香港&深圳ビエンナーレ 2008

HAPPENING

香港初の大規模建築ビエンナーレ。

Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale
© Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale of Urbanism / Architecture

香港&深圳、都市・建築ビエンナーレは、初めて香港と深圳が共同で開催する建築と都市環境の博覧会。このエキシビションでは「再識城市(Refabricating City)」をテーマに、香港の都市環境を世界中の都市と比較し、都市生活の質や状態、それに関連した社会的・文化的問題についてのディベートを行うことで、建築と都市空間というものがいかに私たちの日常と深く結びついているかを考えていく。

Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale
© Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale of Urbanism / Architecture


今回のビエンナーレは、香港でも最大級の建築エキシビションだ。香港をはじめ台湾、シンガポール、韓国、日本、アメリカ、そしてヨーロッパ各国から約100名もの建築家、プランナー、デザイナー、都市研究者たちが招待され、中にはトッド・ウィリアムズ、ビリー・ツィン、スティーブン・ホールヘルツォーク&ド・ムーロンなど海外のビッグネームも参加する。また地元のロビイストH15コンサーングループ、その他大学研究団体なども参加する。中国からはユン・ホー・チャン、マー・キン・ユン、リウ・ジアクン、ツァン・レイ、アーバナス、他にも多数のニューカマーたちの参加もあり、地元勢も豪華なラインナップだ。日本からは、山本理顕、アトリエバウ・ワウ大野秀敏ミカンなどの著名な建築家・研究者が招待される。また香港を代表してロッコ・イムグラビティー・パートナーシップアナザーマウンテンマン(スタンリー・ウォン・ピンプイ)、エレン・パオなども参加する。

Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale
© Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale of Urbanism / Architecture

100点以上の作品の展示が行われるこのエキシビションでは、その半分以上が海外の作品ということから、地元のクリエイティブな産業を活気づけるとともに、様々な分野で活躍を見せるクリエーターと参加者が意見やアイデアを交換するための貴重な機会になるだろう。

Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale
© Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale of Urbanism / Architecture

今回のビエンナーレは、香港の中央警察建築群(Central Police Station Compound)にて開催される。19世紀の中頃の植民地時代初期に作られたこの歴史的な建築群には、法定古跡に指定されている貴重な指定文化財が立ち並び、かつては警察、裁判、刑務所などのシステムがそこで機能していた。エキシビション自体は、都市構造部門・建物構造部門・香港モデリング部門・都市間ネットワーク部門・改革部門・構想部門の6つに分けられ、建築群の入り組んだ空間の連続に新しい作品たちが織り交ぜられていく。

Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale
© Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale of Urbanism / Architecture

貴重な文化遺産に触れることが出来るだけではなく、ホットなトピックについて学び、考えさせられるエキシビション。「ワンチャイ・リー通り、サイインプン、セッハプメイをいかに再生すべきか?」「閉港後のカイタック空港と入り江の構想は?」「香港のホームレスはどうやって雨風をしのいでいるの?」「港珠澳大橋などの急激なインフラ整備による副次的な問題をどう解決するか?」「中元節のバンブーシアター(年に一度中国のお盆の時期に霊を迎えるための儀式を行う場所)ってどんな造り?」「2008年の北京オリンピックでの自然保護と都市再建のバランスは?」どれも興味深いトピックばかりだ。

Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale
© Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale of Urbanism / Architecture

著名な建築家やクリエーターたちによる講義、討論会、ワークショップ、ガイドツアーなども開催され、現地の文化的歴史についての知識を参加者と共有し、いかに都市再構築における建築の役割が大きいかを参加者に伝えていく。また、キャトル・デポット・アーティストビレッジフリンジ・クラブマッキー・スタディーなどでも様々なイベントが開催される。

毎週土曜日と日曜日(2月9・10日を除く)の12:30から18:30まで、25名ずつ90分の無料のガイドツアーが利用可能。受付で事前の予約が必要。

The Hong Kong & Shenzhen Bi-City Biennale of Urbanism / Architecture
会期:2008年1月10日〜3月15日
会場:Central Police Station Compound
住所:10 Hollywood Road, Central, Hong Kong
開館時間:火〜木12:00〜18:00/金・土12:00〜10:00
入場無料/駐車場なし
TEL:(852) 9644 8211
hk-sz.biennale@hkia.net
www.hkszbiennale.asia

Text: Thomas Chung
Translation: Tatsuhiko Akutsu

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE