ブライアン・ジョーンズタウン・マサカー

PEOPLEText: Simon Borkin

今夜のロンドンでのライブは、ニューレコード「My Bloody Underground」を引っさげてのロングツアー最終地点。神経質になってきているメンバーにとっては、長過ぎる2時間となるかもしれない。『なんで、最近のロンドンはみんながナイフで殺し合ってるんだ?』と、ニューコム。すでにピリピリしたムードが漂い始め(フロントマンが、『オシッコに行ってくる間、なんか弾いとけ!』と言ったあたりなんか特に。)その上、そもそもメンバーはステージに出る前からすっかりでき上がっているのだ。

ブライアン・ジョーンズタウン・マサカー

音楽的には、 BJMは完璧だ。 映画で描かれていたような、破天荒なだけが取り柄の暴れん坊バンドではない。チケットの価値は十分にある。「Anemone」「Servo」「Nevertheless」「Who」といった昔の曲に、丁度いいタイミングで 「Yeah-Yeah」「Golden Frost」などの新曲が登場する。新曲を歌うのは、ギタリストのフランキー・エマーソン。さて、その彼こそがこの先、トラブルの発端になるわけなのだが…。

ブライアン・ジョーンズタウン・マサカー

事は「Golden Frost」の直後、あきらかに泥酔のエマーソンが、マイクをなぎ倒して破壊。怒り狂ったニューコムは指を突き立てて、金を払えと喚き立てる。一向に意に返すそぶりのないギタリスト。ライブ自体はその後数曲で幕を閉じるのだが、バンドマン達の険悪ぶりは誰の目にも明らかである。バカにしきって、『マイクテスト、ワン、ツー』と叫びだしたエマーソンを、今度はタンバリンマンのジョエルジオンが嗜める。『いい加減にしやがれ、この野郎!』明らかに、ジョーンズタウンは危険地帯と化している。

ブライアン・ジョーンズタウン・マサカー

さて、観客がそれぞれ余韻を胸に夜のカムデンに繰り出した後の事、フランキー・エマーソンは、近隣のロイヤルフリー病院に運び込まれる事となる。腕と腹についた切り傷(もしかすると刺し傷なのか?)が原因だ。当然の事ニューコムは事情聴取を受けたとか。実際に何が起きたかは明らかにされていないが、BJMの正式なコメントによると、エマーソンはライブ後バックステージでの“悪ふざけ”の間に負傷、ニューコムは事情聴取に協力したのみ、とのこと。どちらにしても、事実がどうかというのはこの際どうだっていいのだ。ただ一つ言えるのは、彼らはやっぱり、ステージ上でも、それを降りてさえも「ブライアン・ジョーンズタウン・マサカー」ソノモノなのだと言う事。伝説に新たなエピソードがまたしても加わった今、彼らを超えられるバンドなど、恐らく存在しないだろう。

Brian Jonestown Massacre
日時:2008年7月16日
会場:ロンドン・フォーラム
http://www.brianjonestownmassacre.com

Text: Simon Borkin
Translation: Sayaka Hirakawa
Photos: Simon Borkin

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE