ペッパー&ピストル

PEOPLE

ユニークな表現を通して、洋服が持つ楽しさやエレガントさを発表したい。

ペッパー&ピストルペッパー&ピストルペッパー&ピストル

Winter 08 – Underworld

ドイツ人デザイナー、カトリン・ウェンスとシルビア・ヒルマンによるニューヨーク発ウィメンズファッションブランド「ペッパー&ピストル」。彼女達の作品は毎回ストーリーを考え、私たちを不思議な世界に連れて行ってくれる。それはとてもユニークで、遊び心が満載。ルックブックに登場する女の子は何を思い、そしてその世界はどのような所なんだろうと考えさせられる。ファッションをシリアスに捉え過ぎること無く、自分を持っている人に着てもらいたいと願う2人に今回お話を伺った。

自己紹介をお願いします。


シルビア・ヒルマン:ロンドンでファッションを学んだ後、ボウディッカでアシスタント経験を積みました。その後クレメンツリベイロやエマニュエル・ウンガロにてレザージュエリーデザインを制作しながら、エドワード・グリフィスにて働いた経験もあります。
カトリン・ウェンズ:グラフィックデザインを学び、奨学制度を得て日本で美術の勉強した経験を元に自身のデザインを発展させました。クライアントには、へザレット、ジャスト・カヴァリ、カルバン・クライン等があります。

2人の出会いと、一緒に活動することになった経路を教えてください。

ドイツ人スタイリストの友人に紹介されたのがきっかけです。二人とも創造力があって、(出会った当時)仕事以外にも「新しい何か」を始めたい、クリエイティブな冒険が必要だという気持ちがありました。スタートさせた時は二人ともとても短絡的で、どんな風に進んでいくのか、また、こんなにすぐ真剣に取り組んでいくことになるとは考えてもいませんでした。

ペッパー&ピストルペッパー&ピストル

Winter 08 – Underworld

なぜ、ファッションの世界を選んだのでしょうか?

私たち二人ともファッションが大好きで、ファッションを通して自分のスタイルを表現することが好きなんです。だから自分たちの服をデザインしたいという思いはとても自然な感覚なんです。

いつも作業はどのように進められていますか?

毎シーズン、遊び心のあるテーマや面白いストーリーを決めてコレクションを展開しています。多くのひらめきを得る為にも、本、文学、写真、古着を見たりしています。ドレーピング(立体裁断)はデザイン画を下にした方法よりも、洋服の細部の加工や、自由な発想から新しい形を生み出すことを可能にしてくれます。それはとてもクリエイティブで、予想外の変化を生みます。またプリント生地の模様は、広範囲の刺繍やその他の装飾によって様相を変化させ、そのデザインによりスクリーンプリント、アップリケ、大胆な配色方法、さらに洋服全体の形になったりといった手法にもつながっています。

ペッパー&ピストル

Spring 08 – Swarms

「ペッパー&ピストル」の名前の由来を教えてください。

最初のシーズンのテーマは、私たちが子どもの頃好きだったドイツの童話”ピストルを持った泥棒がコショウを撃つ”というものでした。初めてのコレクションは時間が足りず完成させることが出来なかったのですが、結局その時のテーマがブランド名になりました。そしてその名前は、お互いのファッションとグラフィックのバックグラウンドが最高の発想を生むという、融合する二つの要素を表すのにはぴったりな名前なんです。

発表はだいたい雑誌などの広告媒体が多いのですか?ショーなどは?

自分たちのストーリーを完結させる為に、毎シーズンルックブックの撮影をすることは私たちにとってとても大切なので、通常のものよりも手の込んだ作品になっています。ユニークな表現を通して、洋服が持つ楽しさやエレガントさを発表したいと思っています。

ペッパー&ピストルペッパー&ピストル

Winter 08 – Underworld

洋服のプリントがユニークですね!かわいいし、サイズ感も面白いし、でも上品さは残っていて。どんな女の子に着てほしいですか?

ファッションをシリアスに捉え過ぎること無く、おもしろい服装や、スタイルをもった女の子達に着てもらいたいです。年齢的には多分20代半ばから上の人達だと思います。

素材のこだわりが見られますが、主に使う素材は?またその理由を教えてください。

丁寧に作られた上質の素材を用いることは私たちにとって非常に大切なことですし、それにより私たちがこだわっている美しく上質な仕立てにこだわったシルエットが生まれます。素材は着やすく、着心地のいいもので、シルク、ライトコットン、シルクとコットンの混合素材をよく使っています。素材を組み合わせるため、軽い質感の珍しいジャガード、新技術の洗い処理素材、その他の表面加工された素材等も好んで使っています。

ペッパー&ピストルペッパー&ピストル

Winter 07 – Polaris

お二人はどんなファッションが好きなんですか?趣味とか、他にも好きなものを教えてください。

二人ともアート全般を楽しみますし、ブルックリンの音楽シーンや、友達と遊んだり、旅を通してインスピレーションを得ています。

日本のファッションについてどう思いますか?日本のファッションは好きですか?

私たちは日本のファッションが大好きで、表現することをためらわずに自分のスタイルを楽しんでいるのがいいと思います。アメリカでは大したファッションアイテムと見なされていない靴下のような小物でさえ、日本には沢山の種類のお店がありますよね。

アクセサリーや、靴、またはメンズも今後展開していく予定はありますか?

はい。実際9月にある次回のコレクションで、ジュエリーを何点か制作する予定です。また靴下やその他のアクセサリーも将来展開したいと考えていたりと、沢山アイディアはあるのですが・・・お金があればの話ですけどね!メンズラインについては、これまでにも何点かプリントTシャツを作ってきたのですが、とても好調なのでもっと展開していきたいと思っています。

今後のスケジュールを教えてください。

ヨーロッパやアジアで存在を知ってもらう為にも、次のコレクションをパリで発表できたらと考えています。

Pepper and Pistol
info@pepperandpistol.com
http://www.pepperandpistol.com

日本国内で一部商品はLOVELESS(ラブレス)青山で取り扱いがあります。

Text: Yukiko Oyama, Kazumi Oiwa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE