ハドソン・パウエル

PEOPLE

ハドソン・パウエル」は、ロンドンを拠点に、コンセプトとメディアという2つの発展に力を入れるクリエイティブ・スタジオ。ただコンセプトを提供するだけではなく、メディアを拡大の道具として用いながら作品をプロデュースする彼らは、今年10月、札幌「ソーソー」にて、日本初の展覧展を行う。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

グラフィック・デザインの分野の広くにわたって、一緒に制作活動をしている兄弟、ルークとジョディです。

ハドソン・パウエル」は、どのように始まったのですか?

子供の頃から僕たちは、クリエイティブに関して刺激し合ってきました。大学を出てからも、それぞれの活動やプロジェクトで、定期的に関わりを持っていたのです。2004年中盤に、PJハーヴェイのミュージックプロモーションを共同でディレクティングしてからは、正式に一緒に活動をするべきだというのが明確になりました。


Marble Paper, T-shirt, MORE MARBLING

好きな活動分野は何ですか?

全てのプロジェクトは、それぞれ違った見解で取り組まなければなりません。それぞれの概要アイディアや必要性を伝えるのには、その都度異なる媒体を使う必要もあります。僕たちは去年からの間、インスタレーション、フィルム、プリント、インタラクティブワーク、ドローイング、ペインティングなどを手がけてきました。それが、うまく行くためのアプローチであり、プロジェクトを表現するためのより広い言語を与えてくれるものです。

インスピレーションの源は何ですか?

僕たちは2人とも、イギリスの西南地方にある田舎で育ったので、自然がいつも素晴らしいインスピレーションになっていました。ただ一般的に、何が日ごとにインスピレーションを与えてくれるものかは、わからないですよね。会話だったり、音楽だったり、経験だったり。曖昧に聞こえるかもしれませんが、僕たちにとってのインスピレーションは、鋭く目を光らせ耳を澄ませるということからきています。

スタジオが成功している秘訣は何ですか?

「ハドソン・パウエル」は、ロンドンの友人達とスタジオを共有していて、そのグループを「ハロー・スタジオ」といいます。お互いのプロジェクトでよく協力しあったりしているので、このスペースを活気あるものにするようなコミュニケーションや活動が、常にたくさんある状態です。「ハドソン・パウエル」の姿勢はこれに反映しているのでしょう。いつも新しいアイディアにわくわくしているということです。何か挑戦しようという動機があれば、仕事は面白さを保てます。


PV, P.J. Harvey

アイデンティティを制作する時に心掛けている事は何ですか?

どんなデザインをする時も、伝えようとするものやヴィジュアル化するものに必要なものを理解することが大事です。単一だったり一方的な方法ではなく、適応性があるダイナミックシステムを採用しています。だからといって、それは早く動くビデオグラフィックというわけではなく、メッセージがより伝わりやすいメディアを選ぶということです。テクノロジーはいつもコミュニケーションに影響していますが、現在の多くのコミュニケーションは、そういうメディアを最大限に利用してはいないと思います。

多くの会社のアイデンティティは、ロゴやカラーやフォントなど、とてもありきたりですが、デザインを施す際、どういった柔軟性があると思いますか?

ダイナミック・アイデンティティのコンセプトが面白いと思います。調整法や適応性が、システムを実際に動かすのに重要なキーです。アイデンティティが発展するには、伝えるものを常に問い続ける事が必要ですし、そのメディアが有効であるかどうかということも、このコミュニケーションに加わってくると思います。


Motion Graphics, MOTOROLA

クライアントやアーティストにフィルムの提供もされていますが、どういうところがが難しいですか?

ミュージックビデオやビデオグラフィックに対するアプローチも、全くプリントやウェブのプロジェクトと同等です。アイディアの後にヴィジュアルの実験がくるところなど。ただ、ひとつ大きくビデオで違うのが、やり直しがあまりきかないというところです。フィルムの作り直しは、常に可能なわけでは無く、できるとしても重たいファイルで時間がかかります。アイディアに対する絶対的な自信が必要です。

フィルムを作るのにはどれくらいの時間がかかりますか?

クライアントは、全てにおいて早い仕上げを望んでいるようです。ビデオやインタラクティブ作品をプリントものと一緒に展開するのであれば、大抵時間に余裕がありますが、ミュージックビデオとなると常に慌ただしいものです。
今年の始め、僕達は「モトローラ」の4分のモーショングラフィック作品を手掛けました。このプロジェクトにはたった2人で取り組み、約6週間かかりましたよ。モーショングラフィックス、イコール夜更かし。アイディアをシンプルにして集中するということが大事だということを、僕たちは苦労して学びました。

ウェブやインターフェイスも手掛けていますが、その仕事について教えて下さい。

僕(ジョディ)は、リアリティについてたくさん議論してきた場所である「バートレット」のバーチャル環境課で、MSCを学びました。そこでデジタルシステムに絞って費やしてきた時間は、これまでで一番知識を得た実験と言えるでしょう。そこでは、3Dユーザーインターフェイスに長い年月をかけて皆が取り組んできたのですが、多くの人が不器用で能率が悪かったのです。3Dのインフォメーションシステムを使って自分の仕事をすることで、スペシャルディスプレイやインターフェイステクノロジーについて、実際なにがどうして作用するかということを学びました。
2人とも、基本的なタイプやウェブを基本としたインターフェイスを手掛けるのには、充分プログラムに精通しています。何かプリントのデザインをした時に、それがどうやってインタラクティブや、タイムベースの環境に発展していくかがわかるのは素晴らしいことです。


Drawings

ドローイングも素敵ですが、主流ではないのですか?

ドローイングは2人にとって必然的なものです。2人ともドローイングに関しては考えたり、意識して努力したりしません。がファインアーティストだったので、いつもとても自然なクリエイティブのはけ口でした。鞄にはスケッチブック無しではいられません。ドローイングは全てのプロジェクトに対して、始めの息を吹き込む場所です。

ロンドンのグラフィックシーンについてどう思いますか?

ロンドンのグラフィックシーンは常に動いていて、周りにはいいものがとてもたくさんあります。ヘルシーだし刺激的です。ジェスロ・ヘインズ、サンダーソン・ボブニコラ・ペコラーロがいるこのスタジオの中だけでも、僕たちはいいものに浸っています。ロンドンにはとても重たい時期も過去にありましたが、今は前進しています。

日本での展覧会のコンセプトはどのようなものになりますか?

メインの展示は、まだ発展中ですが、「レスポンシブ・タイプ」というデジタル作品になる予定です。コンセプトは、タイポグラフィーを展開し、デジタル環境にどのように解釈されるかというもの。フォントデザインと翻訳テクニックはまだプリントをベースにしている状態です。ディスプレイテクノロジーを基本としたスクリーンに対して、より適合するようなタイプシステムを発展させようとしています。リアルタイムで文字に翻訳するシステムは、フォームをコンテキストに適合、反応させることができます。フォントは、フォームを単純化することで小さなサイズでもとても読みやすいタイプになります。そして複雑さを増していくと、もっと大きなサイズのフォント表示に自然に反応するというものです。

現在この展示応用を発展させるのに、素晴らしい人々とそれに取り組んでいます。トム・カーデンマイケル・チャン、そしてジュリエン・ガッチャドートです。また、そのフォントをプリントしたポスターと、これまでに披露した事のない個人的な作品も展示します。

「ハドソン・パウエル」が次に目指すものは?

僕たちはここまですごく楽しめているし、現在のプロジェクトはデザインやコミュニケーションに対しての考えを広げてくれています。この状態を保つ事と、そういう考えや楽しみがそれぞれのプロジェクトに現れるといいですね。

最後に、何かメッセージをお願いします。

コミュニケーションすること。気取らないこと。コンセプトに深みを持たせるような、そしてより多くの人にふさわしくなるような話しをすること。「ハロー・スタジオ」はいつでもオープンです。

ハドソン・パウエル
住所:Unit 3-4 Sunbury workshops, 25 Swanfield st., London E2 7DS, UK
TEL:+44 (0)207-729-6788
studio@hudson-powell.com
http://www.hudson-powell.com

ハドソン・パウエル「Responsive Type」展
会期:2005年10月17日(月)〜30日(日)
会場:SOSO CAFE (ソーソー・カフェ)
住所:札幌市中央区南1西13 三誠ビル1F
TEL:011-280-2240
営業時間:11:00〜21:00
入場:無料(飲食には別途料金がかかります)
協賛:BEAMS T, PRINT’EM

Text: Tim Engel
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE