宮島達男「ART IN YOU」

HAPPENING

水戸芸術館で開催された「宮島達男|Art in You」と題されたその展覧会は、首都圏では8年ぶりとなる宮島達男の大型個展である。この展覧会のシンボル、3800個のLED(発光ダイオード)が使われた大型作品「HOTO」をはじめ、幾多の作品が展示されている。

宮島達男|Art in You
HOTO, 2008. Courtesy of Shiraishi Contemporary Art Inc. and Lisson Gallery
「宮島達男|Art in You」2008年 水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景
撮影:Daici Ano 写真提供:水戸芸術館現代美術センター

光の遮られた展示室に直線に並べられ赤色に明滅するLED。羅列するデジタルカウンターの中央部には、人ひとり分ほどの幅の「闇」が存在する。1992年に発表されヒロシマに捧げられた作品、「Death of Time」に代表されるように、宮島氏の主作品はLEDデジタルカウンターによって表現される。0(zero)を除く1から9までの数字により、連続性、関係性、永遠性を問い、死を暗示することで生を表現する。

宮島達男|Art in You

宮島達男氏は、1999年に行われたヴェネチア・ビエンナーレ日本館の作家に選出(作品名:Mega Death)されるなど、国内外から高い評価を受ける日本を代表する現代美術作家のひとりであり、作品コンセプトの根底には一貫して「命」が刻まれ、本展「宮島達男|Art in You」においてもそれは変わらない。しかしながら、同時に明らかな変化を感じることもできる。

宮島達男|Art in You
Counter Skin in Hiroshima – 3 black, 2007

その最たるものが、宮島氏初の写真作品である「Counter Skin」であろう。制作は、北海道、奈良、広島、沖縄の4ヶ所で行われたワークショップキャラバンを通じて行われ、それぞれの土地での参加者たちが被写体となっている。参加者と宮島氏は会話をし、触れあい、時間をかけて近づいていく。すべての可能性を残した数字(つまり8)が描かれた後、それらは特定の数字へと変化し、彼らが立つその場所とともに写真へと映しだされていく。個々の肉体には無機質なはずのデジタルカウンターの数字が躍動感を持って浮かび上がる。
「Death Clock」は参加者が制作することで成立し、「Counting in You」、「Changing Time with Changing Self」には鏡が使われ、より短絡的に鑑賞者を作品へと取り込んでいく。
そこにはミニマルなLEDカウンターとは対照的に、情熱的でがむしゃらな、怒声にも似たメッセージが添えられている。

宮島達男|Art in You

伝えたいことは変わらない。アプローチが変化したのだ。

「Death Clock」で自らの命と向き合い、「Counter Skin」で他人の命に触れる。高く、巨大な「HOTO」が、それらの象徴として、命そのものとして異形を放つ。

作品を発表することで問いかけ、見る者に変化を促してきた。パブリックアートにより閉鎖された空間を飛び出した。「それでも届かない」、「間に合わない」、と自ら歩み寄り、リアルに、共に想像/創造していくことにした。その過程こそが本展「宮島達男|Art in You」の作品であり、それは呼び起こされた変化の記録である。

アプローチが変化したのだ。伝えたい人が見つかったから。

「若い人に伝えたいと思う気持ちが年々強くなる。それは「命」の奇跡について」、宮島氏はそう語る。
ワークショップキャラバンはもとより、本展示会場でも数度のワークショップが開催され、事実数多くの学生たちが訪れたという。週末のこの日も、そのメッセージに呼び止められ立ち止まる人が後をたたなかった。

宮島達男|Art in You
会期:2008年2月16日~ 5月11日
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
住所:茨城県水戸市五軒町 1-6-8
TEL :029-227-8111
主催:財団法人水戸市芸術振興財団
助成:財団法人アサヒビール芸術文化財団
協賛:株式会社資生堂
協力:アサヒビール株式会社 、SCAI THE BATHHOUSE (株式会社白石コンテンポラリーアート)、株式会社創夢、株式会社ティー・ジー・エイ、Lisson Gallery
企画:森 司(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員)
企画補佐:高橋 瑞木(水戸芸術館現代美術センター学芸員)
http://www.tatsuomiyajima.com”

Text and photos: Yutaka Takamura
Photo: Courtesy of Art Tower Mito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE