ニーブス・ブックス

PLACE

はじめて「ニーブス・ブックス」の名前を耳にしたのは、 東京の友人が経営する「No.12 Gallery」がニーブス・ブックスとコラボして「A World Zine Exhibition」を企画しているというのを聞いた時だった。
それからしばらくして、ベルリンのアートブックストア「PRO QM」で購入したジョッシュ ・ ペセリックのジン「Lispering」が、またもやあのニーブス・ブックス出版だった。



チューリッヒのホールストラッセにあるニーブス・ブックスのオフィス

白黒コピーをホチキスでとめただけのジン。かわいいけれど、どことなくノスタルジックで大人の雰囲気が漂うイラスト。ドキッとするような素肌に迫る写真集。ニーブスの出版物は日常的にデザインやアートブックに見慣れている目にも新鮮に映る。では一体何がニーブス・ブックスをそんなに際立たせているんだろう。そして、どうやったらこんなにたくさんの面白いジンや本が、スイス一小さいインディペンデント出版社から生み出されているのだろう。というわけで、日頃からニーブス出版への熱い思い入れもあり、興味半分でチューリッヒにあるニーブス・ブックスのオフィスを訪ねてみることにした。

実際訪ねてみると、2001年創立のニーブス・ブックスはアートブックやジン専門の個人出版社だった。創立者で経営者でもあるベンジャミン・ソマホルダーはアートディレクターでもある29歳のスイス人。

ホールストラッセのオフィスはコンクリートビルの一階にあり、ファサードはカーブした巨大なガラス窓で覆われている。その前には近所の中古車販売店のオレンジや青のビンテージカーが並び、60年代のガソリンスタンドみたいな雰囲気を醸し出している。オフィスの入り口にシンボルマークとして掲げられている看板はグラフィックアーティスト・映画制作者として有名なマイク・ミルズによるもの。

オフィスの中に入ると更にタイム・トリップ。古い木の家具の上に本が積み重なり、ポスターが壁一面を覆っている。奥の部屋にも本棚が壁一面を埋め尽くしていた。ここは一般の人が思い描いているミニマリストなスイス人デザイナーのオフィスとはほど遠い空間。どちらかといえば散らかったアトリエといった感じだけれど、それがまたなんともいえないくつろいだ雰囲気をかもしだしている。


ヴィトラ社デザイン家具カタログ「ホーム・コレクション」

オフィスのインテリアはスイスの有名グラフィックデザイナー、コーネル・ウィンドリンが手がけたヴィトラ社デザイン家具カタログ「ホーム・コレクション」に登場するインテリアを連想させる。このカタログでは、飾り気のない日常の生活スタイルに魅力と美を再発見している。実はベンジャミン本人もこのカタログ制作にスタッフとして参加しており、ニーブス・ブックスで紹介しているアーティストの作品がこのカタログを飾っている。

このオフィスから数えきれないジンと本が生み出され、ベンジャミンと同じ感覚を持った人々の手に渡っていった。

雑誌「zoo」で働いているとき、ベンジャミンはクリス・ヨハンソンのジンと出会い、これが自分でジンを作るきっかけとなった。もともとジンは1930年代のアマチュア出版から発達し、70年代後半のパンク全盛期に再復活。それからというもの、個人の作品を早く安く出版できるというDYI的要素が注目をあびてきた。ベンジャミンも費用とクオリティーを気にせず何人でも好きなアーティストを紹介できるところに魅力を感じているそうだ。又、ジンの手作り感と良心的な値段が、より多くの人とクリエイティビティを分かち合うことができる理由なのではないだろうか。


クリス・ヨハンソンのジン「I am glad for you that you exist」(ニーブス・ブックス出版)

はじめ、ベンジャミンはジン制作にあたって特にコンセプトはなく、ただ純粋にグラフィックを載せたかっただけだった。それが年を重ね、ニーブス・ブックスが軌道に乗り始めるにつれて、もっとアートを中心とした内容と厚みがある印刷物に時間をかけてみたいと思い始めた。以前は毎月3冊ジンを出版し、余った時間を本の制作に費やしていたが、最近はジンの出版数を減らし、マイク・ミルズの「Humans」のような薄型アートブックに専念している。この調子でいくと、百科事典を出版する日もそう遠くないかもしれない。


ステファン・マークス「I’m Starting to Feel Okay」(ニーブス・ブックス出版)

ついこのあいだチューリッヒのブティック「GRAND」が再オープンし、ニーブスから本を出したばかりのハンブルグのスケーター、ステファン・マークスの作品が店内に展示された。ベンジャミンはスイス人ヒップスターの人だかりにもまれながら、展示が設置されている店の奥の方でステファンの本「I’m Starting to Feel Okay」を売っていた。

お客が一通り去ると、ベンジャミンは近くの壁にもたれかかり、まるでダンスパーティーでよく見かけるシャイな男子生徒のように人だかりを外部から眺めていた。ここに誰か知っている人がいる?と聞くと、意外にもアーティスト以外見慣れない顔ばかりだという。この人はどちらかというと展示会で人と喋っているよりも、自分が選んだ作品に人々がどういう反応を示すか観察している方が好きなんだろうな、という印象を持った 。

shelfbooks.jpg
ニーブス・ブックス

ベンジャミンのオフィスで行なわれたライナス・ビルの「 Piss down my back and tell me it’s raining」出版記念パーティーでも同じ様な感じだった。今回はライナスの知人や、わたしのようなニーブス・ブックスのファンが集っている場だったけれど、相変わらずベンジャミンはもの静かにカウンターの後ろに立って本を販売したり、たまにそれについてコメントを寄せていた。口数が少ないのは、自身が手がけるアーティストや本に重きを置いているからだろう。パーティからパーティに飛びまわる社交家タイプではないけれど、華やかなシーンから一歩離れ自分の仕事に誇りを持つ職人タイプだということがよく見てとれた。謙虚な性格とはうらはらに、ベンジャミンには絶えず世界中に向けて創造性を発するパワーがみなぎっている。

ベンジャミンはインスピレーションを普段の生活から受けているという。例えばモーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」やトミー・アンゲラーの「すてきな三にんぐみ」のような絵本。それから日本から届いたお気に入りの一冊「表紙とカバー World Paperback Design」も見せてくれた。1960-70年代にポール・ランド、ディック・ブルーナ、ブルーノ・ムナーリ、ベン・シャーンなどの世界中のグラフィックデザイナー、イラストレーターによって手がけられたペーパーバック装丁デザインをまとめてある本だ。


ニーブス・ブックスのロゴ

ベンジャミンは、ありとあらゆる通信手段からシャットアウトされ、完全にリラックスしているときにインスピレーションが湧くこともある、と言う。黒いおばけが本を読んでいるニーブス・ブックスのロゴは、イタリアで休暇中に思いついたそうだ。ベンジャミンの良き友人でフリーランス編集者でもある林央子さんはブログに「彼自身が描く絵はとてもレアなのですが」と書いている。

他のインスピレーションは異文化からきているのではないか、と思ったのは、ベンジャミンのオフィスを訪ねたとき。35℃の猛暑のなかで(もちろんオフィスにクーラーなし)熱いお茶をすすりながらNHK教育TVの「ピタゴラスイッチ」を観ていたからだ。思った通り親日家だった。日本へは何回も足を運んだことがあり、タイクーングラフィックスでも2ヶ月間研修をしたことがあるそうだ。その後もロケットギャラリーで「Nieves Books Exhibition」を開催したり、数々の日本人アーティストとコラボしている。その中からホンマタカシによるプライベートな写真集「 Tokyo and my Daughter」と 林央子編集による「Here and There Vol.6」がつい最近ニーブスから出版された。


ホンマタカシ「Tokyo and my Daughter」 (ニーブス・ブックス出版)

この仕事をしていて一番嬉しいのは、気になるアーティストに本の制作の話を持ちかけて快く承諾してもらったときだという。もっと嬉しいのは、アーティストが自分と同じぐらい本の完成を楽しみに待ってくれている、ということを知った時。ニーブスのウェブサイトのアーティスト一覧からしてもわかるように、ベンジャミンの選択には並じゃない気合いを感じられる。

じゃあ、どうやってアーティストを選択・発掘しているんだろう?ベンジャミンが言うには、特に作戦があるわけでもなく、気に入った作品とアーティストを直感で選んでいるだけだという。本当のことをいうと、ただ自分の好きなことをしているだけなんて、なんと羨ましい仕事だろう。しかし、既に有名なアーティストを起用する背景には、その知名度にあやかってニーブスの名前や無名の新人アーティストを宣伝する効果も考慮されている。特に意識している対象層はないけれど、二十代から三十代後半までのデザインが好きなひとたちが主に彼の本を買ってくれているそうだ。


ジェフ・マクフェトリッジ「It Looks Like A Smile」(ニーブス・ブックス出版)

無名アーティストを選ぶときは、これからの活躍を見込んで起用している。インターネットをブラウズしているときに気になるアーティストを見つけることもあれば、キム・ゴードンのようにギャラリーを通して連絡をとるアーティストもいる。それから友人からアーティストを紹介してもらうこともある。コーネル・ウィンドリンはアリ・マルコポロスを、林央子さんはホンマタカシを紹介してくれた。ほとんどのアーティストが無償で作品提供をしてくれている。その見返りにニーブス・ブックスから自分の本が出版される。


アリ・マルコポロス「Slouching Towards Brooklyn」(ニーブス・ブックス出版)

それでも絶え間なしに世界中から、とくにアメリカとイギリスからポートフォリオがたくさん送られてくる。アメリカとイギリス、というのはこの二カ国に最もニーブスの本が分配されているからだ。オーストラリアのマシュー・チャップマン のように、こうやって送られてきた圧倒的な数の応募者の中からコラボが生まれたこともある。

ニーブス・ブックスでは多数のアーティストを紹介するだけではなく、最初の本が出版されたあとも同じアーティストと本を作り続けることに重点をおいている。オーストラリアのグラフィックデザイングループ「PAM」と作った二冊目の本は9月に出版予定だ。

クリエイティブ系だったら誰しもが刺激を求めてニューヨーク、パリ、ロンドン、ベルリンへ移住したがるのに、なぜベンジャミンはこんなスイスの田舎町にニーブス・ブックスを構えているんだろう?ベンジャミンは「チューリッヒをベースにしている素晴らしいアーティストはたくさんいるし、尊敬する老舗出版社「ディオゲネス」、「スカロ」、「シモネ」、それから大手出版社Ringierが最近始めたアート部門「JRP|Ringier」もチューリッヒに本社を構えている。ぼくはその一部分でいたい」と言っている。パリに行こうかどうか迷ったこともあるが、慣れ親しんだ街や友人と離れることを考えると決心がつかなかったそうだ。それにチューリッヒだったら流行に左右されることなく個性的な才能を育てる落ち着いた環境がある。


写真家ニコール・バックマンをはじめ地元スタイリストやメークアップアーティストによるファンジン「Stella#5」(ニーブス・ブックス出版)

小さい街から発信しているにも関わらず国際的なところがニーブス・ブックスが注目されている理由でもある。地元のイラストレーターで「Grrrr」として知られるインゴ・ギーツェンダンナーや写真家ニコール・バックマンの作品を紹介しつつ、アメリカ、オーストラリア、日本、ドイツなどからのアーティストもこのスイスで一番小さい出版社から紹介されている。又、ニーブスの本はパリのコレット、ニューヨークのPrinted Matter、東京のナディッフなどの世界中の書店やセレクトショップでみかけることができる。

こうやってニーブス・ブックスは新しい想像力を出版し、今となってはその影響は地図上でも芸術的にもどんどん国境を越えている。

ニーブス・ブックス
住所:Ankerstrasse 20, 8004 Zurich
TEL:+41 44 240 04 80
post@nieves.ch
http://www.nieves.ch

Text and photos: Nem Kienzle
Additional photos: Benjamin Sommerhalder, Joerg Koopmann

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE