NIKE 公式オンラインストア

アイヌ音楽祭

HAPPENING

2008年5月15日、地元北海道新聞の報道を経て、緊急メールニュースが届く。
『遂に日本政府がアイヌを先住民族と認めることとなりました!』
翌日にはアイヌが集結し、歌や踊りを行うという内容。「アイヌ音楽祭」といったところか。長い歴史において奪われてきたものだけでなく、これまで認められもしてこなかったのだという、周知のようでいて知られざる事実に驚く。その意味とは。「雨天決行」の文字には、アイヌにとってのそのニュースの大きさと、誇りが現れていた。

アイヌ音楽祭


私達が駆けつけたのは、北海道庁赤レンガ庁舎前。空は雨雲におおわれ、時折遠くで雷も聞こえるが、まだ雨は降らず。一刺一刺手縫いで生み出されるアイヌ模様の民族衣装をまとった北海道5地区よりあつまったアイヌ達。「祝・先住民族認定(予定)」のプラカードがいくつか掲げられている。

アイヌ音楽祭

女性のウポポ(歌)に合わせ、アイヌ古式舞踊が順に繰り広げられていった。

アイヌ音楽祭

伝承される歌や舞踊は、それぞれの地区によって異なる。豊かな土地や自然を、日常生活を支えてくれる神々として、感謝や希望を表すさまざまな行事に際し、独自の信仰に根ざして踊られてきたのが、アイヌ古式舞踊だ。

アイヌ音楽祭

松永八重子氏、花岡ケイ子氏によるムックリの演奏。アイヌの代表的な楽器の1つであるムックリは、一本の糸をひっぱることで竹の弁を振動させ、口内に共鳴させるというもの。単純な構造でいて、その演奏はなかなか難しい。アイヌ民族博物館でも伝承を続ける名手らの、何重にもなった深い音が広がった。

アイヌ音楽祭

男性による力強い「剣の舞」や「弓の舞」があれば、女性による作業歌舞のようなものも。いずれもウポポを中心とし、踊りはリムセ(輪舞)を基本として構成されている。本来アイヌの歌や踊りは、見せるのではなく、楽しむものであったという。

アイヌ音楽祭

樺太アイヌの伝統弦楽器、トンコリの演奏を披露したのは、先日SHIFTでもフィーチャーしたオキ。独自のスタイルで、アイヌ音楽の魅力を世界各地の若い世代に知らしめている。

アイヌ音楽祭

最後にオキのトンコリ演奏に合わせ、女性4人組「マレウレウ」が登場した。メンバーの出身地である阿寒と旭川のウコウク(輪唱)が響く。全員が違うメロディーで歌うというウコウクが、不思議に心地よく続いた。

先住民族と認められることが、ただ手放しで喜べることではない、という意見も聞こえる。それもそのはず、この長い歴史に起こっているのは、そんな単純なことではないだろう。こうしてアイヌが持つ、守り尊重すべき文化や精神と、それが伝わり続けるための規制や矛盾は、この後も続いていくのかもしれない。それぞれが独自であるアイヌとしての意識にもまた、まとまりや答えは生まれない。それでも彼らは民族の誇りを背にし、共に歌い、踊り続ける。
観客も交えて大きな輪ができ、アイヌの踊りは続いた。雨雲はいつの間にか消えていた。

アイヌ音楽祭
日時:2008年5月16日(金)15:00〜16:30
場所:北海道庁赤レンガ庁舎前
内容:アイヌ古式舞踊(石狩、胆振、日高、十勝、釧路の5地区より)/ムックリ演奏(松永八重子、花岡ケイ子)/歌(マレウレウ)/トンコリ演奏(OKI)

Text: Yurie Hatano
Photo: Mariko Takei, Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE