ツァオ・フェイ「コスプレイヤー」

HAPPENING


本物の「アートスター」が香港でショーを開くのはどれくらいぶりだろうか。シェンワンの「パラ/サイトギャラリー」でツァオ・フェイが「コスプレイヤー」をやるのはおめでたいとも言うべきだ。広州出身の若いアーティストはここ数日ドイツから日本へ、そしてニューヨークのチャイナタウンまで飛び回り、香港で行われるこのユニークな個展の更なる成功を祈った。彼女は二月末のある週末に行われるこのイベントの司会をつとめることにもなっている。

彼女のもっとも有名な作品は中国の現代美術が一つにまとめあげられたような「コスプレイヤー」で、その内容は十代のコスチュームプレイヤーたちの現実を一連のビデオや写真にまとめたドキュメンタリーである。型にはまらない戦いやドラマチックな冒険の中で急速に発展する中国の南方の都市に対する反発を表現した。この作品は多くの展示会の中ですでに様々に実体化されていた。しかし今回のパラ/サイトでのショーは、ツァオはテーマに沿った環境を作り上げた。空気でふくらむマッドをギャラリーの地面に敷き、風船が天井で浮いていた、ビーズがつるされ、何よりも人間の6倍も大きいマネキンが信じられないような奇妙なコスプレの衣装をまとっていた。ウサギ耳で、セーラームーンの体のマネキンや、頭はダースベーダー、さらに体はボーピープ(マザーグースの話の中に出る羊飼い)、それで手は長い爪のフレッディークルーガーのマネキンもいた、さらにブルースリーやキル・ビルで着ていたような黄色いジャンプスーツをまとったハローキティーもいた。

それで、後の部屋に、彼女のほかの作品が展示されていた。「ヒップホップ」という作品はストリートでヒップホップなダンスを披露する人たちをテーマに、福岡やニューヨーク、そして広州で制作したばかりのものであった。さらに「PRD アンチーヒーローズ」というビジュアル上圧倒的な劇は、ツァオが2005年に広州で開かれたGZトリエンナーレの為に監督し制作したものであった。この作品はテレビや壁に映し出されていて、その周りを「パール・リバー・デルタ」とよばれる赤・白・青の織物や老人の靴、それから安っぽいプラスチックの椅子で囲んでいた。

オープンニングの間、訪問客はメインルームのエアマットの上に座り、そして眼前の壁に映しだされていた「コス・プレイヤー」ビデオを観た。ほかにも日本のコスプレの大会を追加ビデオとして放映された。それからツァオ・フェイの友人であるユェンロン(香港郊外の新開発地区)から来たMCグループが広東語でハイパースピードなフリースタイルを1セット半披露してくれた。このパフォーマンスは通路で行われたため、観衆はポーイェンストリートに投げ出されてしまった。だがもちろん、きちょうめんな女性警察官にすぐさま止められた。でも彼女は彼らにもう一曲だけプレイすることを許した。なんて寛容な警察官だ!

ツァオフェイは終始楽しそうだった。マッドの上で友人と談笑したり、歩道でLEDライトがついたベルトバックルを「コス・プレイヤー」の文字でちかちかさせたりしていた。数時間後、メインの観客は帰ってしまってから、のこった10余名の人と地元のチュージョウ料理のレストランへ向かい、蒸し魚とおいしいメイプルリーフチキンを食べた。私たちは大きいテーブルの周りに別々に座っていたが、誰もが自分たちの特別なツァオ・フェイコスプレ人形(オープンニングで売られていた白と蛍光色のドリンク袋のなかに入っている小さなプラスチック製のフィギュア)を彼女のとなりにおいておきたかった。ツァオ・フェイがこれらに囲まれてるようにみえた、まるでヴァレリー・ポルテフェイクスの「マップオフィス」のような小さなプラスチックの戦士とお姫様に残りのかけらをあてた。2006年に中国の現代美術界でツァオ・フェイのような面白いかつ複雑な「スター」を迎えることで来たのはまことに幸運であると私は思わずにはいられなかった。


Cao Fei’s COSplayers

会期:20006年2月25日〜4月7日
会場:パラ/サイトギャラリー
住所:4 Po Yan St., Sheung Wan, Hong Kong
www.para-site.org.hk

Text and Photos: Samantha Culp
Translation: Rin Okada

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE