FIX・MIX・MAX!展

HAPPENING


ここ数年札幌は11月にアートの催しが集開催されることが多い。アートに興味があって、札幌に訪れようという人は、このシーズンを狙ってみるのもいいだろう。地元のアートを楽しんだり、作家と交流できる機会が多いからである。

今年11月に開催された現代美術の展示会「FIX・MIX・MAX!」(現代アートのフロントライン[最前線] )を紹介しよう。本展示会は道外のアーティストを招きながらも、あくまで札幌の作家を中心に紹介されている。展示をプロデュースする実行委員会のスタッフも札幌のギャラリーが中心となっていて地元主催の展示会だといえる。会場は北海道立近代美術館。市内中心部では最大規模の展示スペースを持つギャラリーである。気になった作品を5点ほどピックアップしてレポートしていきたいと思う。

まず入口が変わっている。通常オープンなっているところがドアがつけられている。これは実は一番最初の展示作品、今村育子「わたしのおうち」の一部なのだ。来場者の中には「まだ工事中ですか?」と聞かれることもあるそうだ。

進んでいくと通常の展示空間に出る。ひとつの壁面の全面を使ったチョーク・ビアー「ALARMARAMA」がある。プラスチックシートを使った平面作品。人口的に作られたジャングルといった感じの迫力ある作品である。

伊藤隆介「Realistic Virtuality(Funhouse)」は、スクリーンに崩壊した街の様子の映像が投射されている。映像はゆっくり横に移動している。これは単なる映像作品ではなく、スクリーンの正面に廃虚の街の小さなセットがあり、これを動く小型カメラで撮影したものがリアルタイムに映像になって映し出されているのだ。セットの現物をみると模型だとわかるが、カメラを通した映像は異様にリアル。世界の終焉を感じさせるような作品であった。

セバスチャン・ザリウス「Untitled」は展示方法も個性的な作品の多い中、シンプルでカラフルなグラフィック作品を並べた作品。平面展示の基本ながら目を引くものであった。並び方は一見整然としているけど、ひとつひとつの作品がフレームからから飛び出すようなポップで元気の良さが感じられた。

端聡「過去は今によって変わり、未来は今によってII」。札幌のベテラン作家の作品である。壁面の平面作品のほかに目の前に譜面台のような作品がある。自分の印象ではその譜面から指揮を受けて作品が音楽のように壁面にうねりながら、広がっているように感じられた。

黒田晃弘「ひとの世界について、まだ、なんにもわからないな」。似顔絵を木炭で書いた作品。その自然なタッチと壁面を埋め尽くす展示数が圧倒的であった。その迫力と対照的な作品タイトルは作家自身が作品を制作する中で感じた、人間のひとりひとりが持っている多様性、奥の深さなのかもしれない。

今回の展示会は、札幌に住む人々が主体となって地元の現代美術の作家を紹介していくという試みである。難解なイメージのある現代美術をたくさんの人に見てもらって新鮮な刺激を受けて、楽しんで欲しいという主催者のコンセプトがあるそうだ。札幌の「観せる側」としての新しい動きとして、今後の広がりを期待していきたい。

僕が取材中、お年寄りや中学生の団体がスタッフの説明を受けながら展示作品を楽しんでいた。誰もが気軽に楽しめる現代美術展として次回にも期待したい。今回行く機会を逃した人は次回を楽しみに告知情報を待って欲しい。


「FIX・MIX・MAX!」現代アートのフロントライン[最前線]

会期:2006年11月10日〜19日
会場 :北海道立近代美術館
住所:札幌市中央区北1条西17丁目
参加アーチスト:今村育子 / 伊藤隆介 / 大竹伸朗 / 上遠野 敏 / 木村太陽 / 黒田晃弘 / 高 幹雄 / 武田浩志 / 端 聡 / 坂東史樹 / 真砂雅喜 / 祭太郎 / チョーク・ビアー / セバスチャン・ザリウス
www.fixmixmax.com

Text: Shinichi Ishikawa from Numero Deux

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE