神谷泰史「ユビキタス・ミュージック」

HAPPENING


音楽の定義というのは難しい。狭義で考えれば、ドレミの音階があって、メロディーがあって、リズムのあるもの、ということになる。でも、それが音楽のすべてだと決めてしまうのは、音楽の可能性を狭く閉じ込めるものではないだろうか。

神谷泰史は、市内在住のコンピューターを使用したアート色の濃いライブ・パフォーマンスを行ったり、オリジナルレーベル「aMiLABEL」を主宰しているアーティスト。開催中の個展に行ってみた。バスで行くと地下鉄東西線円山公園駅のバスターミナルから環12ロープウェイ線の乗り、旭が丘高校前で下車する。そこまでの時間は15分程度だろうか。バス停より歩いて5分程度のところに、会場の「ギャラリー門馬」がある。本館とは少し離れた場所にある独立した建物が、今回の個展会場「ギャラリー門馬ANNEX」である。

個展のコンセプトは、ライブやCDではない音楽の提示。音は時間的・空間的に並び替えることで音楽になる、という神谷の考えを実践する実験。もしそれが音楽になるとすれば、自然がすでに音楽を内包していることになる、と神谷は考えている。これを神谷は“ubiquitous (遍在する) music”と呼ぶ。日常を注意深く聴けばそこには音楽があると考える、ということだ。

会場に入ると、細長い空間の床に、長方形の木板が奥までひきつめてある。そして、一枚ごとに赤と、黒の細いコードが天井まで伸びている。非常にミニマムな空間を構成されていて気持ちが良い。そして、どこからからか“音”が聴こえてくる。自然の環境音、ノイズという感じだ。

説明すると、床に並んでいる木板が実はスピーカーなのだ。赤と黒のコードは、ステレオの出力なのである。このスピーカーを鳴らす音は、会場および庭に設置された複数のマイクにより音を拾って、コンピューターを通して、ランダムに“現在の音”と“過去の音”を選んで流している。録音した時の時系列が、一旦分解され、会場内には、いくつかの時間の音(“現在と過去”または“過去と過去”)が同時に流れる。そのため、受け手は不思議な音空間の中に居る気分になるだろう。どこかのスピーカーより雨の降る音が聴こえてきた。現在、雨は降ってはいない。会期中のいつかの“過去の音”なのだろう。

個展会場の居た方に声をかけてみると、『普通は音楽というと、始まりがあって終わりがある。でもこれにはそれがない。いつに来てもいつ帰ってもいいのがおもしろいと思います』と感想をいただいた。

最終日19時、期間中にマイクにより録音された174時間分の音が録音されたハードディスクが取り外された。場所を本館に移して、その音を素材に使って、神谷がライブを行った。個展会場ではまったくの無作為な音から、作為が加わったライブ・パフォーマンスとなった。

音楽と時間というものを再認識し、また新しい音楽の形を考える非常に有意義なエキシビションであった。マイクの数、マイクを設置する環境によって、出てくる音楽はまったく違ってくるだろう。今回は自然に囲まれた環境であった。これが、都市の喧騒では、どんな“音楽”になるだろう、と思った。

神谷泰史 個展「ubiquitous music」
会期:2005年11月20日〜26日 13:00〜19:00
パフォーマンス:26日 19:00〜
会場:ギャラリー門馬ANNEX
住所:札幌市中央区旭丘2丁目 3-38
http://www.ami-label.net

Text and Photos: Shinichi Ishikawa from Numero Deux

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE