ミラノ・サローネ 2008

HAPPENING

第47回となる世界最大の国際家具見本市、ミラノ・サローネ 2008が4月16日から21日にかけて、イタリア・ミラノで開催された。今回、ミラノサローネで配布を行うアートワーク集「10CARDS」(パッケージデザインは、シフトでもお馴染みのartless川上俊氏)の企画を行った、ウェブマガジン「moonlinx」の編集長、上月大輔氏のレポートをダイジェスト版としてシフトでご紹介します。全文は「moonlinx」でご覧いただけます。

ミラノ・サローネ 2008

4月15日。LEXUSのパーティに参加。静と動、黒と白など、二律背反をいかに高次元で融合させるかが本展示のテーマ。会場には鼓動を思わせるBGMがシンプルに流れていた。

ミラノ・サローネ 2008

LEXUSとnendoのコラボレーションワーク。

4月16日、ミラノサローネが開幕。イタリアのインテリアショップ「Dovetusai」に立ち寄った。

ミラノ・サローネ 2008

ゴアテックスで作られた花瓶。水を通さない素材なので、こういったことが可能になる。

続いてトリエンナーレ・デザインミュージアムに移動。

ミラノ・サローネ 2008
Philippe Starck

外には大きな壷がディスプレイされていた。他にも超巨大な椅子やソファなどもあり、ひさびさに童心にかえったような気がした。

ミラノ・サローネ 2008
Cassina

老舗カッシーナの展示。カッシーナの歴史をひも解くプロダクトのアーカイブ。
今年のミラノサローネではこういったアーカイブ的な展示も数多く見られた。

その後、スワロフスキーのパーティに参加。

ミラノ・サローネ 2008
Swarovski

クリスタルガラスで作られた地球儀!

ミラノ・サローネ 2008
吉岡徳仁

そして、なんといっても吉岡徳仁氏の作品。注目度は抜群。オブジェの配置が絶妙。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE