レオナルド・ソラス

PEOPLE


つい最近まで、レオナルド・ソラスは、自身を「多目的人工物」と呼んでいた。職人でもありアーティストでもある、プログラマーでもありデザイナーでもある、生徒でもあり独学もしてしまう。そんな彼は、その多岐に渡る好奇心や技術の源は彼の2つの脳半球の絶妙なバランスによるものだと信じて疑わない。むしろ彼の非凡な才能によるものだといいたいだのが。

ブエノスアイレス大学での5年間に渡る哲学の履修から旅は始まった。プログラミングやデジタルアート、複雑なシステムを自分自身で習得。科学や哲学、政治学にも裾野を広げていった。アーティストとしては、「国際メディアアートアワード」(カールスルーエ/ドイツ)、「リードミー 100 ソフトウェア・アート・フェスティバル」(ドルトムント/ドイツ)、「トランスメディアーレ 06」(ベルリン/ドイツ)、「第5回メルコスール・ビエンナーレ」(ポルト・アレグレ/ブラジル)、「シュツットガルト映画祭」(シュツットガルト/ドイツ)といった、国内にとどまらずにたくさんの国際的な展示会に参加している。

職人として、レオナルドは、3次元のオブジェクトをデザインするとを好み、多彩な異なった素材を探し求めていく。自宅のキッチンに研究室を作り、そこで長年にわたって仕事をしている。彼は、ノートのカバーにも使っていたフルーツの果肉から作り出したフルーツペーパーといった、新しい素材の開発もしてしまう。また、水溶性の物質や合成/天然の繊維、香辛料、ハーブ、食べ物、羊毛、リネン等といった分野にも歩みを進めた。『内科医になることも考えたんだ。12歳の頃から科学が大好きでね。』と彼は話す。

レオナルドがコンピューターのアニメーションやプログラミングを始めてまだ3年程しか経たないが、既に幾つものローカルやインターナショナルな賞を受賞している。フラッシュを使って始めて作ったアニメーションは「ロードムービー」という短いミニマルな映像だった。『ジェネレーティブ・アートを始めてから、今は他のコトから離れてそういった分野に専心しているんだ。「Geopolio」という協同討論システム、公開討論に似ているけれど地理的に考慮したものになるかな。「m7red」っていう建築共同体と一緒に取り組んでいるんだ。』

『人によっては、僕の仕事は多種多様の異質なものに感じるかもしれないね。だけど、全てに通じて、1つの筋の通ったものなんだよ。』レオナルドは続ける。『バーグソンは、全ての哲学者は生涯にかけて、ただ1つの思想を抱え、全てはただそれを表現しようとした大きな試みである、と言っているんだ。自分も共感できる素晴らしい考えだよね。』

『最近取り組んでいる分野では、どういった結果が出てくるか全く予測出来ないんだ。』ソラスはそうコメントする。『ジェネレーティブアートと複雑な自立性を持ち合わせたプログラム。それ自身が生命を持っているんだ。』

ソラスの最新のジェネレーティブな発明、ドリームライン。それは精神分析学自由連想理論と自律的なシステムを織り交ぜた、休むことなく変化し続けるカラフルな動画、生命そのもの。『その画像はまさに混沌に近く、とっても面白いものなんだ。』レオはこう断言する。『ドリームラインは、どの夢を見るか選べるといった、ユーザーとの相互作用も持ち合わせているんだよ。その結果は造形的なものから抽象的なイメージへと、絶え間なく驚くべき動きになるんだ。』

『混沌の淵は面白いコトの起きる場所でね。もし全てが整った状態であれば何も変わることのないかもしれない、だけど、完全に無秩序な状態に理路整然性を見付けることは出来ないんだよ。』レオナルドはこう説明をする。『人生というのはカオスの淵に存在していて、秩序と無秩序を移り変わる場所であるんだ。生物学上、生命はいつも秩序/無秩序に挟まれた緊張状態にあって、それが生命を存在させているんじゃないかな。美しく複雑なシステムがどこかに存在しているんだよ。そして、その場所にだけ美しさがある。』

数々の国際的な賞にとどまらず、ドリームラインにはとても大きな反響があり、レオナルドのウェブサイトを訪れ、遠く離れた場所からメールでの仕事の依頼やブログでの紹介が後を絶たない。彼は「プロセッシング」のウェブサイトで、この言語のMITクリエーターの一人にも選ばれている。

ソラスの今後のプロジェクトは数知れない。彼は色と動きの探求を進めると同時に、今回はユーザー自身がコントロール出来る「ドリームラインの正反対」のものを作ってみたいと笑みを浮かべながら話す。『他には組織のコミュニケーション手段やディスカッションテクノロジー、集団心理力学、コンテンツのマネージメントシステムといったプロジェクトを考えているんだ。フリーランスのプログラマーやデザイナーとして働く僕にとっては、日々の仕事で使うもの同じ道具なんだよね。』

レオナルドの頭は疲れ知らずのようである。床に就いているときでさえ、彼の組織の1つ1つは何かよりよいものを生み出そうとしているに違いない。そんな彼は、これからも夢を抱き続けていくのだろう。

Text: Gisella Natalia Lifchitz

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE