ズー・アート・フェア 2007

HAPPENING

ロンドン・アート・フェアー「ズー・アート・フェア」「フリーズ・アート・フェア」

ズー・アート・フェア 2007ズー・アート・フェア 2007

キリンや象を横目にアートを鑑賞する「ロンドン・ズー・アート・フェア」。はりきってロンドン動物園へ出かけてしまった人も多いのでは?それともみんな、今年は開催場所がロイヤルアカデミーへと変わったことに気が付いていた?場所が変わっても、なぜか名前は変わりません。ちょっとまぎらわしいのです。ましてロンドン動物園は、スポンサードもしていないのだから、これはもう本末転倒もいいところ。それはさておき、4回目を迎えるズー・アート・フェアは始動6年以内のアートギャラリーや団体が、お抱えのアーティスト達の作品をお披露目するエキシビジョン。英国内外から60近くの出展が見られた。


ズー・アート・フェア 2007

ロンドンセンターに位置するローラ・バートレット・ギャラリーからは、エリザベス・マクアルピンの作品がお目見え。ロンドンをベースに活動するマクアルピンは、時間軸をベースとした映像やサウンドインスタレーションを中心に発表しているアーティスト。『98m(The hight of the Campanile)』と題されたその作品は、サンマルコのカンパーニュを写す8ミリ映像と、その映写機の下に設置されたガラスケースで出来ている。映像がサイレントで、カメラ位置もほとんど動かないのに対して、映写機から排出されたフィルムはまるで生き物のように、ガラスケースの中で動き回り、ペイズリー柄のようなパターンをつくり出す。その静と動の対比が興味深く、おもわずかぶりつきで見つめてしまう。20分間の映像がループでくり返されるそのフィルムの総計は、もしかするとサンマルコの鐘楼の高さと同じということのなのだろうか?

ズー・アート・フェア 2007

先月ノースロンドンにオープンしたばかりのアートスペース「176」は、現在開催中の「An Archaeology」展からのエピローグともいえる特別展「An Aside」を展開。アメリカ人アーティストのダン・アットエによるポルノグラフィックなネオンサインはそのコピーが注目を浴びていた。

ズー・アート・フェア 2007

「Everyhting will slip thorough your fingers like water. (なにもかもが水のように指先からこぼれおちていく。)」「You have more freedom than you’re using now. (君は今よりもっと自由だ。)」農家出身のこのアーティストだけに、マテリアリスティックな現代アメリカや、特にセレブなガールズを批判するようなメッセージと受け取るのが妥当だろう。

比較的小規模なギャラリストの多いズー・アート・フェアと比べ、参加数もボリュームも格段に大きなフェアが、「フリーズ・アート・フェア」。毎年恒例リージェンツ・パークで大々的に開催される。

ズー・アート・フェア 2007

去年からハイドパークやセントジェイムスパークなど、ロンドンのメジャーな公園に置かれているデッキチェアが、よく見るととってもおしゃれなプリントでできていたのにお気付きでした?それもそのはず、実はポール・スミスやイーリー・キシモトなど、人気のデザイナーやアーティストたちによってデザインされたスペシャルなデッキチェアなのだ。ロイヤルパーク・ファンデーションというチャリティ団体によるこの企画は、「デッキチェアドリーム」と呼ばれ、今年は4つの小学校の子どもたちによるキュートなお絵書き風のものや、デミアン・ハ−スト、サム・テイラ−・ウッズなど豪華なアーティスト達によるものがラインナップしている。個人で購入も可能であり、デッキチェアのフレーム付きで£83、ファブリックだけだと £45とお買得?なんと、すでに売り上げから£100,000も寄付されているのだとか。アートでチャリティで限定品、ついついお庭もないのにデッキチェアがほしくなっちゃう?

Zoo Art Fair 2007
会期:2007年10月12日〜15日
会場:ロイヤルアカデミー
住所:6 Burlington Gardens, London W1S 3EX
http://zooartfair.com

Frieze Art Fair 2007
会期:2007年10月11日〜14日
会場:リージェンツ・パーク

Text and Photos: Sayaka Hirakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE