背景として聞いていた音を思い起こさせている。
隣り合わせの部屋で投影されたこの2つのビデオ作品は、それぞれ詩的でリズミカルな音響を背景にすることによって、お互いにとって共生的な伴奏になっている。ロマンと詩へのあからさまな情熱を見せる一方で、ツェは、ユーモアと遊びの感覚も取り入れている。彼女は、砂漠に明らかなニセ画像である清掃人をデジタルに差し込んだり、アルプスの草地を通常以上に鮮やかな緑色にしたりする工夫を施すことで、作品を過剰に真剣に受け止める必要ははい、ということを仄めかしている。』

スーメイ・ツェ
La marionnette, 1999, video sculpture, Courtesy the artist & Beaumontpublic, Luxembourg

音楽と映像を合わせた作品を多く手がけているそうですが、音楽を作品に取り入れることへの興味はどのように発展したのですか?いくつかの代表作についてお話して下さい。

ー Chambre sourde(チェンバー・スード)
チェンバー・スード(2003年)は、すぐに見る者を音と身体の環境の変化にいざなう。省略符号のように、この空間は、訪問者と外の世界を遮断し、沈黙と内省の時間をもたらす。音や音楽について話す前に、スーメイ・ツェは、沈黙の意味についてなげかけている。

ー Das wohltemperierte Kavier(平均律クラヴィーア)
ツェは、習慣的に楽器を用いてそれらをビジュアル表現として内在化し、変容させる。ビデオインスタレーション作品である「Das wholtemperiete Klavier」は、包帯に巻かれた指がピアノを弾くのをクローズアップした映像であり、音楽やアートを習得するための長いプロセスを象徴している。包帯にまかれた手という極端なビジュアル・イメージは、ツェが「完璧な古典的理想」と「自己追求への信仰」の間で揺れ動く様をうまく表現している。バッハの音楽や複雑さや厳格さ、洗練さと比べると、この両手は、アーティストの遠い道のりの心理的風景を描く秀逸なメタファーになっている。

– L’écho(レコ)
ツェ・スーメイの多くの作品に使われる音響と音楽は、彼女の音楽教育と関連しているかもしれない。レコは、2003年のベニス国際ビエンナーレのルクセンブルグ・パビリオンで他の作品とともに展示された。この時、アーティストはベスト・ナショナル・パティシペーションの金獅子賞を受賞した。スーメイ・ツェのレコ(2003年)は、ランドスケープの音響的特徴に音楽的伝統を対峙させている。ビデオ・プロジェクションでは、渓谷のへりで、アルプス山脈をとりかこむ天空にむかってチェロを演奏するアーティスト自身を投影する。エコー、ヨーデルの伝統、呼びかけと応答の歌のパターン、シンプルなメロディの旋律とそれへの応答、といった様々な音が、それぞれの違いを曖昧にしながら共振し、音とその土地との文化的関係について考えさせるきっかけになっている。見る人に背中をむけ、牧歌的な山の風景に圧倒される彼女の姿を通して、ツェは同時代的な崇高さというものを成り立たせることに成功している。さらに、チェロのリズミカルな音やそれに風景の静的な応答が、人間と自然のより共感的な関係性を示している。これが特に明白なのが、サウンドトラックの反響を異なって応答させることで、あらかじめ想定された従属的な役割を超えて表現することを可能にして、自分自身のアイデンティティや個性を成り立たせているところである。(ジム・ドロブニック・アウラル・カルチャーズ2004)。

ー La marionnette(マリオネット)
どのような芸術の学生も、ある程度の完成度を求めるならば、肉体に課される厳しく確立された要求に従わなければならない。マリオネットというビデオの中で、スーメイ・ツェはチェロを演奏しているように見えるが、彼女の動きを妨げる縄にくくりつけられている。この作品の編集過程で、彼女は間違ったところだけを残し、彼女のパペットのような動きは、新しい、脱臼した、ほとんどパロディのようなリズムをつくりだしている。ここでアーティストは、ユーモアをもって「”偉大な芸術”と正しくも呼ばれるものの裏の学習過程への厳格な服従は、必要悪なのだろうか?」という疑問を呈している。

スーメイ・ツェ
Les Balayeurs du desert (The Desert Sweepers), 2003, Courtesy Peter Blum Chelsea, New York / videostill © Su-Mei Tse

ー Les Balayeurs du Désert(砂漠清掃人)
砂漠清掃人(2003年)のビデオの中で、彼女は、パリで公的に雇われている道路清掃人を登場させている。彼らの特徴は制服で認められ、その職業、匿名のグループであること、彼らの役割についてすぐさま思い起こさせる。掃除をしている音で強調される彼らの永遠に繰り返される仕事は、砂漠というセッティングの中では全く馬鹿げたものに思える。

スーメイ・ツェ
Mistelpartitition (Mistle Score), 2006, Courtesy Peter Blum Chelsea, New York & Tim Van Laere Gallery, Antwerp © Su-Mei Tse

– Mistelpartition(ミステルパーティション)
ミステルパーティション(ヤドリギの楽譜)は、連続する木の風景をゆっくりした旅の視点で切り取ったものが、楽譜のように見える仕掛けの作品である。メランコリックな沈黙が、不思議な音楽(D・ショスタコービッチのチェロ交響曲第一番の一部)で破られる。音符がヤドリギの冬の枝のイルミネーションによって映像化され、失われた音から距離をおいた回想となる。

– Pieds bandés(ピデス・バンデス)
ピデス・バンデスの写真で、アーティストは、中国でそれほど昔ではない頃まで行われていた纏足を思い起こさせ、自由の抑圧について伝えている。

– Proposition de détour(迂回の提案)
優れた動物寓話と東洋の図像に典型的な天国の植物相を表すことで、フロアーのカーペットが、中国の中世の概念の中にみることのできる迷宮となっていく。迂回の提案は、見る人たちが精神的、あるいは肉体的に脱オリエント化させるための本当の回り道の提案である。

– SUMY
ジャンロー・マエラスと制作した貝をつかったヘッドフォンのタイトルのSUMYは、有名なブランドであるSonyとアーティストのファースト・ネームの両方に似た活字を使った皮肉的な隠喩である。

– The Yellow Mountain(イエロー・マウンテン)
スクロールのように垂直に垂れたスクリーンに映された、中国の風景画を思い出させる作品であるイエロー・マウンテンは、中国の伝統的なイメージや音楽を拝借し、そして転覆させる。山の後ろから昇る太陽という無邪気で魅力的な最初のありきたりな表現は、予定外の方向転換によってすぐさま疑問を呈される。逆戻りという正攻法のプロセスを使いながら、作り手は私たちが持っている東洋あるいは一般的な世界の見方についてのステレオタイプを考え直すことを要求している。

スーメイ・ツェ
2001 – Das wohltemperierte Klavier, videostill 2 © Su-Mei Tse

ご両親は音楽家。ご自身もチェロを演奏されますよね。音楽を作品に取り入れるのは自然な流れだったかと思います。作品の中で音楽はどのような役割を果たしてますか?

アーティストにとって一番大事なことは、自分自身の言語を使う、つまりアイデアを一番真摯な方法で表現することだと考えています。私にとって、音楽や音響というものが、イメージを創造し、私がみなさんと共有したいメッセージを一番自然に表現できる「道具」なのです。

スーメイ・ツェ
Pieds bandés (Bound Feet), 2000, Photography, Courtesy Beaumontpublic, Luxembourg & Peter Blum Chelsea, New York © Su-Mei Tse

お父さんは中国人で、お母さんはイギリス人。そして、スーメイさんご自身は、ルクセンブルグで生まれ、ルクセンブルグやフランスで生活されています。文化的、国民的アイデンティティが複雑に絡み合っていることは、作品にどのように影響されているのでしょう?また、そのアイデンティティが多様であることをどう思いますか?

少し前にも言ったように、アーティストにとって大事なことは、自分のそして自然な言語を使うということです。音楽や教育の経験、あるいは多文化的バックグランドを私が利用するのも、その一部ですし、私の作品のテーマとしても使われています。

『そこから立ち現れる禅のスピリットは、彼女が「典型的なアジア人」アーティストではないことを示すのに十分である。彼女のユーラシアンなバックグランドを通して、彼女は、彼女の持つ2つの文化の中で、通常はクリシェ(決まり文句)として通ってしまうものを揺さぶるために、常に方向転換し、屈折している。しかし、同時に彼女の作品は、ユーモアと新鮮さと詩にあふれている。』

私は、見る人たちに異なる見方を与えたいです。物事がひとつの見方だけでしか理解されなかったら、面白くないと思います。間で揺れ動くことや対立が、作品の異なるレベルの解釈をもたらしますし、異なる存在にしていきます。

『アーティストにとって、同じひとつの作品のなかで異なる解釈が同時に存在することができ、見る者はそれぞれの文化や感覚、個人的な関係性に応じて作品を受け取ることができる。』

スーメイ・ツェ
Proposition de detour, 2006 / Sculpture, exhibition view Casino, Forum d’Art Contemporain, Luxembourg, Private Collection, Taiwan / photo credit: Roman Mensing, artdoc.de © Su-Mei Tse

2006年に日本で開催された大地の芸術祭、越後妻有トリエンナーレでは、3人のアーティストとリレー展示を行ったそうですが、その様子について聞かせて頂けますか?

実際は、ニューヨーク在住の台湾人アーティストのリー・ミンウェイが、2006年越後妻有アートトリエンナーレに誘ってくれました。彼のプロジェクトは、村のなかで古い空家を探し、そこでレジデンシー・プロジェクトをするために改築し、他のアーティストを招いて作品を作らせるというものでした。私は、彼の滞在の後に2人目のアーティストとして招かれ、私はストックホルムで活動するスウェーデン・アーティストのアンナ・ダールを私の後に招待しました。

私が滞在中に作った作品に関するリー・ユーリンのテキストです。

… …
「… …」は、2セットの3つの小さい電球でできている作品である。これらの電球は、句読点のように機能している。家の入口に設置されており、最初のセットは、ストーリーの始まりを案じし、2つ目のセットは、リビングルームにあり、ストーリーがオープンエンドであることを示している。

ポテト・プロジェクト
長い間、ツェ・スーメイは、砂粒や雪片など一見すると無特徴で見分けがつかないようなものなど、自然のなかに存在するユニークなアイデアに関心を抱いてきた。ポテトのようなとても平凡なものを使って、アーティストの意図はすべての自然物、特に人間に宿るユニークな性質を指し示すものである。リー・ミンウェイの「アーティスト・アズ・レジデンス(住居としてのアーティスト)」プロジェクトで歴史的に陶磁器の伝統がある地域での滞在の間、ツェ・スーメイは、地元の陶芸家と作品をつくることにした。これらのハンドメイドの陶器でできたポテトは、彼女がもともと関心を持っているすべての人間の個性やユニークネスを形作っている。

地震ペインティング
上新田コミュニティセンターでの滞在中、スーメイ・ツェはウィットに富みながらもほとんど目に付かない介入を家に施した。「ウォール・ペインティング」と名付けられたそれは、その地域でおこった地震によって描かれている。つまり、家の崩れた壁に色や線を加えた。彼女は、地域の悲惨な出来事の中から想像的な形状を詩的に解き放っている。ツェ・スーメイの家の中での介入の跡は、明白な現実を超えようとする人々によって発見される。

スーメイ・ツェ
SUMY, 2001 / Su-Mei Tse & Jean-LouMajerus / Courtesy the artists & Peter Blum Chelsea, New York / photo credit: Jean-Lou Majerus © Su-Mei Tse

インスピレーションを受けているものについて教えていただけますか?

概して、私にとって日本はインスピレーションに溢れています。一方で、私は全く異なる文化や表現方法にとても驚き、魅了されます。同時に、その文化や美的感覚に個人的なつながりや親密さを感じます。私の日本に関する関心と知識は、川端康成の文学を読み始めたときから始まり、特に彼のいくつかの小説に感じられる時間や長さといった概念にインスピレーションを受けました。

スーメイ・ツェ
2004 – The Yellow Mountain, videostill / Courtesy Peter Blum Chelsea, New York & Tim Van Laere Gallery, Antwerp © Su-Mei Tse

来年2月7日から水戸芸術館で開催される個展について教えて下さい。どのような計画をされてますか?

私は、パートナーのジャンロー・マエラスと水戸芸術館を訪れて帰ってきたばかりです。展示について考えを練ったり、私のアート作品を実現するために、私たちは一緒になって制作しているのです。私たちは、一緒に契約したいくつかの共同作品を作っています。水戸では、私を招いてくれたシニア・キュレーターの浅井俊裕さんに会って、作品の選択やそのおもしろい組み合わせで展示する方法についてアイデアを交換しました。芸術館の空間はとてもおもしろくて、作品を通してとても良いリズムと道のりを与えてくれます。重要なのは、空間を感じて、空間とその空気と一緒になって制作することです。
これまでの作品の組み合わせに加えて、個展のためにいくつか新しい作品を制作します。

現在の活動と、今後の活動についてそれぞれ教えてください。

現在、フランスで2つの展示が行われていて、ひとつはアルザス現代アートセンターでフランス人アーティストのヴァージニー・ヤサフと「ヨーロッパのアート:ポメリーの経験ナンバー5」という展示をしています。もうひとつは、「西の風」という個展でアメリカのシアトルのアジア美術館で行われています。来月は、南条史生さんがディレクションするシンガポール・ビエンナーレに参加します。来年にむけて、去年レジデンスで滞在していたイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館のためのプロジェクトを準備中です。

Su-Mei Tse at Art Tower Mito
会期:2009年2月7日〜5月10日
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
住所:茨城県水戸市五軒町1-6-8
http://www.arttowermito.or.jp

Text: Mariko Takei, Yurie Hatano
Translation: Takeshi Okahashi
All images copyright © Su-Mei Tse

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE