SHIFT 2007 カレンダー

THINGS

フレッシュなクリエイター発掘を目的に、オンラインマガジン「SHIFT」の企画で2003年より毎年行われている「SHIFTカレンダーコンペティション」。本コンペティションの応募総数は回を重ねるごとに増え、4回目の開催となる今年は、世界49ケ国から1267作品が集まった。そこから選び抜かれた12作品がそれぞれの月を飾る、小さなアートブックのようなカレンダーとなって誕生する。

さらにそれらの作品は、三菱製紙株式会社の運営するグラフィックス作品プリントアウトセンター「PRINT’EM」の協賛により、「PRINT’EM」ウェブサイトでも1年間展示され、お気に入りのビジュアルは大判ポスターとして購入することができる。

また、2006年12月には、札幌のギャラリーカフェ「SOSO」で、PRINT’EMによりA0サイズにプリントされた珠玉の作品たちが展示される展覧会も行われる。

選ばれた12作品は以下の通り。作者のコメントと作品解説と共に、作品の数々をご覧下さい。


ジュン・オソン (日本)

1979年生まれ。愛知県出身、東京都在住。大学卒業後、デザイン事務所に勤務。退社後、フリーランスのイラストレーターに。現在は紙媒体に限らず、ウェブやTシャツのグラフィックなど多方面にて活動中。

作品解説:「無駄なものをそぎ落とす」という発想の仕方が好きです。ピーナッツ頭のヴィーナス、山、波、水色の背景。

森田明宏 (日本)

25歳。6月に上京。現在求職中。フィールドはドローイング、グラフィックデザインやウェブデザイン。

作品解説:以前、ヤン・チヒョルトが設計したオールド・スタイル・ローマン書体、Sabonの「g」の文字を眺めていた時、それが美しい髪のラインの様に見えました。そこからヒントを得て、Cuticle Sabonという作品を作りました。しばらく髪のドローイングを続けた後、イメージソースであった「g」の形へと還元すべくこの作品を描きました。

ジャッキー・ローチンハン (香港)

1981年生まれ、24歳。香港を拠点に活動するモーション・グラフィック・デザイナー。スクール・オブ・クリエイティブ・メディアを優等で卒業。奇妙で面白いものに興味がある。

作品解説:この作品のテーマは「習慣の生体構造」。体、ライフスタイル、習慣が、デジタル趣向に支配されている。もっとアナログになりましょう。

ハモニカビル (日本)

札幌在住。ハモニカビルはアートディレクター藤田直樹と、デザイナー小島歌織、男女2人のデザインユニット。2004年に活動開始。SADC新人賞(2005)、ブルノ国際グラフィックデザイン・ビエンナーレ入選(2005)、ショーモン・ポスター・フェスティバル入選(2005)、トリエンナーレトヤマ(2006)入選など。

作品解説:2006年、とあるきっかけから般若心経とアートのコラボレーションブックである「般若心経0-ゼロ-」のブックデザインを担当することになりました。今回の作品は、その本の告知ポスターに使用したビジュアルのひとつです。このシリーズには本作のメイドさん以外にも言葉遊びから生まれた様々ないきものたちが登場します。登場人物の背景やこの先に展開する物語を想像し、本作を楽しんでいただけたらとても嬉しいです。

ジョアナ・スウィアトロウスカ (ポーランド)

ポーランド出身、在住。クラコウ・アカデミー・オブ・ファイン・アーツのグラフィック・アート科を卒業。フリーランスのグラフィック・デザイナー、イラストレーター、ウェディング・フォトグラファーとして活動。

作品解説:ゲームのルール;プレイヤーは、途中でツール(連想)を集めながらボード上を進まなければならない。すると、ゴール(このクリエイターが言いたかったこと)にたどり着く。

トーマス・ガルシア (アルゼンチン)

1979年アルゼンチンのバイアブランカに生まれる。フィルム・コマーシャル・プロダクション会社に在籍し、広告、ビデオクリップなど、あらゆる広告メディアをデザイナーとして手がけてきた。現在はブエノスアイリスを拠点に、フリーランスのイラストレーター、グラフィック/モーショングラフィック・デザイナーとして活動し、最近スタジオ「セイントグラフィー」を立ち上げる。パートナーは愛犬とコーヒーメーカー。

作品解説:
おしまいの断片
たとえそれでもきみはやっぱり思うのかな、
この人生における望みは果たしたと?
果たしたとも。
それで、君はいったい何を望んだのだろう。
それは、自らを愛されるものと呼ぶこと、自らをこの世界にあって
愛されるものと感じること。
– レイモンド・カーヴァー(村上春樹訳)

中井良尚 (日本)

デザイナー。1980年生まれ。東京都在住。デザインワークと並行してグラフィックアート、タイプフェイスの制作、発表を行う。独自の文字を使った、ゆるくてやわらかい表現を追求しています。

作品解説:自宅近くの風景。光、空、風、花、土、水、そして温もり。すべてのものが混ざって、溶けて、いい日和が存在しています。

MrMr (イギリス)

イギリスのグラスゴー在住のMrMr。クリエイティブ集団「CAYDNSS」のメンバー。イラストレーターとして活躍する他、自身のアニメーション作品の制作や展示なども行う。

作品解説:あるクラブナイトに使われた即席のイラストレーション作品。

アー・ヤン (香港)

80年代、香港生まれ。IVEデザイン科を卒業。卒業後、グラフィックデザイナーとしての活動を開始。何かを探求するのが大好き。異なる表現方法を見つけようと模索中。変わる事は素晴らしい事と信じる。

作品解説:静かで美しい作品のテーマは「サイレンス」。人間の姿を描いた。力強さを表現するため太いブラシを使用。色彩のコントラストと空間のバランスがこの作品のポイントです。

横山博昭 (日本)

1977年 日本の岡山市生まれ。大学で建築を学び、2004年にフリーランスのDESIGNERになる。morldとして2005年より活動。CI・WEBサイト・イラスト・印刷物などを手がける。<!–アトリエは東日本橋にあるUchida Bldg complex内。–>人は、生きる中での様々な行動の動機の根源において、他者とのコミュニケーションを欲していると考えている。
『僕がものをつくるとき、もし意味の無い仕組みでできあがっている世界であれば、僕はそれをひっくり返して考えます。worldをひっくりかえしてmorld(マールド)という名前でものをつくっています。』

作品解説:まず自分の感じる気持ち良さにしたがって丸っぽいものをひとつ描きました。そのまま気持ち良さに従い、気持ちの良い大きさや形を、気持ちの良い距離感で、全体としての気持ち良さを感じながら次々と描きました。そして、気持ちの良い始まりを忘れないよう、最後に印を付けました。この気持ち良さは人生の至る所にあります。僕はそれを感じられるよう生きている気がします。

菊地和広 (日本)

1974年北海道生まれ。home inc.在籍。グラフィックデザイナー。広告媒体を中心とした仕事の傍ら、独自のフリーペーパーを通しての作品も展開中。

作品解説:「early faces」というシリーズの一作品。カレンダーとしての機能を使い果たしたら、自分の好きなカタチに切り取って、お面になるという“便利”なグラフィック。

カタルツーナ・ アンブロツィアク・ジャブロンスカ (ポーランド)

ポーランド出身のグラフィックデザイナー、フォトグラファー、プリントメイキングアーティスト。疑問を持ち、答えを探し、未知の分野や問題を探求し、異なるメディアを掛け合わせながら仕事をする。そのようにして、自分のコミュニケーション言語をつくる。

ファインアーツ・アカデミー卒業後、デンマーク政府奨学金を受け、コペンハーゲンのデンマーク・デザイン・スクールで学ぶ。その後「サーチ&サーチ・ポーランド」と「プリント・エクストラ」デザインスタジオに勤務。

作品解説:時間、空間と、その共存が、プリント、フォト、ビデオなど、手がける全てのアートフォームに置いて探求しようとしているテーマです。この「タイムスペース・トレース11」はタイムスペースの跡を明らかにしようと試みた大きなシリーズからの作品。

SHIFT 2007 CALENDAR
リリース:2006年10月20日発売予定
仕様:All Color / 28 p / 210 x 297mm
価格:1,360 円(税込)
企画・制作・販売:SHIFT FACTORY
取り扱い:SHIFT FACTORY の他、世界各地のセレクトショップにて販売予定。

SHIFT 2007 CALENDAR 展
会期:2006年12月4日〜28日
会場:ソーソーカフェ
住所:札幌市中央区南1西13 三誠ビル1F
TEL :011-280-2240
http://www.shift.jp.org/soso/

PRINT’EM
販売期間:2007年1月5日〜12月26日
価格:A0/13,400 円、A1/9,400 円、A2/6,800 円、A3/3,900 円(税込)
http://www.PRINTEM.org

※SHIFT 2007 CALENDARは、SHIFT FACTORYで販売予定。(10月20日より)

世界各地のショップでも販売予定。販売店も募集中です。お問い合わせは、 staff@shift.jp.org まで。

Thanks to +81, CBC Net, Creative Behavior, db-db, Design is Kinky, DEX, Heavy Backpack, Hint Fahion Magazine, iBlog, Japan Design Net, Netdiver, Praktica, Stash, TAXI Design Network, Urban Collective, Web Designing

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE