SYNTHETICTIMES 媒体中国 2008

HAPPENING

SYNTHETICTIMES=合成時代

SYNTHETICTIMES 媒体中国 2008SYNTHETICTIMES 媒体中国 2008

2016年のオリンピック開催候補地に東京が残っているが、オリンピックのプレ・イベントとしてメディアアートの展覧会が開かれることが東京でありえるだろうか?

北京ではオリンピックの文化イベントとして大規模なメディアアート展「SYNTHETICTIMES – Media Art China 2008(媒体中国2008)」が6月10日から7月3日まで中国美術館で開催されている。文化庁メディア芸術祭が上映されることもあり、開幕式と内覧会に出席したので簡単にレポートしたい。


SYNTHETICTIMES 媒体中国 2008

中国における現代美術の活況には見張るものがあり、フランスの美術情報サイト「artprice.com」によると、市場規模はアメリカ、イギリスに次いで世界で3番目にまで成長してるそうだ。

メディアアートに関しても欧米の有力フェスティバルの巡回展を中心に増加している。昨年8月には「文化庁メディア芸術祭上海」展、秋には北京と広州で「美麗新世界:当代日本視覚文化」展など、日本主導のメディアアート展も人気を集めている。

SYNTHETICTIMES 媒体中国 2008

「SYNTHETICTIMES=合成時代」と名づけられた今回のメディアアート展は、主催が中国唯一の国立美術館である中国美術館であり、実行委員会会長は中央美術学院のファン・ディアン教授、アーティスティックディレクター/キュレーターには、ザン・ガー氏と、主催、企画、運営の3つとも中国自らが担っており、このような形態での開催は私が知る限りにおいては初めてである。

SYNTHETICTIMES 媒体中国 2008

6月9日の午後5時から始まった開幕式には500名を超える人たちが集まりとても盛大だった。来場者の顔ぶれも国際色豊かで、アメリカ、イギリス、オーストリア、オランダ、カナダ、スイス、ドイツ、韓国、日本などからアーティストや、キュレイター、リサーチャー、メディアアートセンターやフェスティバルのディレクターたちが大勢出席していた。式典は中国らしく挨拶が延々と続き、欧米からのゲストたちは少しくたびれている様子も。内覧会を挟んで映像展示をおこなうサテライト会場でのレセプション、夕食会とつづき全てのプログラムが終わったのは10時半をまわっていた。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE