オクトーバー・サロン

PEOPLE

ベルグラード文化センターのディレクター、ダニカ・ジョヴォヴィッチ・プロダノヴィッチのインタビュー

October Salon, Belgrade
Danica Jovovic Prodanovic – director of the Belgrade cultural Center

オクトーバー・サロンは1960年に発足し、今やセルビアで最も重要な現代アート展と考えられており、2004年からは国際的な展覧会として開催されている。アートでの対話という形で、世界中のアーティストと地元アーティストの最新作品が展示される。アートディレクターは毎年新しく任命され、一般の人たちが興味を持つような、受け入れられやすいコンセプトのもと、展覧会も毎回新しいものとして手がけられている。


ベルグラード市庁舎の協賛の下、オクトーバー・サロンはベルグラード文化センターが主催する。2007年度に開催された第48回オクトーバー・サロンでは、全世界にまたがる争い、宗教やイデオロギー、社会や文化の価値を形成する仕組みが過激になっているこの世の中で、アーティストたちが自らがとるべき姿勢や方向性を示したメッセージを発信した。この展覧会は、「Micro Narratives(小さな物語)」というテーマで開催された。

自己紹介をお願いします。

私はベルグラードで生まれました。建築家になる勉強をし、1997年まで建築家、そしてプロダクトデザイナーとして仕事をしていました。アートや建築について雑誌に寄稿したり、ガウディーについての文献やその他建築についての記事を翻訳なども手がけ、1997年からは、ヴィジュアルアート、音楽、映画、文学の4つのプログラムを運営する公的文化機関であるベルグレード文化センターの総合マネージャーとして活動しています。ベルグレード文化センターでは、映画、音楽や文学の祭典、国際建築週間、そしてヴィジュアルアートの分野で毎年開催されるイベントで最大規模と称される国際オクトーバー・サロンなど、毎年250のプログラムが開催されています。

オクトーバー・サロンのことについてお伺いしたいのですが、この展覧会はどのように始まり、ここまででどのように発展してきたのでしょうか?

オクトーバー・サロンの開催が始まってからほぼ50年が経ち、セルビアでは最も傑出したヴィジュアルアートのイベントとなっています。ベルグラード市が設立、援助しており、ベルグラード文化センターによって運営されています。セルビアの現代アートで最も成功していることを全面に主張することで、20世紀後半のセルビアモダンアートの研究に大きく貢献していると感じています。4年前、委員会の決断により方針を変えてから、地元、そして世界的にも活躍するアートディレクター達(2004年にはポーランドのアンダ・ロッテンバーグ、2005年にはセルビアのダルカ・ラドサヴリェヴィッチ、2006年にはドイツのレネ・ブロック、2007年にはハンガリー/フランスのロランド・ヘジイ)をオクトーバー・サロンに迎え、国際的な展覧会として開催しています。ベルグラード市内各地の会場で、様々な国から参加するおよそ80人のアーティスト達のための展示を、私達は毎年取りまとめます。過去に開催されたものや、9月26日から開催されるイベントについては、私達のサイトに全て掲載されているので、そこから見ていただけます。

os1-full.jpg
48th October Salon (2007): Contemporaries by Gloria Friedmann (left) and Sleeping boy by Hyunsoo Kim (right)

イベントにはどのくらい関わっているのですか?

今まで20年以上に渡ってこのイベントを運営している公的施設、ベルグラード文化センターのディレクターとしては、1997年の就任以来ずっと関わっています。

今までで一番貢献できたと感じるのは何でしょうか?

オクトーバー・サロンを、地元のイベントから国際アートイベントとしての地位に気づきあげるまで、大変な努力が必要でした。このようなイベントが、地元アーティストと国外のアーティストとの対話をつなげ、途絶えてしまった施設同士の繋がりを立て直し、ヨーロッパの文化的地図の上にベルグラードをもう一度重要な位置に立たせるための一番の方法と信じています。

os1-full.jpg
48th October Salon (2007): Sculpture by Kevin Francis Gray (left) and part of Dolls from Françoise Pétrovich (right)

今後、このイベントで達成したいことなどありますか?

このイベントが高く評価され、確かな情報が流れ、もっと多くの市民、アーティスト、評論家達が訪れ、ベルグラードを体験してもらえるようになるようにしたいです。このことにより、地元アーティストに道が開け、世界のアートコミュニティーの中で彼らが自分たちの作品を見せる機会が増え、その一方で鑑賞者も実際の情報を得ることが出来る良い機会にもなります。

オクトーバー・サロン・アワードとは何ですか?

5人の国際的な審査員によって選出されるそれぞれ同等の3つの賞(2500ユーロ)と、ベルグラード文化センターによって企画された個展を含め、同センターより授与される特別賞があります。

そのアワードの為に、特別にアーティストを招聘しているのでしょうか、それとも誰もが応募できるのでしょうか?

決まったコンセプトにより、アートディレクターがアーティストを招聘しています。コンセプトに関連したアーティスト達全員に窓口を開く場合もあります。招聘の決断方法は、アートディレクターに委ねられています。

これから開催される2008年度のイベントについて教えてください。

第49回オクトーバー・サロンのアートディレクターには、ベルリンで活動するセルビア人キュレーター、ボヤーナ・ペイジが選ばれました。今回のタイトルは「アーティスト市民」、アート・イン・コンテクスト(特定の状況におけるアート)と呼ばれているアートを実践します。ボヤーナ・ペイジ曰く、「タイトルから分かるように、実際の展覧会のトピックは、タイトルが示しているものそのものというわけではなく、色々なトピックが含まれているのです。このタイトルが示しているのは、今ある現実に向き合い、自らを批評の対象となってしまうような立場に位置づけているアーティストたち、いわば、政治的に自分達の立場を位置づけているアーティストたちに出会うべきであるということ、そしてこの今ある現実という状況において、アーティスト達が表現の営み、権力の関係、アートや政治の施設のあり方、そして自らの制作活動を問い直すということなのです。」

セルビアは、つい最近政治的変動を体験しましたが、オクトーバー・サロンに関連して、今のセルビアの政治的シナリオをどう評価しますか?

今現在セルビアは、政治的にとても敏感で困難な状況に立たされていて、またもやニュース速報、一面記事として扱われるような状況に陥ってしまいました。とても重いプレッシャーの中、私達はアーティストたちと共に、真剣ながらも心が通じるユーモアのある展覧会を作っていきたいと思っています。

これから先の数年間、ベルグラードはどのように進化していくと思いますか?パリやロンドン、ベルリンのように、ベルグラードも芸術的、文化的首都になり得ると思いますか?

ベルグラードは200万人の人口を抱える大都市です。活発で面白いアートシーンも存在しますし、アートにおいて重要な地域になる可能性は大いにあると思います。

オクトーバー・サロンとベルグラードに訪れようと考えている人たちへメッセージはありますか?

先入観は家に置いてきてください。

セルビアのアートシーンと、世界におけるその位置についてどう思いますか?

セルビアのアートシーンは、値するだけの認知はされていないと思います。ですから、私達が今しなければいけないことは、セルビアのアートシーンを人々に知ってもらい、見てもらうことなのです。

2008年度第46回オクトーバー・サロンのアートディレクターに選ばれたボヤーナ・ペイジについて教えてください。

1948年ベルグラードに生まれ、ベルグラード大学哲学学部にてアートヒストリーを専攻しました。1977年から1991年まで、ベルグラード大の学生文化センターのキュレーターを勤め、ユーゴスラビアや海外のアートの展覧会を開催していました。1971年からアート評論を書き始め、1984年から1991年まで創刊されたベルグラードのアート学術論文ジャーナル『モーメント』のエディターでした。

October Salon, Belgrade
Bojana Pejic – art director of the 49th October Salon

1991年から彼女はベルリンに住んでいます。1995年に、ベルリンにある文学館での「Body in Communism (共産主義における体制)」という国際シンポジウムを開催しました。彼女は、1999年ストックホルム現代美術館で開かれ、2000年ブタペストのルドウィグ・ファンデーション、2000年から2001年にかけてハンブルグ美術館でも開催された、『After the Wall – ヨーロッパポスト共産主義のアートと文化』のキュレーターでした。彼女は1999年ウィーンのルドウィグ・ファンデーションで開かれた『Aspects/Positions(側面/立場)』も共同キュレーションしています。
2002年から2004年の間は、熊本現代美術館の国際アドバイザーも勤め、2003年にはマリーナ・アブラモビッチの回顧展をキュレーションし、この回顧展はモリガメでも開催されました。
2003年には、ベルリンにあるフンボルト大学にて、ルドルフ・アーンハイム客員教授として招かれました。
サラエボ現代アートセンターで開催された『De/Construction of Monument(モニュメントの構築/解体)』プロジェクトのアドバイザーであり、またサラエボのアカデミー・オブ・ファイン・アーツでは、「共産主義体制」をテーマとしたセミナーを公演しました。
2005年5月には、『The Communist Body – An Archeology of Images: Politics of Representation and Spatialization of Power the SFR Yugoslavia 1945 -1991(共産主義体制ーイメージの考古学:1945-1991ユーゴスラビアSFR権力における表現と空間性の体系)』(出版準備中)という論文で博士号を取得しました。
彼女はまた、オルデルンブルグの大学にあるインスティテュート・フォー・カルチャースタディーズにて、国際ジェンダー学のマリア・ゲッパート=メイヤー客員教授でもありました。

オクトーバー・サロンは、ベルグラード市内各地で開催され、とても計画性のある素晴らしいアートイベントです。作品の選択も素晴らしく、建築を通してその歴史が語られ、飲食店や夜の遊びも充実したベルグラードという都市を訪れるには、このイベントは絶好の機会となるだろう。

Text: Eduard Prats Molner
Danica and Bojana pictures courtesy of the Belgrade Cultural Center
Translation: Kyoko Tachibana

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE