NIKE 公式オンラインストア

HEKTOR フィールド・トリップ

PEOPLE

東京の開発地区の一角にあるギャラリー「Information」で、クリエイティブユニット「Field Trip」によるドローイングマシーン「HEKTOR」のエキシビジョン&インスタレーションが行われた。

この「HEKTOR」というドローイングマシーンは、マシーンに装着されたスプレー缶が自動的に壁面を滑空し、、パソコンから入力されたイメージをスプレー缶によってペイントしていくという、少し変わったマシーンで、これまで世界各地でパフォーマンスを行い、今回日本で行われるのは初めてだ。


そして、今回の展示をオーガナイズし「HEKTOR」を使用してパフォーマンスを行ったのは「Field Trip」というクリエイティブユニット。アレックス・リッチとジョナサン・ハース、そして「HEKTOR」の開発者の1人でもあるユルグ・リーニの3人による共同プロジェクトでもあり、ロンドン、ローザンヌ、東京という地理的に離れたそれぞれの拠点を様々な形で結び活動していくという実験的な試みでもある。

そして、今回は彼らの中のアレックスとユルグから少し話しを伺うことができた。

まず初めに、「Field Trip」設立の経緯を教えてください。

アレックス:最初のアイデアは、当初ぼくたちは別々に仕事をしているものを持ち寄って、一緒に作業してみようというところから始まったんだ。

ユルグ:お互い別々のバックグラウンドを持っているのを持ち寄って分け合えると思ったんだ。

アレックス:普段はそれぞれ別々の国・スタジオに居ながら仕事をしているんだ。ぼくは東京、ジョナサンはロンドン、そしてユルグはスイスに居ながら連絡を取り合っているんだ。ぼくらのスタジオはバーチャルスタジオ的なもので、アイチャットや、素晴らしいテクノロジーのおかげで良好な関係を保っているよ。それぞれ違う所に住みながら一緒に仕事をするのは、少し興味深いことだよね。

では「HEKTOR」について詳しく教えてください。

ユルグ:まず「HEKTOR」は、コンピュータで制御されたスプレー缶で壁面に自動で絵を描く装置の名称で、壁に2台のモーターを取付けて、そこに渡したワイヤーの真ん中にスプレー缶を吊るして動かすんだ。これは少し変わったシステムで、普通のXYプリンターの原理とは異なっているんだ。

見た目はとても面白くて、壁の上を踊っているように動いて行くんだ。壁に描いているときのプロセスはみていてとても面白いし、いわゆるパフォーマンスツールみたいなものだね。なので、頻繁にエキシビションなどで使用することができ、観客が来て、その目前で描かれて行くプロセスを見るのはともて刺激的だと思うよ。そのペースはとても遅いので、ドローイングの過程の進行をゆっくり見ることができるんだ。

アレックス:さらに、それを操作するインターフェースも非常に面白いものを使ってて。(資料の実際に使われた操作画面の写真を見せながら)この赤いライン上をスプレー缶は移動して行くんだよ。

ソフトウェアも制作されてるいるんですよね?

ユルグ:そうです。実は、そういったプログラミングが一番得意なことで、14歳のときに真剣にプログラミングの勉強を独学ではじめて、また、映像と音に関しても勉強していました。大学はときはエンジニアリングを勉強し、そして、そういった事柄をよりクリエイティブな方向へ使いたいと思い、アートの方向へ進んで行ったんだ。

プログラミングしているときはとても論理的な作業で、構造についてとても考えるのだけど、これは、非常にシステマチックな作業なので、とても健康的だとはいえない。ぼくはこのプロジェクト(Field Trip等)のような共同作業やこういったエキシビジョンなどでバランスをとっているよ。

なぜ「HEKTOR」という名前にしたのですか?

ユルグ:これは言わなければいけないことですが、僕はこの機械を友人と一緒に作りました。なので、この作業は彼とのコラボレーションということになります。そして、彼とこのマシンの名前について話し合ったわけですが、このマシンについて一言で言い表せる良い名前とは何かと。

マシンを使って描こうと思った訳は?

アレックス:それは、設計の時も手で描くことはできるけどプロッターマシンを使うのと同じ事です。

ユルグ:でも手で描くより遅いよね!(笑)やはり、この作品で一ついえるのは描かれる過程を興味深く見せることができるということで、デザインを行っているときのストリームラインが表面に現れるということ。

アレックス:さらにこの装置は、レーザープリンターと似たところがあって、テクノロジーを駆使することは非常に面白いことでもあるし。あと、沢山のグラフィックデザイナーはとてもクリアーな作品をつくっていて、それは最近のテクノロジーの進歩と一致するところではあるのだけど、私たちはそんなクリアーなものを素晴らしいとはあまり思わなくて、そういったトレンドはとても退屈なものだと思うんだ。
でも、この作品は観客がこの場所にきて、描かれるところを見ることができるので、とても興味深いことだと思いうよ。

また、インスタレーションを行なって、どのようなリアクションが観客から返ってきましたか?

ユルグ:とても良かったよ。昨日はとても沢山の人が来てくれて、幾つかの技術的な問題があったんだけど、観客はとても喜んでくれたから。

日本以外の国ではどうですか?

ユルグ:やはり違うね。でもみんな前向きな反応を示してくれるよ。

グラフィティとの関係性は?

アレックス:それは特になくて、唯一共通しているのはスプレー缶を使用するくらいで、ペンを使ったドローイングもするし。そのくらいだね。

ユルグ:ストリートアートではないので、グラフィティ・アーティストとは違うんだ。ぼくたちは主にメディアベースで作品を作っているからね。

今後の予定は何ですか?

アレックス:まず、最初のプロジェクトは「Field Trip」のウェブサイトかな。

彼らがいうようにコンピュータやグラフィックソフトウェアなどの普及により誰もが似たり寄ったりの質感を持った作品を作り出すことが可能で、確かにどこか無機質で、クリーンな印象をもった作品が多く見受けられる。
そういった流れの中で彼らなりの解釈でテクノロジーを利用し、アナログなものと融合したり、デジタル処理だけでなく、物理的な動きをコンピューターによるドローイングに介在させることによってどこか個性的な作品を生み出すことに成功している。そして、出来上がった作品のみならずそのプロセスも作品自体に組み込まれていることによって、より観客の体験を豊かにしている。

例えば、このマシーンが世界のどこかへ設置してネットワークが存在している場所であればリアルタイムで彼ら「Field Trip」のグラフィティを制作可能だということも考えられ、その可能性はこれだけに留まらず様々な使用法を想像せずにはおけない魅力を「HEKTOR」は持っていた。

また彼らは他にも様々なプロジェクトに関わっており、特にウェブ上のプロジェクトでもある「scrollable-landscape」は非常に面白いもので、誰もが参加できるので興味のある方は是非ご覧になって欲しい。

Exhibition by HEKTOR with FIELD TRIP
会期:2006年4月14日〜4月16日
会場:ギャラリーInformation
住所:東京都江東区東雲1-9-17 CODANキャナルコート3街区 mYwaY 2F
入場:無料
主催・問い合わせ:トリコ
TEL:03-3532-1901
http://www.bytrico.com/info/

Text and photos: Yasuharu Motomiya

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE