タンクTV

PEOPLE

「タンクマガジン」が本棚に並ぶことになった1998年、出版界にはいくぶんかの騒ぎが巻き起こった。無視する事ができないくらいにキュートなフォーマット、そして売店に並ぶニュース誌というよりも雑誌として読まれるコンテンツの巧妙な混合具合。世界中の目の高い読者や出版社が追う、メジャーな媒体になるに至った。
この成功に続き「タンク」は、2004年12月オンラインポータル「タンクTV」をリリースし、動画の領域を探索することになる。現在ショートフィルムやビデオの制作が世界中で巨大に成長し、目眩がする程の量のストリーミングコンテンツがウェブを占める中、思慮深く概念的なビデオ作品を見つけることは、少々圧倒されてしまうような感がある。そこが「タンク」のスマートな編集アプローチが生きる場所だ。


独特な方法、幅広いテーマで様々なフォーマットの知られざるアーティスト達の作品群から、上質の動画作品を明示する。見る者を惹き付け続けるクリエイティブな洞察のコレクションとして、アーティストがメッセ−ジを簡潔にポイントで表現するのを奨励するため、応募作品は3分に限定されている。これを保つ事でグラフィック・インターフェイスは簡単で機能的に保たれ、訪問者は最小限のクリックでアクセスできるのだ。

9月のトピック「ツアリズム」では、旅行者の不安定なハンドヘルドのビデオフィルムから、概念的な構成によって直接テーマを扱うアーティスト達の作品まで、幅広いクリエーターによるビデオ作品のセレクションを取り上げ、現代の休日のあり方の“現代の切望”を読者に探究させるような内容だった。


Douglas Fishbone

アーティスト、ダグラス・フィッシュボーンのセカンドクリップは、楽しく、時に不穏なモノローグ作品。童謡と共にかなりシニカルに始まり、彼の幼年期についての描写に続く。スライドショーのようなスチールイメージの作品で、彼の困難な幼年期の生活が描かれている。


Douglas Fishbone

これはエンターテイニングな言葉と写真の遊び。空間、コンピュータゲーム、新聞写真、傷付いた人々などの一連のイメージが、家族写真とミックスされている。休日のスライドショーが、アメリカ生活や人生経験のスライドショーになる。


KFA Delegatio

「タンクTV」は、様々なソースからビデオを集める。面白い角度で「ツアリズム」のトピックに加わったのは、KFA代表団の作品だ。彼らは概念的アートコンセプトの団体ではない。KFDとは「韓国親善交流協会」のことで、この短くて安上がりのビデオは、北朝鮮の観光を促進するためのもの。公共パレード、花火、長い高速道路、社会主義法令などが、社会主義の現代的で肯定的なイメージを表している。


KFA Delegatio

デルフィーヌ・ボヴェイと「タンクTV」は、「ゴッド・セーブ」制作のためのコラボレーションをしている。王族(王族について問題にするシーンがないので、ここでは女王と仮定)の公共訪問の道にできた人々の列が登場する。「ゴッド・セーブ・ザ・クイーン」というイギリスの聖歌が流れ、多くの者がデジタルカメラを上げて共同の敬礼をしている。まるでもう現在では、ディジタル機器の平坦なスクリーンを通した経験が全てであるかのように。


Delphine Bovey/Tank.tv

最近、このサイトはウェブを越え、「タンクTV」ビデオコンテンツのたくさんのイベントやインスタレーションを持つギャラリーへと変身した。2004年8月にはロンドンの「ICAデジタル・スタジオ」にて、アーティストのトークなどを含むショーが行われた。部屋は作品を見るためのコンピューターで埋め尽くされ、プロジェクトのプロフィールを成長させながら、ギャラリーへの訪問者を増やしている。


ICA Digital Studio, August 2004

「タンクTV」編集者の1人、フィリーネ・フォン・グエレツキーは、サイトコンセプトについて語ってくれた。

作品を3分に限定する理由は何ですか?

1つ目の明らかな理由は、ベースがインターネットであるということです。技術的な理由からスペースを制限しなければなりません。もう1つは、私達がこの時間制限が好きであるということ。なぜなら、そうすることでアーティストは、散漫になる事なく、アイディアやビジョンをポイントで表してきますから。皆から少しずつのクリエイティブ力を集めるには、適切な時間です。

「タンクマガジン」は「タンクTV」にどのように影響してきましたか?

「タンクTV」と「タンクマガジン」は、私達がすること、私達が知る人、私達が行く場所において、お互いに影響し合っています。常に革新し続け、いつも新しいアーティストを探そうとしている事が、たぶん一番の影響になっています。

最近の「ICAデジタル・スタジオ」でのショーについて教えて下さい。

私達にとってもアーティスト達にとってもいい出来でした。今までICAはここまでの訪問者を迎えたことがなかったとのことです。もちろん、2006年の2月にこれをまた再現しようとしています。その時は、何人かのアーティストを招待するつもりです。ショーはもっと頻繁にやっていきたいですね。

「タンクTV」への訪問を、次に何が見られるか全く予想できないような考えさせられる経験にするのは、この折衷的なビデオ作品のコレクションだ。月に約15,000から20,000件のヒットを記録し、3000近くの読者を持つこのビデオポータルは、フィルムやビデオ制作者達にとっての格好の作品公開の場。「タンクTV」は、今もあなたのコンピューターで上映公開中だ。

Text: Peta Jenkin
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE