フー・アイウェイ

PEOPLE

フー・アイウェイ

フー・アイウェイは、一種独特のクリエイティブレーベル「シー・ユー・トゥモロー」の創立者としてより知られている、29歳のマルチメディア・アーティストである。レーベルを通し、フーはデザインとアートを混じり合わせて、手作り本から、アクセサリー、首枕まで、風変わりで、ユニークなアート作品を創ってきた。ボルネオ出身のこのアーティストは、18歳の時にシンガポールへと移り、始めはファインアート、そしてアパレルデザイン/マーチャンダイジングを学んだ。ちょうど今、彼女は、デザイナーのハーマン・ラーアムと共に、「エブリデイ・ウィークエンド」という新しいレーベルを創っている。このアイテムは、家具、ヴィジュアル、音楽を展示する1月18日のオープニング展の後、「アサイラム」の陳列棚から購入することができる。

なぜ「シー・ユー・トゥモロー」を始めたのですか?


違ったジャンルで試してみたいことが沢山あるんです。そして、自分で何かを始めたいといつも思っていました。「シー・ユー・トゥモロー」は原点であり、自分のアイデアで前進するための土台を与えてくれました。

「シー・ユー・トゥモロー」の意義とは何でしょう?

「シー・ユー・トゥモロー」は多分、私が創り上げて、一緒に話をする人物なんです。それを通して、私は毎日の生活という平凡から、現実から抜け出せるんです。そして、幸福のセラピーのようなものを自分に与えることができる。
「シー・ユー・トゥモロー」は分割する型だけれども、一生のうち、もう二度と会うことができないかもしれない人や物に会うという可能性や、大きな希望を示すものだと、私は考えています。

フー・アイウェイ
Red Sleeve

「シー・ユー・トゥモロー」はいろんなものをかじっているようですが、例えば、アクセサリー、イラストレーション、執筆、デザインなど。正確にはどのようなものでしょうか?

明確にするのは本当に難しいです。大げさな決まり文句を犠牲にしてだけど、多分、デザインとアートの結婚のようなものだと思います。小さい頃、私は作家、映画製作者、またはダンサーになりたかったんです。気づかないうちに、これらの果たされなかった「野望たち」の要素を、現在の作品の中に吹き込んでいるのだと思います。私は学際的なアプローチが好きなんです。なぜなら、つまらなくないものだと思うから。

何か仕事はしていますか?

ええ。ファッションレーベルのアシスタントデザイナーとして働いています。主に、グラフィックとプロダクションアスペクトを担当しています。

フー・アイウェイ
Rest Together Couple Neck Cushions

何が「オーバー・ロマンティサイズド、2005」シリーズのきっかけとなりましたか?

これは、結びつきについての批評なんです。2人の赤の他人の間に芽生える親密性は、どのように魔術的で(魚と水のように自然で)、それでいて奇妙につながれているか。私が創りだしたもの—「レスト・トゥギャザー・カップルネッククッションズ」(一緒に横になろうカップル首枕)、「ステイ・ネクスト・トゥ・ミー・カップルニットチェーン」(隣にいてカップルニットチェーン)、「ルック・アット・ミー・カップルニットチェーン」(私を見てカップルニットチェーン)、「ホールド・マイハンド・ファームリー・ウェン・ウィー・ディープリー・イン・ラブ・ジョインティッドカップルTシャツ」(深く愛し合っている時は、しっかり私の手を握って接続カップルTシャツ)—は、つながりが、いかにして、義務として、また快感として考えることもできるということをもとにデザインされています。
私は、愛や情が、生活の中でどのような役割を果たすかに好奇心があり、疑いがあるんです。まさに、わたしたちは、泥まんじゅうにくっついた蝿のように、愛や情によって身動きできなくさせられているのです。

フー・アイウェイ
Left Handed Typist (Music CD)

あなたの作品が、他のクリエイティブレーベルから突出していることは何だと思いますか?

私の作品が実際行き当たりばったりなように、そんなこと考えもしなかったです。全て自分で制作し、たくさんの即興性や自発性があります。

シンガポール、または他の場所で、あなたが好きなクリエーターを教えてください。そしてその理由は?

沢山良いクリエーターたちがいるから、特にお気に入りというのはありません。一人選ぶのは、とても難しいです。

フー・アイウェイ
Lollipop Briefcase- (left) sit on it like a chair, carry it like a briefcase

「エブリデイ・ウィークエンド」のオープニング展の反応はどうでしたか?

私たちは一度もちゃんとイベントを広告したことがないんです。私たちが知っている友達や人々にだけです。シンプルで小さなものにしておきたいと同時に、意見を得るのに夢中でした。だって、家具や音楽をつくるというのは、私たちにとって「規範外」でしたから。—私はファイン・アートとアパレルデザイン/マーチャンダイジングを学び、ハーマンはグラフィックデザインを学んでいましたから。

みんな、私たちがなぜ、どうやってこれらの作品を創ったのか、とても知りたがります。私たちの創り上げた作品は、実験的なもので、私たちの私生活の中の物の並列なんです。ブランドのラベルから名刺まで、全てが手作りだから、かなり単調で退屈だし、ばかげています。みんなが気にいってくれてうれしいです。特に、座れるのかどうかみんなを怪しませ、躊躇させるロリポップ・ブリーフケース・チェアを(もちろん座れます、全ての作品を実用的な物として創っています)。

フー・アイウェイ
Dog-ear Lookbook

あなたの風変わりで、ユニークなアートを買いたければ、どこに行けばいいでしょう?

「アシュラム」に行くか、私に直に、aiwei@seeutomorrow.comまでメールをください。

次のプロジェクトについて教えてください。

現在、男性服のシリーズを計画しデザインしてます。だけど、シリーズを発展させるために全ての時間を割くことができなくって、進み具合はかなり遅いです。

Foo Aiwei
www.seeutomorrow.com
aiwei@seeutomorrow.com

Text: Wee Ling Soh
Translation: Fumi Nakamura
Photos: Foo Aiwei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE