とうめいのかたち展

HAPPENING

自分のそば気持ちの良いモノがあると、それだけで、ひとつ人生得したような気がする。
「The Forms of Transparency とうめいのかたち展」は、東京周辺の小規模製造業者と若手デザイナーが共同で製作した家具やプロダクトのプロトタイプのエキシビション。

_MG_8405_jpg.jpg
Photo by Koji Sakai 


この展示をプロデュースしているのは、ファクトリープロジェクト。このグループは2002年より活動を開始。その内容は、建築家、デザイナー、写真家、編集者まで幅広い有 機的なネットワークによって、商品開発から、展覧会のプロデュース、 グラフィック、ウェブ・デザイン、建築、インテリアデザインまで、総合的なクリエイティブデザインの母体となるべく活動を行っている。これまで、オリジナル・プロダクトの開発および展覧会を実施。このグループには小規模製造業者や、職人達が蓄積してきた技術を、共同作業を通じて継承・発展させていくという目的もある。2006にLLP(有限事業責任組合)に登記し、建築家6名+インテリアセレクトショップオーナー1名を中心に運営されている。

「The Forms of Transparency とうめいのかたち展」は、アクリル加工業を営む株式会社さくら樹脂と若手デザイナーが共同で製作した家具やプロダクトのプロトタイプのエキシビションである。札幌展が市内中央区円山にあるアート施設CAI現代美術研究所で開催。行ってみた。

展示スペースに入ると、全壁面に比較的小型のプロダクトが展示されており、中心部には大きめのものが展示されている構成。壁面からゆっくり見ていく。

こういったアート性の高いプロダクトの展示会というのは一見それほど珍しいものではないと思える。しかし本エキシビションは単にアートな展示ということではなく、展示されたプロダクトは、実際に「商品」としてインターネットや小売店を通じて販売を予定するプロダクトであるのが特徴だと思う。

一部、先行販売の製品のプライスリストがあった。1〜3万円代が多く、こういった展示の製品にしては非常にリーズナブル。1点ものでもなく、買いやすい値段設定…このあたりも、単なるアート展示ではなく、多くの人に日常生活の中で使用してもらう製品の紹介になっている。

どの作品も新しい時代のライフスタイルをリアルに体験できる、素晴らしい作品だった。技術的な説明をすると、これらの製品はアクリル重合法によりアクリル樹脂を反応・硬化させる技術を駆使した美しい透明アクリルで制作されており、若手デザイナーのデザインを株式会社さくら樹脂がきめ細かくし作品にフィードバックしながら出展品として作り込んでいった。

展示中で僕が特に気になったものを以下写真と、コメントで紹介していこう。

_MG_8279_jpg.jpg
cubic circle / Chiori Ito, Photo by Koji Sakai 

透明なアクリルの立方体に、カラフルな円の4分割した形が入っている。クリアなフォルムな中に色のアクセントがあるのが美しい。机上に置けば、良いオブジェになるし、積み木のように遊ぶことができる。色を揃えてきれいにまとめるのもいいし、わざとバラバラにするのもいいと思う。

HAR_0901s.jpg
table lamp ari-tsugi / Atuko Kiuchi, Photo by Jin Hosoya

透明な部分が発光するテーブルランプ。下半分は木材となっている。アクリルと木の組み合わせはとっても魅力的。暖かさや優しさが感じられる。目立たないところだが、底の床に接する部分のデザインの細部も美しかった。

_MG_8419_jpg.jpg
acrylic basin / Ichiro Harada, Photo by Koji Sakai

SF映画の宇宙船の中にあるような洗面台。人間にとって不可欠な「水」を、顔を洗ったり、歯を磨いたり、する大切なスペース。僕は気分転換のためによく顔を洗うので、こういう洗面台があれば、より気持ち良い生活ができると感じた。

HAR_0931s.jpg
mini book “tomei no Katachi”/ Kayoko Takeo, Photo by Jin Hosoya

これは展示会で販売されていた図録的なリーフレット。表紙まわりなど印刷加工の凝ったもので、僕はエディトリアルをやっているので、ついつい目がいってしまう。こういった展示以外のこだわりが楽しく感じた。

本エキシビションは、札幌・東京ではもう終了だが、5月21日より大阪での展示が開催される。興味のある方はぜひ足を運んでもらいたい。本エキシビションは、ただのプロダクトの展示でだけではなく、「新しい、そしてより良い製品のありかた」の「コンセプト」も同時に紹介されていると思うからである。

「とうめいのかたち展」札幌展
会期:2007年4月14日〜30日(日曜休館・入場無料) 
時間:13:00〜19:00
オープニングパーティー:4月14日 18:00〜
会場:CAI現代芸術研究所
住所:札幌市中央区北1条西28丁目2-5
TEL:011-643-2404
主催:The Forms of Transparency展実行委員会
共催:株式会社さくら樹脂

「とうめいのかたち展」大阪展
会期:2007年5月21日〜6月1日(19・20休館)
時間:10:00〜18:00
オープニングパーティー:5月18日 18:00〜20:00
会場:株式会社インターオフィス 大阪支店/ショールーム
住所:大阪市西区北堀江1-19-1八光心斎橋AIRビル
TEL:06-6532-7001

Text: Shinichi Ishikawa from Numero Deux

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE