ロザルブ・デ・ムーラ

PEOPLE

ルーマニアの森に住む神秘的で時代錯誤な男爵。
ロザルブ・デ・ムーラロザルブ・デ・ムーラ
ファッションシーンがまだ確立されてない、前共産主義国のルーマニアで一つの物語が誕生している。主人公の名前は、ロザルブ・デ・ムーラ。彼は、ルーマニアのファッションブランド「ロザルブ・デ・ムーラ」のスタッフが考えた空想の人物であり、何かを創造する時に現れ、彼らを動かすとても魅力的な男爵だ。ロザルブ・デ・ムーラは、空間と時間と情熱を持って旅するトラベラー、または、とても奇妙で様々な事に関心を持つ探求者として、彼の考えや好みをファッションで表現している。それは本当に独特で、時代錯誤な男爵だからこそ考えられる型破りなデザインと、そしてルーマニアの美しい風景を見せてくれる。そんなロザルブ・デ・ムーラ男爵を愛し、従事しているデザイナー、オラー・ジャーファス氏にお話を伺った。

ロザルブ・デ・ムーラ

Olah Gyarfas, designer for Rozalb de Mura

まずはじめに自己紹介をお願いします。


ルーマニアにあるトランシルヴァニアの山の中、ミエルクレア・チュクという所に住んでいます。空気がとても澄んでいて、冬はとても寒い場所です。雪が降り積もると、静かで、何もかも見えるもの全てを無にしてしまうような、私にとっては完璧な場所です。
にもかかわらず、逃れられないリズムに捕われた筋骨粒々の肉体で彩られる熱帯の水々しさを備えたアフリカの赤い土といった、記憶の中のどこか懐かしい心の風景を夢見ます。

仕事が冒険に変わる時、何かを創造する時、物語の魔法を引き起こします。そこに現れるのが、神秘的で時代錯誤な男爵。それが、ロザルブ・デ・ムーラです。
寛大な精神、空間と時間を情熱を持って旅するトラベラー、とても奇妙で、また芸術、音楽、自然および科学に関して熱心な探求者。そんな彼の元に従事し、デザイナーとして仕事ができることをとても幸せに思っています。

ロザルブ・デ・ムーラロザルブ・デ・ムーラ

Rozalb de Mura FW 07/08 Collection「砕けた微笑および沈黙の叫び」

最近の活動を教えください。

5月末のブカレストでのルーマニアとフレンチファッションのフェスティバル「パサレラ」でショーを行いました。最近では「ランデヴー・オム」というパリのファッションフェアーに参加しました。
また、いろいろなアーティストと働く刺激的な過程がありました。現代美術、音楽と映像とロザルブ・デ・ムーラの関係は強力です。21世紀において、ファッションとアート、デザインの境界は魅惑的に流動していますね。

チームと共に、私たちは、多くの面白い専門的なプロジェクトに熱中しています。ロザルブ・デ・ムーラは英国の音楽家、ミハイル・カリキスアイデアル・ベルリンでのショーの音楽の作曲を依頼し、私たちはこの秋発売予定の彼のリミックスアルバムやパフォーマンスの衣装を担当しました。そして、もう一つの最近のプロジェクトは、「When Things Cast No Shadow (影が失われる時)」と題した第5回ベルリン・ビエンナーレのために特別なバッグをデザインしました。

インテリアデザインも大好きで、インテリアデザイナーのリスト・ノアールと仕事する機会を得てショップ内装を手がけてもらいました。ロザルブ・デ・ムーラのショップは3つの異なる内装で構成されてます。

ロザルブ・デ・ムーラロザルブ・デ・ムーラ

Rozalb de Mura FW 07/08 Collection「砕けた微笑および沈黙の叫び」

いつ、また、どのようにしてファッション・デザインの道へ進んだのですか?

この業界へは必然的に引き込まれていきました。故郷のトランスシルバニアの美術学校では絵画を勉強しました。そのことは私の将来へのマイル・ストーンとなりました。ティミショアラの美術大学でテキスタイル・デザインを選ぶという私の決断は、生い立ちが影響したのかもしれません。母は、仕立て屋でした。子供の時から、常に服やテクスチャーとパターンに囲まれていて、人々がそれを美しくまとう様子をよく見ていて、とてもワクワクしたものです。私は彫刻や服が持つ立体的な感覚がとても好きでした。

08/09秋冬コレクション「THING」について教えてください。

完全な黒から成る厳粛さやミステリーに興味がありました。私が考えたのは、古代の溶岩標本の感触と見た目でした。それはまるで、すべての部分が黒い粘液に浸され、その凝結プロセスで表面が耳たぶのような痕跡を持つかのように。曲線的なカット、隠しポケット、トゥーインワン、間違った切返しなど、着用者のみが知ることになる優れた秘密の特徴をカモフラージュする黒と、有機的な過剰さを組み合わせたいと思ったのです。

ロザルブ・デ・ムーラロザルブ・デ・ムーラ

Rozalb de Mura FW 08/09 Collection「The Thing」

08/09秋冬コレクションでは、全て黒一色で統一してあり、顔にマスクのようなアクセサリーが印象的です。まるで衣類で身を守っているように感じます。どのようなことを考えたのでしょうか?インスピレーションは何でしたか?

どこか深い奥底に捕われている純然で潜在的な力に魅力を感じてます。溶岩、科学、非常に古代的で文字通り地球の下にある何かなど、あらゆる鉱物の混合。私の家の周りにある素晴らしい景色が、無意識に影響しているのかもしれません。大げさでなく、本当に。それは、見事なまでにありふれた、卒倒するほどに美しい自然です。ぼんやりと荒れた空気が漂うカルパティア山脈と森林、湖と森と岩、荒々しいテクスチャーとマテリアル。

ロザルブ・デ・ムーラロザルブ・デ・ムーラ

Rozalb de Mura FW 08/09 Collection「The Thing」

服のパーツに凝った細工が施されていて縫製が難しそうですね。一番悩んだ部分はどこでしょうか?また生地など素材にどのようなこだわりがありますか?

私たちの生産技術は、とても正確で、このことは重要であると考えます。特に大部分の若いデザイナーは、ファブリックの品質や生産技術の問題を抱えています。国際的なブランドのコートやジャケットを製造し、高品質の評判を持つミエルクレア・チュクにある工場に縫製を依頼していて、彼らのもつ長い経験から恩恵を受けています。生産工場が私のスタジオの隣にあり、私は日常的に行き来しています。小さなディテールが服全体の完成度に善くも悪くも影響を及ぼすので、各々の意思疎通が重要なのです。

ロザルブ・デ・ムーラ

Rozalb de Mura show at IDEAL Berlin (February 2008)

コレクションのポスターにある工具は何を示しているのですか?

それは溶岩サンプルを採取し研究する火山学者によって使用される道具です。

ルーマニアのファッション・シーンについて教えていただけますか?

私のいるところは、前共産主義国です。ファッション・シーンというものがまだ確立しておらず、保守的で未開発なところです。最近までは、大部分のファッションは、ユーモアのないキッチュな印象を与えるものか、単に「セクシー」さのあるものか、どちらかを行ったり来たりしている感じでした。これは、長い歴史の共産主義政権、若干のバルカンの影響と、開放性と好奇心の欠乏、これらの芳しくない混成によるものと思います。
ルーマニアでは、この分野でビジネスを開発するためのサポートやインフラが整っていないので、自分自身で解決策を見い出さなければなりません。従って、今の状況は若いブランドにはかなりの困難です。しかし、自身のビジョンを示し、ビジネスを構築しようと努力している、才能のある若いデザイナーも出はじめています。

ロザルブ・デ・ムーラ

Rozalb de Mura show at IDEAL Berlin (February 2008)

普段どのような環境で仕事をしていますか?また聞いている音楽や本など日常のことを聞かせてください。

私のスタジオには、チョコレート色の壁と大きい木のベンチとテーブルがあり、暖かくて簡素です。沢山の古い額、絵、白い磁器、毛皮があります。そしてもちろん、私の作業スペースである巨大テーブルが備わっています。

電子ミニマリズムから80年代の甘く愚かで、きらびやかなものまで、私の選曲は多岐にわたります。スウェーデンのデュオ「The Knife」の不気味で美しい音楽はロザルブ・デ・ムーラのコレクション「砕けた微笑および沈黙の叫び」の発想の源でした。私は、彼らの邪悪で見知らぬ世界、精巧な音に魅了されました。

最近では、ブラジリアン・ガールズのメンバー、サビーナが、パリ滞在中の私たちを訪ねてきました。彼女は、次のアルバム「New York City」のプロモーションで行うアメリカツアーの衣装数点をロザルブ・デ・ムーラに決めました。数曲聴かせてもらったのですが、とても興奮しました。すぐにまた彼女と働くことになるようなので楽しみにしています。

ロザルブ・デ・ムーラ

Rozalb de Mura show at the Unit F festival (June 2006)

あなたが影響を受けたものは何ですか?

新しいコレクションを始める度に、私がこれまで行ったことがない「場所」を発見しようと試みます。初めは混乱することもありますが、それでも全く新しい世界で迷うこの感覚は、私を少しだけ遠くに連れていってくれます。私のコレクションは通常、コンセプトの下で構築されますが、直感や突然湧くインスピレーションの赴くまま導かれることに大きな喜びがあります。予想外の源、見慣れない顔、または刺激的な笑い、颯爽とした個性、葉、美しい部屋、光のパターン、私を悩ます色、こういったものからインスピレーションを得ます。ディテールは、はかなく微笑みながら、私の前にその姿を現し、選んでもらえるのを待っているかのようです。確かに、ルーマニアで生活するという経験は、私と私の仕事に強い影響を及ぼしていると言えます。

あなたのファッションで最も重要なものは何ですか?また、あなたにとってのファッションとは何ですか?

ファッションは、自己表現の魅力的な方法のひとつです。それは、愛するファンタジーから、あふれる好奇心や簡素なミニマリズムにいたるまで。また、答えを捜すこと。自分自身が不思議であることを許すこと。他の世界に潜水する方法など。変わった見方をすると、それは演技をするということにかなり近いです。

最後に読者にメッセージをお願いします。

自然の中には、多くの知恵と美しさがあります。これは、森の側にある家の庭で薪を割っている時に気づいたことです。木を切ることで、肉体的な疲労を感じ、同時に、催眠にかかったようにリラックスし、思考をさまよわせる。時間は、本当に最も大きな贅沢です。

Rozalb de Mura Store
住所:9-11 Selari str., Curtea Sticlarilor, 1st floor, Sector 3, Bucharest, Romania
TEL:00-4-0724-331-201
http://www.rozalbdemura.ro

Text: Kazumi Oiwa, Mariko Takei
Translation: Mariko Takei

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE