ベルリン・上海 展

HAPPENING


ベルリンはドイツで最大の都市であり、ヨーロッパ文化において最も影響力のある場所の一つだが、一方で中国の経済首都である上海では、目まぐるしい早さで超高層ビルの建設が進んでいる。では、ベルリンと上海の共通点は何だろうか?双方とも、強烈なアートシーンと共に、活力に満ちていて、急成長をとげている都市である。そしてそう、ドイツ人も中国人も、同じくらい自分たちのビールを愛しているのである。

このエキシビションは、ベルリン・チャイナ・カルチュラル・ブリッジズとコーオーディネーション・ベルリンの共催だが、その最初の開催によってベルリンは8419キロ離れた上海の、ベルリンに行ったことがない人、あるいはベルリンがどういうところか全く知らない人のまさにすぐ近くへやって来たのである。会場はヴァンガード・ギャラリーで、そこには高くまでポスターが貼られた灰色のセメントの壁がある。

ベルリンはプロイセン王国の首都として、13世紀からという長い歴史がある。今日ではそのフェスティバルや、美術館、自由な生活様式、毎年、老若男女問わずたくさんの観光客を引きつけることで有名である。

実際のところ、何がベルリンを魅力的たらしめているのだろうか?これは、若いグラフィックアーティスト、メディアアーティストらがベルリンを最もよく表現するポスターを制作する際に突きつけられる問いである。ベルリン・チャイナ・カルチュラル・ブリッジズの議長であるアンネ・ロティヒは言う。『ベルリンはここ数年で非常に国際的になってきていて、人種のるつぼと化している。それは文化の大きな変化を可能にした。』

デザイン/イラストレーションアーティストのオリファー・ヴィクナーは2年半前にベルリンに移ったのだが、オクトーバーフェストとは切り離してドイツを見るべきだと考えている。例えば、ベルリンには素晴らしいクラブシーン、インディーロックシーンがある。彼は加える。『ベルリンのストリートは無限だ。ストリートにはたくさんのガラクタがあり、みながそれを自由に取ったり、さらにガラクタを出したり、好きなように街の風景を変える。』

これまでで、ベルリン・チャイナ・カルチュラル・ブリッジズは中国の大学の教授のために、ドイツの大学でデザインのセミナーを開催してきた。また来年は中国のデザイナーのために夏期講座を計画中である。

目下のところ、4日間のエキシビションは様々な来場者があり、大きな成功をおさめた。ヤンナ・ファンは広告代理店のデザイナーで、2004年にベルリンに行ったことがあるため、このエキシビションに来たのだが、そのグラフィティ、東西ドイツの影響によってベルリンが魅力的めいているのだと考えている。

その33歳はこう記した。『その堂々とした建築とリベラルなゲイパレードによって素晴らしいコントラストがなされている。特に、ベルリンは論理と厳密性の元での野生がにじみ出ているように見える』。おそらく、人々をベルリンに引きつけるのはパーティであろう。人がさらに他の、急速に変化するメトロポリスに引き寄せられるように、私たちは上海を知るようになった。

2007年、この愉快なタイトル「どうして上海は中毒的なのか?」と名づけられた、第二回となるこのプロジェクトに来るといい。会場はベルリンで、今回の展示のアートワークは上海在住のアーティストの手によるものである。このプロジェクトを通して、両方の都市のクリエイティブなマインドによって、互いの独特で強烈なデザインシーンの中で持続的なネットワークが築かれることが予想される。

What Makes Berlin Addictive?

会期:2006年9月14日〜17日
会場:Vanguard Gallery
住所:No. 20 Cha Ling Bei Lu, Shanghai 200060
TEL:+86 21 5252 2551
http://www.berlin-china-bridge.com

Text and photos: Soh Wee Ling
Translation: Yuhei Kikuchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE