NIKE 公式オンラインストア

「プレビュー&アフタービュー」

HAPPENINGText: Yasuharu Motomiya

日本を代表するであろうメディア・アートの作家、岩井俊雄が約6年の歳月をかけて完成させた革新的なミュージック・インストゥルメント「TENORI-ON」。16×16のグリッド状にボタンが配置され、シーケンスされた音に合わせてボタンが発光し、目と耳で音を感じることができる。

PRE-VIEW & AFTER-VIEW
TENORI-ON

その「TENORI-ON」の関連イベントとして、4月24日、27日の両日、青山Cayにおいて「PRE-VIEW & AFTER-VIEW」が行われた。24日の「PRE-VIEW」にトゥ・ロココ・ロットロバート・リポックとマップステーション、27日の「AFTER-VIEW」にはアトム・ハートポール・デ・ヨングデデマウス黒川良一などのオーディオ・ビジュアル・アーティストが出演した。

シフトでは、この両日のイベントのうち、アトム・ハート(セニョール・ココナッツ)が出演した27日の模様をレポート。

PRE-VIEW & AFTER-VIEW
Atom™

90年代初頭から現在まで数々の変名を使い分けながら、膨大なリリースを重ね、最近ではセニョール・ココナッツ名義でのリリースが注目されている彼が、「TENORI-ON」を使った、今回世界初となるアトム・ハート名義でフルセットライブを披露。

PRE-VIEW & AFTER-VIEW
Atom™

ステージ後ろ左にはエロティックな映像も挟み込まれた音楽同様独特なセンスを感じさせる映像が、右側には「TENORI-ON」と同期したAKAI MPCのインターフェース画面が映し出されることにより、ライブの最中に演奏家がどの様な作業をしパラメーターを調整しているのかがリアルタイムに分かるパフォーマンスを披露、映像の面白さと同時にライブを体感する観衆の興味をも満足させた。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MATZ(マッツ)
MoMA STORE