アイレム・フォーラム

HAPPENING


1981年の春に、トゥルーディ・ミルラは関心のあるアーティストたちを集めイベントを開いた。彼女はこのイベントを「アイレム(Ylem)」と呼んだ。「アイレム」は「宇宙を形作る物質」という意味のギリシア語である。ミルラはたいへん科学の影響を受けており、とりわけシリコンバレーにおけるコンピューター産業という新しいメディアに興味をわき、漸次に強く影響されるようになった。
25年以上たつこの今もなお、「アイレム」は人々を集め、科学、テクノロジーと芸術のミクスチャーについて語りつづけている。「アイレム」は、それぞれの分野の未だ道筋の確立されていない、いわば未踏の領域を探検するアーティストたちに場を提供して続けているのだ。


Alex and Martha Nicoloff’s solar spectral video art

1月の「アイレム・フォーラム」は、サンフランシスコの「RXギャラリー」で開かれた。アレックスとマーサ・ニコロフは、DVDで彼らの最新作を発表した。様々な角度や距離から恍惚するような小さな彫刻を撮影した。その彫刻は、ニコロフ・バークレーの家の暗い地下室で横たわっていて、彼らは庭から太陽光を装置で収集し、そしてその集められた日光を長さ60フィートの廊下を通りぬけ、地下室へと向けられた。光源の位置は非常に慎重に配置されていて、ゆっくり動かせるターンテーブルには特製の分光器(プリズム)がおかれていた。アレックスとマーサは、時に色や形を加減する制作をこころがけながら、数々のテクニックを駆使してその放たれた光を記録する。


Alex Nicoloff presenting at the January forum

『我々は、太陽のスペクトルの中で揺れ動くビデオイメージを見つけ、追い掛け、そして捕える。翼を上で多くのものと出会う間に、カオスの縁でランダムに始まるその瞬間がやがて動的なエピファニー(直感的で純粋な美)』アレックスとニコロフはこう語った。構成要素(メカニズムとキャプチャー)がすべてアナログがゆえに、その柄と色には既存的な感覚があり、スポットの「Sheep」におおよそ似ていた。


Akio Hizume – Star Cage

来る3月のフォーラムに、大規模な数学的な物を造り、フィボナッチ数列のような大数学理論に基づいたミニマルミュージックを演奏する建築家・アーティスト・音楽家であるアキオヒズメが出演することになった。他の偉大なミニマリストの様に、ヒズメの仕事は単純に見えて、実に複雑なものだ。たとえば、毎分400拍子もある彼の多重リズム的構成の「Real Kecak System」は、522,629,966,200,000,000年に一度も繰り返さないのだ!

フォーラム情報や「アイレム」のバックナンバーは、「アイレム」ウェブサイトで読むことができる。次のフォーラムは、サンフランシスコで「RXギャラリー」で3月に開催される予定である。

Text: Ammon Haggerty from Qaswa
Translation: Rin Okada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE