セントラルマーチンズ卒業生展

HAPPENING

124londonsmall01.jpg

セントラルセントマーチンズ美術大学のサウサンプトンロウキャンパスで、現役生&卒業生展が開かれている。同校はロンドンのアート大学の中でも著明なデザイナー、アーティストを多くコンスタントに生み出していることでも有名なおしゃれカレッジ。2007S/S ロンドンファッションウィークでも一躍注目を浴びたクリストファー・ケーンやマリオ・スクワブなど、 華々しく活躍する卒業生たちの名前をあげるときりがないくらいである。


現役時代から、クォリティの高い作品が次々と生まれてゆくのも、学内、学外のコンペに作品を積極的に発表するよう奨励されているからだろか。「Direction 2007」と題されたこのエキシビジョンの中でも、すでに商品化が決定しているプロダクト、名のあるアワードを受賞している作品などが見られた。

124londonsmall02.jpg

セラミックデザイン科ではニュージーランド出身のパトリック・モリスの「ハンギングガーデン」が目を引く。天井からさかさまに吊るされたプラントが並び、それぞれきちんと植物をホールドしている様は、シュールで意外性たっぷり。水をやっても、こぼれてこないというクレバーなデザインで、2006年のUKニューデザイナーズエキシビジョンのセラミックアワードを受賞した。まっすぐ重力の方向にのびるランの花を眺めながら、植物は光のさす方向にのびるはずでは?と疑問に 思ったのだけれど。

124londonsmall03.jpg

同エキシビジョンでニューデザイナーオブザイヤーを受賞したのは、プロダクトデザイン科のトム ステイブルス。手のひらサイズのかわいらしい一眼のプロジェクターは、デジタルカメラにつなぐとその映像を、フラットな場所ならどこにでも投影してくれるという優れもの。需要が高そうな作品といえるのでは?ま た、ステイブルスの、カードをクリップしたり、鍵を飾っておくフックがついたス イッチプレートのデザインも、ありそうでなかった楽しい作品。

124londonsmall04.jpg

ファッション科はロレアルのスポンサリングによるセントラルセントマーチンキャットウォークの一連のプロジェクトを写真により展示していた。デザイン画から始まり、パターンカッティング、テキスタイル、キャスティングにメイクやフォトシューティングと、ひととおりの行程が、それぞれの学生のコラボレーションにより進行してゆく。この卒生展からハロッズアワードやロレアルアワードを受賞し、コレクションにデビューしてゆくデザイナーも少なくない。

124londonsmall05.jpg

ファッション、プロダクツのみでなく、グラフィックデザイン、ジュエリー、パ フォーマンス、写真、ファインアートなどそれぞれの枠の中で、物作りのエネルギーが溢れている。おそらくは、カリキュラムや講師のレベルだけではなく、ひとりひとりの学生のもつ物作りの情熱や、表現への情熱が影響しあってよい土壌となっているのだろう、と納得するのに十分なパワーを感じるエキシビジョンであった。

DIRECTION 2007
会期:〜2007年3月17日
会場:Central Saint Martins College of Art and Design
住所:Southampton Row London WC1A 4AP

Text and Photos: Sayaka Hirakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE