シュレン・ザ・ファイア

PEOPLE

自然こそが人間の原点。人間も自然の一部だから。自然が最も美しい。
Shuren the Fire
札幌を拠点に活動するアーティスト「THA BLUE HERB」が運営するレーベル「THA BLUE HERB RECORDINGS」から、アルバム「My Words Laugh Behind The Mask」をリリースした同じく札幌在住のアーティスト「SHUREN THE FIRE」。アブストラクトなジャズのトラックに即興の詩をのせ、ラップする、新世代のヒップホップ・アーチスト。彼の活動は音楽にとどまらず、他分野でのコラボレーションなど確実に活動の幅を広げつつある気鋭クリエイターの1人だ。

Shuren the Fire


まずはじめに自己紹介をお願いします。

SHUREN THE FIRE。ラッパー、トラックメーカーです。

SHUREN THE FIRE という名前の由来は?

マンガ「北斗の拳」の中のキャラクター“炎の朱蓮”を英語に訳したものです。

THA BLUE HERBレーベルからリリースにいたったきっかけは?

1996年年頃、彼らがFMでやっていたヒップホップ番組に衝撃を受けて、自分でもラップを始めました。デモテープを作って番組に送ったところ、それが放送されて、その後彼らのライブやスタジオに足を運ぶようになりました。2000年に初めてアルバムを作り渡したのですが発売されず、2002年頃次のアルバムを作り、もう一度渡したところ、発売されることになりました。

そうして2003年にリリースされたファーストアルバムでは、ジャズの要素やリリック(詞)からは、いままでのヒップホップとは一線を画したオリジナリティを感じます。それは意識的なものでしょうか?

中学生の頃から家にあったジャズのレコードをよく聞いていたし、自然に昔から好きでした。また「U.F.O」や「BUCKSHOTLEFONQUE」など、ジャズとクラブミュージックをミックスしたものがとても好きでした。リリックについてはヒップホップというより、ビートニクスやシュールレアリズムの雰囲気が好きでした。それらがミックスされてると思います。結局、自分が好きなものを組み合わせて詰め込んだ結果が、オリジナリティーにつながったのかもしれません。

何かコンセプトはあったのでしょうか?また、制作はどのようにしたのでしょう?

コンセプトは“ジャズの再構築”。好きな曲を材料にして、好き勝手にコラージュを作る感覚。あえて著作権などの事は考えずに、自分の好みに素直に従って作りました。その結果、著作権のクリアランスを取るのに、大きな手間と、時間と、お金がかかり、最終的に発売されない曲も多かったです。
制作に関しては、トラックは主に、レコード、CDからのサンプリングに生楽器を重ねたもの。その上にラップをのせました。録音は全て自分で行い、ミックスダウンとマスタリングだけ、エンジニアにお願いしました。

リリース後の反応はどうでしたか?

反響はとても良かったです。全国をツアーできたし、今もこうしてSHIFTと関わるきっかけになっているので、とても感謝しています。

楽曲「暁に弓を射る俺は雪原の狼」など、自然への敬意、オマージュというのがリリックやサウンドからも感じます。自然環境からの影響というものはありますか?

自分は子供の頃から、キャンプや川などで遊ぶ機会が多かったし、今もそれは変わりません。自然こそが人間の原点であるし、自然を抜きにして人間は成り立たない。人間は自然の一部であり、自然は人間の全てだと思います。
北海道の自然は夏と冬の両方の良さや厳しさがあって良いと思います。冬があるから春や夏の喜びは倍増するし、また冬には冬の楽しさもある。秋の美しさも格別。自分は、自然が最も美しいと思っているし、人間も自然の一部だから美しいと思っています。

ライブパフォーマンスでマイクパフォーマンスなどの評価も高いですが、音楽制作とライブでの違い、意識していることは何でしょうか?

正直、自分に対する評価が高いのかどうかは分かりません。音楽制作とライブでの違いについては、ライブでは音と自分の関係の中に他人が入ってくるので、自分が意識しているのは空間に対して音をどのように響かせるかということです。
制作については、純粋に音を楽しむこと。自分の感覚のみを手がかりにして制作していきます。

最近では、彫刻家の国松希根太とのライブパフォーマンスなどのコラボレーションも行っていますね。国松希根太とのコラボレーションについて教えてください。

国松希根太との出会いは、彼の札幌での初の個展の記事を新聞で読み、興味を覚えてギャラリーに足を運んだ事です。会場に着くと、彼は僕の事を知っていて、何度か僕のライブを見た事もあるし、この個展の作品は僕のアルバムを聞きながら作った物だと教えてくれました。僕はなにか運命的なものを感じて、それ以来彼と親しく遊ぶようになりました。当初から、いつか一緒に何かやりたいねと話していたのがあのコラボレーションで実現しました。僕は音で彫刻を作り、希根太は木で彫刻を作る。それがコンセプト。

自身のアルバムジャケットも自身で制作するなど、音楽だけでなくアートでの表現活動も行っていますね。今回カバーデザインも手がけてもらいましたが、今回の作品について教えてください。

自分は何かを作ったり、それを発表したりする事で、少しでも人生が豊かになれば良いと思っています。今回の作品のタイトルは“BIRD OF SILENCE”。ダンボールに色を塗り、それを切ったりはったりしている過程で、自然と鳥を作る結果になりました。ダンボールの鳥が黙って空間に静止している様子から”静寂の鳥”ということばが浮かびました。

最後に今後の活動予定について教えてください。

今後は新しく作った曲や絵については、ホームページで発表していきます。新しい曲ができ次第ライブもやる予定です。今は、映像も撮りためているので、いつか編集して発表したいと思っています。CDのリリースは、今のところ未定ですが、そのうち必ず発表します。

SHUREN THE FIRE
http://www.shurenthefire

アルバム「My Words Laugh Behind The Mask」はアマゾンで購入できます。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE