NIKE 公式オンラインストア

アントニオーニ「ブロウアップ」展

HAPPENING


「BLOW-UP」といえば、60年代のロンドンを舞台に、いわゆる“スウィンギング・ロンドン”をスタイリッシュに、奔放に描いたカルトムービーである。その生誕40周年を記念した写真展が、フォトグラファーズ・ギャラリーで開催されている。

イタリア人監督のアントニオーニによる同作品は、まさに写真が大きなテーマとなっている。新進気鋭といった風の、なんとも傲慢なファッションフォトグラファ−が、ある朝公園で見かけた、若い女性とあきらかに年輩の男性の逢い引きシーンを、こっそり撮影したところ(このこっそり具合がとても気取っていて、コミカルで非常に愉快)、そこには重大な殺人事件の鍵が写り込んでいた。

実際はドン・マクーリンによって撮影された、12枚の公園のシーンがエキシビジョンのハイライトである。スクリーンの中では、フォトグラファ−自身の手によって現像、プリントをくり返すシーンが詳細に描かれている。広角の一枚から、じっくりと拡大鏡でのぞき、一部を拡大、さらに拡大プリントしてみると!という一連の写真がそこにある。拡大された部分の粒子の荒さまでまじかに見て取ることができる。

ギャラリーには2点の黄色を中心としたドローイングも展示されている。ストーリーにも登場するこの抽象画は、いくつもの色とりどりの点から構成されており、それが拡大された写真の質感とよく似ている、と登場人物からコメントされている。

『作品に意味を込めたりはしない、作品自体が勝手に意味を成すんだ、探偵小説の中で何か手がかりを探すようにね』というアーティスト自身の言葉も、一連の写真の役割とこのドローイングの関連性を連想させている。

その他の、フォトグラファーのセルフスタジオでのファッションシュートの場面は、アーサー・エヴァンズによる撮影である。成功とお金と女を手にするこの俺様的なフォトグラファ−と、ウィリアム・クラインやマリ−・クワントを彷佛とさせる60年代のファッション。当時のロンドンの、軽薄さやクレイジーさが、ここでよく描かれているように感じる。そして、映画の最後にフォトグラファ−が目にするのは、パントマイムでイマジネーションのテニスをする人たち。常に被写体を見つめてきた彼が、イマジネーションのボールを、それでもそれが行き交うのを、目で追い続ける。目に見えないもの、その真実と、そして少しのむなしさを感じさせてこのストーリーは終わる。それでもこの人はきっと、あくる日もカメラを手に取るだろう、と私は感じた。

Anotonioni’s Blow-Up:London, 1966- a photographer, a woman, a mystery
会期:2006年7月21日〜9月17日
会場:The Photographer’s Gallery
住所:8 Great Newport St, London

Text and photos: Sayaka Hirakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE