坂本龍一 × 高谷史郎「LIFE – FLUID, INVISIBLE, INAUDIBLE…」

HAPPENINGText: Wakana Kawahito

音楽と映像を映し出す9個の四角い水槽が、暗闇の中で宙に浮かんでいる。

LIFE - fluid, invisible, inaudible

東京・新宿にあるNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]で、9月15日から開催されている展覧会「LIFE – fluid, invisible, inaudible …」は、坂本龍一ダムタイプの高谷史郎とのコラボレーション作品だ。

LIFE - fluid, invisible, inaudible

この展示は坂本龍一が演出をした「LIFE」というオペラを素材に再構築し、まったく新しい形に昇華したもの。坂本龍一流の現代オペラとして1999年に上演された「LIFE」は、坂本と高谷がコラボレーションを行った初めての作品。それが今年、山口情報芸術センター(YCAM) 委嘱による新作のインスタレーションとして甦り、今回、巡回展がICCで行われることになった。

LIFE - fluid, invisible, inaudible

30通り以上の音楽と20通り以上の映像がコンピューターにプログラムされていて、それがランダムに組み合わされる。アクリルの水槽の中で作られる霧は、映し出される映像を“流動”させて、映像に更なるライブ感を加える効果を生み出す。座ったり、寝たり、映像の輪に入ったり‥‥観客は各々自由に作品とのコミュニケーションを図りながら、可視的なものと不可視的なもの、聴こえるものと聴こえないものの狭間の世界を堪能する。

オープニングの挨拶でYCAMの館長さんが言ったコメントが印象的だった。『初めは変な作品だなぁと思ったのですが、毎日見ているうちにだんだんと好きになってきて、山口からなくなってしまうのが寂しかった。』

ゆっくり、じっくりみることでだんだんと作品の良さが染みてくる。そんな不思議な作品である。

坂本龍一 × 高谷史郎「LIFE – fluid, invisible, inaudible…」
会期:2007年9月15日〜11月4日
会場:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] ギャラリーA
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
TEL:0120-144199(フリーダイヤル)
開館時間:10:00〜18:00(金曜日は20:00まで)*入館は閉館の30分前まで
入場料:一般・大学生500円/高校生以下無料
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合,翌日)
http://www.ntticc.or.jp

Text: Wakana Kawahito
Photos: Ryuichi Maruo

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE