オプトロニカ 2007

HAPPENING

何かしら新しいもの担い手になった気がするのは、いつでも心を踊らす。アートやファッション、デザインの流行は、やって来ては過ぎ去って行くものであるが、そこには常にアーティストが未知の領域に足を踏み入れたり、また少しずつ押し進めて開拓していくものがある。私たちの相棒、コンピューターもその1つである。どうやら何かとても面白い冒険がAVの分野で試みられているようである。そこではアーティストがプログラミングや最新のソフトを駆使してながら映像とサウンドを融合し、彼らの表現の手段を試行錯誤している。

op1.jpg
Optronica Lounge / Photo: Lisa Loco

オプトロニカ・フェスティバルが先日ロンドンで開催され、この新しいアートフォームの発表の場となった。聞き慣れた言葉では「AV」、このオプトロニカでは「オーディオ・ビジュアル」と表現されたこのプログラムは5日にわたってライブパフォーマンス、トーク、アニメーションの上映やVJのワークショップを交えて催された。

ライブ演奏、それだけでも充分な迫力であったが、映像が加わることにより、アーティスト自身にとって突然仕事量が増えたようだ。音と映像、どちらが先にくるのだろうか?映像が音を導くのか、またはその逆も然り?この2つの相互作用とは?そして、オーディエンス側としてはどのように楽しむべきなのだろうか?

全てのこういった疑問がオプトロニカ・フェスティバルでさらに顕著になっていく。アート、映画、音楽、DJ、VJといった、それぞれがいくつものメディアにまたがって、多彩なかたちでAV分野に携わっているアーティスト達の手によって。

op1.jpg
Trevor Jackson and RGBPM / Photo: Joe Plimmer

フェスティバルは水曜日の夜、ブリティッシュ・フィルム・インスティテュートの巨大なIMAXシアターで始まり、レモン・ジェリーとDJで音楽プロデューサーでもあるトレバー・ジャクソンの2人のデュオへの期待は非常に高く、チケットは全て売り切れとなった。両氏共にビジュアル分野よりも音楽界での偉業で知られているが、それは大胆で勇気のある口火となった。スケールの大きなスクリーンに加えて溢れ出す大音量の音響システムが観衆に解き放たれ、レモン・ジェリーの「lota」(抽象的な要素の創造力)、そしてトレバー・ジャクソンの「BGBPM」共に鼓動の高鳴りを感じさせる幾何学的な抽象で大きな印象を与えた。IMAXスクリーンの素晴らしいスケールの大きさには釘付けになり、飲み込まれる感覚を感じざるを得ず、持続するテストパターンが最後まで続いていくといっても過言ではないが、それでも観衆を魅了して止まない。開始直後のぼうっとした感覚が収まると、断続的に大音量のハウス/テクノが鳴り始め、それはむしろ映画館にいるというよりも、クラブの快適な椅子に腰掛けているような感覚である。誇張するつもりはないが、音楽業界の第一人者たちが彼らの音楽に2000ピクセルの大キャンバスの映像を加えて何が起こるのか、それを経験出来るのは素晴らしいことである。

op1.jpg
Semiconductor / Photo: Joe Plimmer

こういったスタイルのパフォーマンスは好みが分かれるかもしれないが、UK在住のアーティスト、セミコンダクターによって引き継がれた夕方の部は非の打ち所のないものであった。愛嬌のある都会派カップルは、NASA宇宙科学研究所にいた頃に手に入れたソース源を元に太陽の表面の太陽光のイメージからなるアニメーション、「ブリリアント・ノイズ」とタイトルづけられたとても魅惑する作品を含め、2つのAVパフォーマンスを行った。太陽の表面は、最小限なバン、ビシっ、ヒュー、シャーといった電子音を伴って赤々と輝きながらゆらめきをくりかえし、この舞台に最も適した、まるでIMAXスペースドキュメンタリーの番外編のようである。アーティストのルース・ジャーマンとジョセフ・ゲルハルトは彼らの作品を「サウンド・フィルム」、音がコンピューターのコードを触発して行動に導き、微かに動くピクセルをコマの連続へと変換し、または抽象的な色の断片で好き放題に楽しむものと話す。

op1.jpg
Addictive TV

金曜の晩のオプトロニカでは、Addictive TVがIMAXを乗っ取り、数千のキャストや「City Of God」、「アメリ」、「Get Carter」などの映画で催眠的な映像のマッシュアップのパフォーマンスで魅了した。ペースを上げそして激しく、このデュオは映画からの陽気なオリジナルサウンドも吹き込みながら、ボリュームの大きなハウスサウンドでシーンを変えながら、記憶に残るシーンの集中砲火で観賞するものを虜にした。

op1.jpg
Peter Greenaway

引き続いて映画界の有名人でもあるピーター・グリーナウェイが新しいライブシネマパフォーマンスを見せた。「the Tulse Luper ‘stories’」といウランについての一時間のショーで、それにまつわるある男の旅。インクや血、腐った死体から女性の下着といった変わったものの詰まった、きっかり92個のスーツケースの中身を見せていくことによって描かれていく。例によって、グリーナウェイは説明し過ぎたり筋道を立てるわけではないが、いつも通りに、とても美しくて豊かな比喩表現である。特筆すべきなのは、彼の使った相互に作用するデバイスである。ビジュアルを操作するタッチスクリーンは、通常パフォーマンスをする裏で見慣れたラップトップと明らかに違って素晴らしかった。

op1.jpg
Reactable

一方で小さめな劇場でも、見逃せないライブパフォーマンスが繰り広げられていた。バルセロナ在住の「インタラクティブ・ソニック・システム」による「リアクタブル」という楽器の演奏だ。キャプテン・カークとスポックがエンタープライズ号で共演するだけでも拍手喝采ものではあるが、情報では伝説的なボブ・モーグも携わっているという。透明なプラスティックが円形のバックライト付きテーブルに変化し、それぞれの音がそれぞれの形と呼応を繰り返し、表面を色鮮やかに彩ってく。未来のミュージックマシーンの様で、今ままでみたことのない音と光の同時競演は、最も魅力的な互換性のあるAVの試みであったと言える。さらに大切なことは、パフォーマンスとしての完成度、パッと見では音がどのように変換されているのか分からないことが物語っている。

リアクタブルのパフォーマンスは会期中に何度となく映画会場からほど近い場所で披露された。訪れる人にとって、カウチやお菓子で寛ぎながら、幅広くインタラクティブ・インスタレーションを楽しむリラックスのできる空間であった

土曜日のプログラムは「ビッグ・イン・ジャパン」と名付けられた日本のVJやマルチメディアシーンを見極めるものとなった。むしろ安っぽいとも言える日本のアニメーションで幕を開け、おきまりの自然や羽ばたく蝶をポップな2Dで描き、さらにアンバランスな3Dのビデオクリップの狂想曲。ライオンやドラゴンがぞっとするほどに粘っこいレイブトラックに合わせて踊り回る。きっと、Addictive TVが笑いを取る為に流したのだろう。冗談はさておいて、アーバンカルチャーのジャングルでもある東京などには、これ以上に面白い作品があるはずなのにという印象だけを残した。

op1.jpg
Ryoichi Kurosawa / Photo: Finckh&Neye

その後を引き継いだ黒川良一は、期待を裏切らない、とても魅力的なライブパフォーマンスで魅せ、それを証明してみせた。推測不可能なこの若者は、ここ数年アーティストとして精力的に活動している。驚くほど効果的に2つのスクリーンを操り、色彩、光、動きともに豊かで、館内を引き裂く音のリズムが文字通りにデジタルのキャンバスを引き裂かれているようであった。

op1.jpg
EBN at Club AV / Photo: Lisa Loco

夜はまだ続いていき、ICAによるクラブイベントに取って代わって、最終日のクロージングパーティーでは名だたるDJやVJを迎えて気楽なクラブへと様変わりし、観衆を遅くまで楽しませていた。

この会期中に目立ったアーティストとは、決して革新的、ビジュアル的に優れた、または技術的に突出してわけではない。彼らはアイデアを作品として形作ることに長け、そしてサウンド、ビジョン、テクノロジーを駆使して表現することに優れていた。

フェスティバルの主催者、フランソワ・ラミーはこう話す。『このOptronicaがVJフェスティバルやそういった種類のものと受け取ってもらいたくはないんだ。AVの新しい言葉を発表する場であり、視聴覚の全ての構成といった、より大きな観点からみてほしんだ。』

ライブデジタル表現の一つであり、結果がどうであろうと、とても新鮮で刺激的であり、新たな道を切り開いていく限り、楽しませ続けてくれる探求であろう。

The Optronica Festival 2007
会期:2007年3月14日〜18日
会場:BFI Southbank, BFI IMAX and ICA

Text: Peta Jenkin
Translation: Yoshitaka Futakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE