クリスチャン・ターデラ

PEOPLE

クリスチャン・ターデラは、私たちに夢の世界を創り続けている。私が彼の世界に一歩足を踏み入れた瞬間、自分が誰もが1つは持っているような想像や空想の一番深いところにずっと残る子供用の本の真ん中にいるような気がした。

Cristian Turdera
Photograph courtesy of Paulo Fast

クリスチャンの世界を知るということは、タイム・マシーンの旅行と似ている。突然、私は5歳に戻り、おじいちゃんは毎朝私を起こすために自分で作った風変わりで素敵なお話をしてくれた。


とにかく私は途方も無い歳月の子供時代へと運んでくれるクリスチャンの声を聞いていた。考えられるのはクリスチャンのやっていることがどんなに偉大かということだけだった。彼は子供むけにストーリーを描き、見ただけで好きになってしまうようなかわいいキャラクターで話してくれる。私たちはもういちど子供に戻りたくなってしまうか、熱心に本を読んでいる間に子供に戻ってしまう。

Cristian Turdera

クリスチャン・ターデラは、グラフィックデザインを学び、今はイラストレーションとデザイン、2つの作業を組み合わせている。彼には2つを別々に分けることができないのだ。なぜかというと、彼の色使い、輪郭、線はずっとそこにあったかのようで、まるで勝手に出来上がったかのようだからである。
今、彼は素敵な児童書の出版会社、ペケニオ編集局(小さな編集局)でアートチーフとして仕事をしている。この小さな会社は「女王様メイブ(Queen Mab)」と「決めたのうた(Decided Song)」の22冊の彼の本を出版している。彼はこの本に加えて、別のイラスト集「三回目の怪獣ポトト(Pototo, three times a monster)」のデザインも手掛けている。

ペケニオ編集局は編集の企画であり、今年、今までで一番活気付いた。彼らは4冊新刊を出版し、さらに素敵な発表会をパレルモの書店で開いた。この書店では子供も大人も共に読書や学習、新しい世界の大発見に熱中している。『我々は自分で欲しくなるような本を編集する、それが基準です。』ターデラが教えてくれた。

Cristian Turdera

『グラフィックデザインを勉強しているときに先生の1人であるエレニオ・ピコに出会いました。それが大学生活の中での最も重要なことですね。この人は描くことではなく考えることを教えてくれたんです。イラストレーションはテクニックやスタイルよりもアイディアによるものだと学びました。この人とは今は友達ですが、この人は私に今やることや何もしないでいることなんかを強制してきますね。そういう人なんです。』と、彼は言った。

『そのあと、大手の出版社でデザインを始めて、イラストレーター・フォーラムの一員になりました。この瞬間から、一度に沢山良いことが起こりましたね。で、今はイラストで生活しています。これは他のものと同じように仕事なんです。靴職人と似てますね。一生懸命働けば成功します。私は仕事をするのと本の中に自分の作品を見るのが本当に好きで、本がイラストを自然にサポートしてくれると信じています。本を崇拝してますよ、もちろん』彼は優しく微笑みながら言った。

今まで起こった一番の出来事は何ですか?

1つはもちろんこの仕事です。だって、10年前に私がよく褒め称えていた人たちが今は同僚なんですからね。他のことなら、お話を見つけたときの子供たちの反応を見ることですかね。最近は父親とある学校に行きます。5歳の子がそれぞれみんな手にポトトの本を持って、それがごっこ遊びや歌や手紙の山を引き起こすんです。全てポトトのためなんですよ。その創造性を目の当たりにして、この年頃ではみんなが何かを達成するという同じ可能性を持っている、とそこで気づいたんです。

Cristian Turdera

あなたはよく子供のためのイラストを作っているのではない、と言っていますがどうしてですか?

私は子供のために絵を描いていません。自分自身のためなんです。そうやって子供の注意をひこうと考える、野心みたいなもんです。私は作りたいと思ったら本を作るので、誰が理解してくれるとかしてくれないとかは考えていません。私がイラストを書くときにしようとしていることはわかりやすい本を作ることで、一番重要なのは壁にかける絵画を作ることではなく書かれた話を豊かにする作家をつなぎ合わせることです。このアルバム・ブックはイラストと文章部分が別に書かれています。どちらも同じだけ大事なので。

Cristian Turdera

今までやったことないことでやってみたいことは?

アニメーション・プロジェクトで仕事をしながらも自由に本作りを続けたいですね。沢山するのが好きなので。多分、スタッフと宣伝もしますよ。パズルもポストカードもやったし。物と仕事をするというのは良いものですよね。

turdera5_1.jpg

次のプロジェクトは?

来年、イタリアのボローニャへ旅行します。大事なチルドレン・イラストレーション・フェアーがあるので。彼らはアルゼンチンを招待して、私たちはそこであるグループと展覧会を開くつもりです。とても面白い経験になるでしょうね。

新しい世界を見つけ出すことほどは面白いものは無い、と私は思う。人々が私たちを楽しくしようと仕事をして、その仕事が私たち(読者)と本当の私たちを再びつなぐ。私は何枚かのポストカードと本とで魔法のように絶対的な幸せにしてくれる彼の世界を離れた。誰かこれ以上を必要とするだろうか。

Cristian Turdera
住所:Buenos Aires, Argentina
TEL:54 11 4854-6623
coordinacion@cristianturdera.com
www.cristianturdera.com

Text: Gisella Lifchitz
Translation: Haruka Kibata

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE