マーク・ジェンキンス&木之村美穂展

HAPPENING

光沢ある一瞬のパラダイス。

マーク・ジェンキンス&木之村美穂展マーク・ジェンキンス&木之村美穂展

通りを歩いている時、ゴミ箱に頭から突っ込んでいる人や壁に追突している人がいたら、よく見てほしい。それはもしかしたらアート作品かもしれない。

マーク・ジェンキンスはサランラップや包装用のビニールなど日常の素材を使い、彫刻を作るインスタレーションアーティストだ。そんな、ストリートをギャラリーにして活動しているアーティストがこの度初めて日本に来日。ロサンゼルスを拠点に活動する木之村美穂(STUDIO.D.O.G.INC)とのコラボレーションによる展覧会を東京・青山にある「DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA」で行った。

テーマは「Glazed Paradise」(光沢ある一瞬のパラダイス)。マーク・ジェンキンスが作り出す「一瞬のパラダイス」とは?マーク本人と木之村美穂さんにインタビューを行った。


まずは、アーティストのマーク・ジェンキンスに今回の展示について聞いた。

展示されているそれぞれの作品について詳しく教えてもらえますか?

会場を入ってすぐ右手にある作品は「ピクニック」というもので、「ピクニック」とは3つの人形が囲んでいるサークルのことを指しています。これは、今回のインスタレーションのメインであり、4人目である観客を招いています。この作品では、中央に置かれたおっぱいをピクニックにきた四人が箸で狙っています。これは一見おかしく馬鹿げていますが、実はそこには深い意図が隠されているのです。観客側から見て正面にいる骸骨の頭をした人形は死を意味しており、隣の象徴的な”胸”を持つ女の子を見つめています。この女の子は自分を見失っていて、いろんな意味でこの中のメインのキャラクターになりうると考えています。観客から見て左隣に位置する、犬の頭をして舌を出した人は、真ん中にあるおっぱいを見つめています。それは、セックスに対する我々人間の、動物的”強欲”を表しており、サークルの中央にはビニールで作られた赤ちゃんが上から食物を狙って降りてきています。
この作品では、セックス、死、強欲、 育成の必要性、に対する緊張が、瞑想的なサークルを通して一種のバランスを保っている世界、を表現しています。

マーク・ジェンキンス&木之村美穂

もう一つのメインのインスタレーション(タイトルなし)は膝をついている女の子の上に天使が浮いていて、その下をアヒルが泳いでいるというものです。こ こでも金髪の女の子がメインになっています。先ほどと同じで、頭を垂れて目の前が見えないこの女の子は自分を失っている状態にあることを示唆しています。彼女は頭髪のない幻影(天使) にひざまずき、膝を開いてアヒル達が彼女の性器へ戻っていくのを待っているのです。「ピクニック」と同様に、彼女が悲しいのか、恥ずかしいのかま たは深いトランス状態にあるのかどうか、を感じとることは難しいのですが、女の子が祈っていることで、また違う瞑想空間を作り出しています。
この作品には観客に対する直接的な”招待”はないのですが、祈る金髪の女性の隣に同じようにひざまずいて鑑賞するのがベストな方法ではないでしょうか。

マーク・ジェンキンス&木之村美穂

他のインスタレーション「Trasher」(ゴミ袋に足のついた人)とその隣にいるつぶれたこの女性はカモフラージュを意味していて、さらにこの女性は”trashed”(英語のスラングで飲み過ぎてつぶれてしまった人)を意味しています。つまり”trash(ゴミ袋)”と”trashed(飲み過ぎた人)”をかけているのです。

マーク・ジェンキンス&木之村美穂

階段を上がった二階のビデオがある場所では別のカモフラージュがあり、彼女はギャラリーを訪れ、ビデオを見ながらキーボードの上で気絶してしまった……という設定です。

私の多くの作品はハイパーリアリズムにおけるカモフラージュ(ダマし)を町中で展開していますが、今回、これらをギャラリーの中で行うことは一種の挑戦でした。

ゴミ袋に足がついている作品がありましたが、なぜ、生きたモデルを作品の一部として使ったのですか?

ゴミ袋に足がついている状態は可笑しくて面白い。というのも、人間と我々が出しているゴミとが一体化しているからです。多くの人は自分が出すゴミより も自己の所有物から自分自身を識別します。まさかゴミと一緒に住んでいるなどと考える人はいないでしょう。私は、この男が自分の出すゴミの中に住んで いて、周りを見ることができず、ゴミの中にいるから臭いだろう、というアイディアが気に入っています。彼は隣にいる女性を楽しませるためにいるのではなく、唯一の男性として自分の悪い態度に起因した自己汚染を象徴している、といったとこでしょう か。これは私の推測ですが……。

マーク・ジェンキンス&木之村美穂

この展示において、あなたが自分のいくつかの作風をミックスした理由について説明してもらえますか?

スタイルをミックスする方法としては、通常ストリートで作るキャラクターをいろいろと使用しています。それは、ストーリーを豊かにするために必要なことなんです。例えばシンプソンのようなアニメションにさまざまなキャラクターが登場することにより、物語の構想が膨らんでいくのと同じことです。私の多くの作品はどんな場所にあっても、象徴的、かつ、根底に力強い物語が横たわっているのです。

マーク・ジェンキンス&木之村美穂

人々にあなたの作品をどう受け取ってもらいたいですか?

街中の場合は、ハイパーリアリステックなアート作品によって人々の現実や常識を覆すことに挑戦するといった感じです。街は人々が作品に対して反応する舞台なんです。

室内の場合でもカモフラージュの作品と似たようなことをやっていますが、人は私の作品を見に来ているので、彼らを欺くことは難しいです。しかし、もっと大きくて複雑なインスタレー ションを作ることが出来るので違う楽しみ方がありますね。例えば、観客を”ピクニック”のような作品に導くことができますし、これらの奇妙な体験によって新しいアイディアを考えられる機会となるかもしれませんしね。

日本に対する印象は?

滞在したのは東京だけですが、本当に良い刺激を受けて、すぐに大好きな都市の一つとなりました。みんなとても親切で、ミニスカートをはいた女の子たちや礼儀正しい工事現場で働く人びとなどがいるストリートの様子全てが大好きです。東京は生命を感じる都市で、ここに住んでもいいと思いましたね。

木之村美穂さんとのコラボレーションはどうでしたか?

美穂と仕事ができたのはとても良い経験でした。彼女のフィルムはこの展示会を構成していく過程をよく捉えていました。さらにこの展示会の作品のうち、2つは東京の女の子をもとに作られた物で、会場にきた人々がこのフィルムを通してモデルに会うというのもとても面白いと思います。私の好きなパートは、美穂の提案で彼女と東京の街に出て、赤ちゃんと一緒に日本の人たちのポートレート写真をとったところですね。これは人と交流する新しい方法だと思いましたし、成功したのではないでしょ うか。美穂はクリエイティブなエネルギーに満ちていて、自由な精神を持った人です。この先も国際舞台で成功することは間違いないですね。近い将来また一緒 に仕事ができるのを楽しみにしています。

今後のプロジェクトについて教えてもらえますか?

7月にスペインのバルセロナで開かれるInterferenciaという屋外フェスティバルでインスタレーションを行う予定です。9月には2年に一度行われるDROOGに 参加するためにアムステルダムに行きますし、新年に行われる別のフェスティバルでフランスのボルドーも訪問します。インスタレーションを行うのにあたっ て、屋外という場所はクリエイティブの最先端だと思っているため、今後も屋外でのインスタレーションを続けていきますが、今回の室内での展示にも満足して います。次回、日本で展示をする際は、屋外でのインスタレーションをやれたらいいですね。

マーク・ジェンキンス&木之村美穂

一方、今回の展覧会のキュレーションを担当した木之村美穂にも話を聞いた。

マークさんとコラボレーションするに至ったきっかけを教えてください。

DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAで展覧会をするにあたって、普通のアーティストとのコラボレーションでは面白くないなぁと考えました。せっかくこのプロジェクトに参加 させてもらうのであれば、ファッション、広告、アートなどの業界関係者や一般のオシャレな人たちにも”やっぱりディーゼルは違うね”と興味をしめしてもらえるようなものにしたいと思ったんです。
特に時代性とバランスを考えつつ、コラボするアーティストのキャスティングには時間をかけました。東京という特殊な街+ディーゼルというファッションブラ ンドが行う、最先端のアートへの取り組み方を私なりに考え、得意とする海外ネットワークの中から、特に面白いと思って前から注目していたマークにコンタクトをして実現に至りました。

マークさんの作品をどのように思ってらっしゃいますか? ご意見を聞かせてください。

彼の作品の中には3つの大きな特徴があると考えています。

1、ちょっとドキっとするような、破壊的でアバンギャルドなアプローチとロマンチックが融合した斬新なアイデア。
2、街の中にとけ込む作品たちが、街を歩く人を巻き込み、少し”ダマす”、ドッキリカメラのようなユーモアのセンス。
3、今回の展覧会のテーマにもなっている”バラダイス”のようなロマンチックでドリーミーな世界観。

アバンギャルドとロマンチックが混ざった絶妙なアンバランス感が良いですし、また彼の永遠のテーマであるドリーミーな世界観が普通と違っていて面白いです。

メイキングムービーを作っていて感じたことは?

あまりにも細かく分かれた作業行程、作業の緻密さに関心しました。
彼の作品がどのように作られていくのか? の作業風景を、世界で初めて最初から最後まで記録出来たことは本当に良かったです。
3台のムービーカメラと2台のスティールカメラを使い、来日から10日間の密着ドキュメンタリーを撮影。ワシントンと東京での事前の準備期間を入れると相当な時間をかけ、さらにプロダクションスタッフの協力もあって、今回のメイキングムービーが完成しました。普段自分ではあまりカメラで撮影しないのですが、今回は自ら撮影スタッフとして10日間みっちりマークに密着しました。原宿の街に出てゲリラでの撮影交渉など、東京スタッフのサポートもあったおかげで、久々に東京での面白い撮影ができて満足しています。今後はこの作品を海外のムービーフェスティバルに出品したいなぁとマークと話しています。

マーク・ジェンキンス&木之村美穂

観客をダマす作品づくりをする作家にとって、作業過程を映すこと(=タネあかし)は禁じ手となりうる危険性をはらんでいる。
しかし、木之村のメーキングは、作品がいかに綿密に計算されて制作されているのかに加え、アーティスト独自のユーモアのセンスを伝えた点で、逆に、作品の質の高さを示すことになった。
マークのロマンテックでちょっとグロテスクな作品にふれて、彼に”ダマされてみる”のも面白いのではないだろうか。

Glazed Paradise by Mark Jenkins & Miho Kinomura
会期:2008年5月24日〜8月15日
会場:DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA 2F
住所:東京都港区南青山6-3-3
TEL:03-6418-5323
営業時間:1F STORE 11:00〜20:00/2F GALLERY 13:00〜20:00
定休日:不定休
主催:DIESEL JAPAN
キュレーター:STUDIO D.O.G.INC

Text: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE