DRAPアート 06

HAPPENING


1995年に創設されたDRAPアートは、変化する道具そして日常で使われた物やごみなどすでに使用したものを環境のために再利用していく方法としてのリサイクル品のアーティスト使用を再利用の新しい形態を発展し創造するために促進している非営利組織である。

国際クリエイティブ・リサイクリングフェスティバルは、バルセロナ・コンテンポラリー・カルチャー・センター (CCCB)にて今年の12月14日から17日まで開かれる。

このフェスティバルの趣旨は5つの形式で分けられており、ごみから作られたリサイクル作品の展示、公共の場への介入について(Pati de les Dones)、ライブパフォーマンス、ワークショップ(ホールとC3バーにて)、リサイクル品を用いたハンドクラフトなどを販売するクリスマスマーケットがCCCBホールで開催される。

このフェスティバルのプログラムの総仕上げに、今年、DRAPアートは一つの理論的セクションを入れており、“都会と環境維持”のタイトルの下、リサイクルされた物を使用し都会で活動している国際的アーティストや専門家と2箇所でテーブルディスカッションを行う。このディスカッションでは「NOW」(11月に開かれたMeeting in the present continuous)の枠組みに入り、CCCBによって組織されたシリーズ化した会議の一つである。

DRAPアートフェスティバルではまた、急進的な建築スタジオPATOアーキテクツが、芸術家のフリオ・セザール・パラシオとのコラボによって創られたオープンエアースペース(Pati de les Dones)の全体を使った展示も含まれている。
この展示は、天才的建築家リチャード・バックミンスター・フューラーのホームページでは、バックミンスタースクエアと呼ばれているものだ。


International Creative Recycling Festival
DRAP ART 06

会期: 2006年12月14日〜16日
会場: Centre for Contemporary Culture of Barcelona (CCCB)
www.cccb.org

Text: Julio Cesar Palacio from Panopttic
Translation: Keiko Fujitsuka

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE