NIKE 公式オンラインストア

アンドリュー・サザーランド

PEOPLEText: Garry Waller

アンドリュー・サザーランドは、ニューヨークのブルックリンに在住の独学アーティスト。僕は約1年前に東側の小さなギャラリーで彼の作品を初めて見たのだが、大胆で質の高いグラフィックのアプローチと、アートに施す型破りな素材の使用を探究する様がとても気に入った。この記事のために、ブルックリンにあるスタジオで彼と会い、彼の作品についてもっと理解を深められることを楽しみにしていた。しかし、アンドリューの取材を予定していた日、ニューヨークの地下鉄は3日間のストライキに突入してしまったのだ!そこで僕は代わりに、彼や彼の作品を描写していると思われる写真を添えて、沢山の質問をメールで送ることにした。


Andrew Sutherland, Untitled (Inlay Box), 2005, Corrugated cardboard, 22″ x 18″

バックグラウンドを教えて下さい。アートを学んで来たのですか?それとも他の分野から来たのですか?

学校で少しはアートを勉強してたけれど、僕は自分で自分のことを独学のアーティストだと考えています。3年生の時、父が「不思議に描く方法」という、スタン・リーのドローイングの教科書を買ってくれて、その本にとても強い影響を受けたのです。シェーディングと、3Dフォームにすごく集中しました。それに、父が典型的なカーペンターだったのですが、とてもクリエイティブで、僕は父をアーティストのように見ていましたね。父と一緒に家の修理や沢山のプロジェクトをしてきて、そこから沢山のことを学びました。すぐに、そこで学んだ技術を自分のプロジェクトに活かす方法を学びました。スケートボードの台や砦を創るとかね。年月が経っても未だに、取り組む作品制作の中でそうした経験を描いています。


Andrew Sutherland, Untitled (Inlay Box), 2005, Corrugated cardboard, 22″ x 18″

最近の作品について教えて下さい。また、そのアイディアはどこからくるのですか?

僕の新しい作品では、2つのことを1度にしようとしています。一つが、過去のアイディアや技術を掛け合わせ、全くの新しいものをつくること。この作品は、今までの手掛けてきたどんなものよりも、自由で視覚的に賑やかになると思います。そしてもう一つが、過去のあるコンセプトに基づいたアプローチを継続させることです。つまり最終的にこの作品は、事実上、よりミニマルになります。


Andrew Sutherland, Untitled, 2005, Plywood, adhesive, 6.5″ x 6.25″ x 3.25″

作品に共通するもの(色や形や素材など)は何ですか?

共通するのは、僕の素材のセレクションとその使い方。視覚的に、もしくは概念的に面白いと思えるもの、そしてどうにか面白く手を加えられる素材を使います。ダンボールなら、一番上の層を剥がし、木目に見えるようにします。最近では、オープンボックスのイメージを創り出すために、はめ込み細工の技術を使いました。素材を引き出すような作品が好きです。素材の中にある隠された次元の鍵を開けるような感じ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE