ホイットニー・ビエンナーレ 2008

HAPPENING

今日のアメリカ現代アートの地位を描くビエンナーレ。

Whitney Biennial 2008ホイットニー・ビエンナーレ 2008
Phoebe Washburn, It Makes for My Billionaire Status, 2005 (installation view, Kantor/Feuer Gallery, Los Angeles, 2005).

ホイットニー・ビエンナーレが今年も開催され、ニューヨークのアートシーンに警笛を鳴らす。今年のキュレーターは、絵画や彫刻作品よりも、インスタレーションやパフォーマンス作品を重点的に扱うことに決めた。


ホイットニー・ビエンナーレ 2008
Ellen Harvey, Museum of Failure: Collection of Impossible Subjects & Invisible Self-Portraits, 2007 (installation view, Luxe Gallery, New York, 2007).

キュレーターの交代の理由としては、これまでに比べて今日のアーティストの作品におけるジャンルの多角化、使用素材の多様化、そして地理的なロケーションの移動に伴っている。現代のアーティストが創造する作品中にも存在するネットワークの爆発的拡大によって、このビエンナーレはアメリカの現代アートの地位の特徴を模索している。

ホイットニー・ビエンナーレ 2008
Mika Tajima/New Humans, Disassociate, 2007. Performance with Vito Acconci, Elizabeth Dee Gallery, New York, February 24, 2007

ビエンナーレの期間中は、絶え間なくパフォーマンスが行われる予定。いくつかはホイットニー美術館で行われるが、今年ミュージアムは、パーク・アヴェニュー・アーモニーなどの追加開催地やギャラリースペースを増やし、イベントを行う予定だ。

ホイットニー・ビエンナーレ 2008
Joe Bradley, Installation view, Joe Bradley, Peres Projects, Berlin, 2007; from left: Cavalry, 2007; Itz, 2007; Night Runner with Strike, 2007; The Thing, 2007

Whitney Biennial 2008
会期:2008年3月6日〜6月1日
会場:Whitney Museum of American Art
住所:945 Madison Avenue, 75th Street, New York, NY 10021
時間:11:00〜18:00/金13:00〜21:00(18:00〜21:00 自分の好きな金額で入場可能)
休館:月火曜日

Text: Carlos J. Gómez de Llarena from med44
Translation: Haruka Kibata

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE