プリマベーラ・サウンド 2006

HAPPENINGText: Julio Cesar Palacio

音楽を愛し、バルセロナに住む運を持っている全ての人にとって、6月はフェスティバルとコンサートの熱狂的な動きが始まる月だ。そのうち、この街が提供する大きなオファーと共に最も期待されているのが、ベテランのプリマベーラ・サウンドであるのは間違いない。

今年のアーティストのラインナップは何ヶ月も前から話題にのぼっていた。フィスティバル3日間で、ルー・リードヴァイオレント・ファムズフレーミング・リップスラムチョップヨラテンゴなどのアーティスト達の名前を見ることができた。


Final Fantasy

フェスティバルは裏切ることなく、それどころか今回のプリマベーラはここ数年で最も良いうちの一つであった。海の側のフォーラム地域の新しい会場は、フェスティバルをより楽しくし、広大な空間で缶詰の魚になった気分になることもなかった。


Lenny Motorhead

フェスティバルはまるで最終日のような盛り上がりでスタートした。60代のレニー・モーターヘッドがステージの上に飛び上がり、他のバンドの倍とも思えるボリュームを出す。インディーズ人口をを奇妙な驚きに包んだスタートだ。このアート群衆の中で、ヘビメタファンも一緒になって頭を振っているのを見るのは素晴らしかった。

ヘビーなノイズの後は、過大評価されるポール・ドハティのバンド、ベイビー・シャンブルズ。誰もが期待していたが、彼らの曲を知っている人はいなかったのだ。おそらく、ケイト・モスがバックステージに現れることでも期待していたのだろう。

初日には、他にもカスタネットや、アイム・フロム・バルセロナ(彼らはスウェーデン出身)などによって素晴らしいステージが繰り広げられた。


Yo la Tengo

しかし、その日最大の瞬間は、素晴らしくて神話的な、ヨラテンゴを大ステージで見たことだ。もうこれについては素晴らしすぎて、何も言うことがない。彼らは「フェイクブック」「サマー・サン」「エレクトオプラ」からの曲や、クラシックレパートリーを披露した。

初日は木曜だったにもかかわらず、観客は最後のソウルワックスが締めるまで眠らなかった。ニューオーダー、アーケード・ファイヤ、そしてマドンナを含めたバージョンのDJセッションを繰り広げる。朝の6時であった。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE