NIKE 公式オンラインストア

札幌デザイナーズ・ウィーク 2005

HAPPENINGText: Yukiko Tokugi

丸井今井南館では道内作家と、インテリアデザイナーで武蔵野美術大学名誉教授・島崎信氏による札幌スタイルデザインリレーフォーラムを開催。北海道立近代美術館で行われたデザインフォーラム(写真)では、パネラーの鈴木エドワード、黒川雅之、長谷川演からは札幌ブランド、そして文化を作っていくことへの提言が。『感動こそ文化。デザインは感動をもたらすことができる』『文化はつくるものというよりできあがってくるもの』など、札幌らしいスタイルを確立するポイントになるであろうキーワードが挙がっていた。

この4日間足を運んだ人数はのべ1万5000人。『東京デザイナーズ・ウィークに行くつもりだったが札幌であると知り、うれしくてこちらに来た』と青森から参加した人もいたほか、デザインに関わる仕事をしている人たちにとっては非常に貴重な出会いの時間となったようだ。北海道経済産業局などの後援で今後3年間の予定で開催されるが、今回は2回目以降につながるための大きな一歩。札幌らしさをどう盛り込むか、札幌発プロダクトの提案などやりたいことはまだまだあるという。少々気が早いけれども、クロージングパーティで感じた「次回はもっと有意義に」という雰囲気を思うとやはり期待しないではいられない。

蛇足だが面白半分で挑んだスタンプラリー、思いのほか楽しかった。『スタンプラリーお願いします』をきっかけにお店の人とおしゃべりしたり、どうやって市内を動くのが効率的か考えるのはなかなか新鮮だったから。5点単位で応募できるのであと何点、と点数集めを気にしはじめ、あと1点あれば、のちょっぴり悔しい14点で終了。プレゼントはお菓子やシャンパン、椅子など13アイテムから選ぶ。あ、あの、私も応募していいですか?

札幌デザイナーズ・ウィーク2005
会期:2005年11月3日〜6日
会場:札幌市内ショールーム、ショップなど各所
info@hokkaido-dn.com
http://www.hokkaido-dn.com

Text: Yukiko Tokugi
Photos: Yukiko Tokugi

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE