メタモルフォーゼ 2007

HAPPENING

夏の終わり、8月25、26日のメタモルフォーゼ2007に行って来た。8回目となる2007年、いつもと違っていたのは、人の多さだった。
元々大きなイベントだけど回を重ねて本当にメジャーになって来たのかな?何かのブーム?などと思いながら入場する。

メタモルフォーゼ


初回〜8年前を思い出すと、今も昔もメタモルフォーゼの空気感は一貫していると思う。それは、こんな大きなイベントを作っている人たちが作っているのだろうか。私はその空気が好きで毎年やってくる人の一人である。

普段は観たり聴いたりしないものに出会える、富士山の麓、非日常の世界。
イベントを通じて色々な思い出がある。それは音楽の思い出だけではない。

メタモルフォーゼ

メタモルフォーゼには3つのステージがある:
SOLAR STAGE(メインステージ、大規模なライブ等)
LUNAR STAGE(屋内、DJ、ラップトップ、VJ等)
PLANET STAGE(一番野外レイブらしいステージ)
それぞれ特徴があって、どこも面白い。

メタモルフォーゼ

今年はまず丁度夕暮れが終わりかける頃に、SOLAR STAGEでROVOを観て、最初から気分が良くなってしまった。

メタモルフォーゼ

ビールを飲みつつ、AUDIONを聴きにLUNAR STAGEに移動する途中の道に四角い白い箱に自分の影を映して遊べる楽しいインスタレーションを発見。IMGSRCの「CUBE Ibstallation Prototype」という作品だった。
ここは毎年社員旅行がメタモルフォーゼとのことで、折角なら今年は何かやってみようということになったとのこと。プロセッシングという技術を使っているらしい。夜道に美しかった。

メタモルフォーゼ

デコレーション色々、
上左:PLANET STAGEに行く途中のデコレーション(黒沢組) 
上右:地下道を通る人に反応するイルミネーション(濱哲史)
二段目左:光る椅子(多摩美の学生)
二段目右上:デコレーション作業を終えて、乾杯する人たち
二段目右:黒沢組の人間ミラーボール
下左:テントを飾る人たち
下右:黒沢組の道に沿ったイルミネーションと、IMG SRCの作品
その他、IAMASの学生によるインスタレーション作品など色々面白いものがある。

メタモルフォーゼ

リッチー・ホウティンはやっぱり聴きたいと思い、酔いをふりきってSOLAR STAGEに戻ったが、期待を裏切らず素晴らしい時間を過ごせた。

この後、O.N.O (THA BLUE HERB)、Q’HEY、ダレン・エマーソンとLUNARステージに居座る。

メタモルフォーゼ

音はもちろん、レーザーとVJがすごくて、観ているだけでテンションが上がる。特にダレン・エマーソンのDJ、宇川直宏のVJは強烈だった。
疲れたら、裏にある温泉に入ったりもした。(温泉まで音が聴こえる!!)

メタモルフォーゼ

明るくなってから、今回初めてPLANET STAGEへ行ったが、ステージからステージへ移動する運動量がすごくてぼーっと座り込んでしまった。CALMの美しい音が聴こえてくる。。

友人たちの感想を聴くと、MODEL500が最高だった人、MayuriさんのDJが最高という人など様々だった。

イベントも終わり、東京に戻ると、高円寺阿波踊りが開催されていて再び非日常世界へ戻ってしまった。
そういえば、2000年にはじめてメタモルフォーゼにいった帰りも高円寺は阿波踊りの日で、レイブと阿波踊りは何かが似ていると思った記憶がある。

今年はあまり踊らなかったので、なんとなく不完全燃焼だった。来年は完全燃焼するぞーと思いつつ++

METAMORPHOSE 2007
日時:2007年8月25日〜26日
会場:自転車の国 サイクルスポーツセンター(静岡県伊豆市修善寺)
http://www.metamo.info

Text and photos: PHIRIP [warabimochi lovers club]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE