ヨッフィ

PEOPLE


ロサンジェルス在住の若手アーティストヨッフィは、移ろいやすいアートビジネスの中で成功するためのポイントを既にとらえている。短く、一単語であるヨッフィは、もはや彼のなめらかでミニマルなグラフィックを指し示す一つのブランドとなった。しかしそれは何ら不思議なことではない。というのもヨッフィはニューヨークのMTVでのインターンシップを経てロス(これも驚くべき事ではない)にやって来た、アイポッド世代だからである。ポップアートの感受性についても話す。アンディは誇りに思うことだろう。

ヨッフィはバージニア州のウィリアムズバーグの出身である。彼は、コミュニケーションアート・アンド・デザインを専攻して、バージニア・コモンウェルス・ユニバーシティを卒業した。そのおかげで、イラストレーション、グラフィクデザイン、ウェブデザイン、映画、アニメ、写真、色彩学、と広範囲に渡る勉学とトレーニングをつむ事が出来た。

そして色彩こそが彼の全作品を通しての鍵なのである。ロスにやってくる前でさえ、ヨッフィはネイティブアメリカン特有の幾何学的な模様をベースとした抽象的な絵を中心に据えて、デザインスクール中を活発にペイントしたのだった。媒体に関して言えば、立ち入り禁止の領域はなく、しばしば彼は古いカンバス、冷蔵庫のドア、冷凍庫、樽のフタ、空き缶にその作品を展開させていた。彼は現在、伝統的なカンバスにその場を移している。そして新たな一連の作品は、グラフィックの要素が大分減少して見えるのである。完全にその作品を体験するには、巨大な絵(時として横5×縦6フィートの大きさである)の前に立たなければならない。彼はどうやってそれをなすのだろうか?『僕は絵をデジタルにフォトショップ上でスケッチします。それからイラストレータと呼ばれるベクトルデータで制御されたソフトに移し変えるのです。このやり方のおかげで、カンバスにものを乗せていく前に、コンピュータ上で非常にきれいな線を描くことができ、色の配置を調整することが可能なのです。僕はコンピュータのことを現代におけるスケッチ帳だと考えているのです。』彼はサンタモニカにある、ガレージからアトリエにしてしまったところから、そう述べている。

とてもユニークなやり方である。彼はアートスクールの色彩学の授業でその方法に気付いた。『いったん絵がカンバスに描かれると、僕は塗りたい部分の周りにマスクをするためにマスキングテープを使う。それからそのマスキングテープをエグザクトブレードで切り、それを少しばかり剥がす。で、マットメディウムを垂らし、テープの下に色が漏れないようにする。最初の頃は、この方法は簡単で、細かい作業を全部取り除いてくれる一助になると思っていた。でも違った。その細かな作業にほとんどの時間を費やすことになったんだ。僕の思った通りに線をなめらかにして、さらに洗練されたようにするためにね。』

彼はトーキョーポップという、日本のマンガを輸入する有名な出版社でデザイナーとして、ネクストレフトというインタラクティブ・エージェンシーでウェブデザイナーとしても、それぞれにおいて自由契約で働いているが、彼はアートと商業作品の間には明確な境界線を引いている。『僕は壁にかかっているカンバス上の僕の作品を見たら、大きな違いがあると思う。たくさんのものを部屋に加えているように感じる。僕の作品における色とその構成が目に飛び込んできたときにね。』

他のアーティスト同様、彼は一日中絵を描いていたいのである。ただ彼のアトリエの中で座って、来る日も来る日も自己表現をするのが彼の夢だ。『ちょうど今、夕方に仕事が終わったとき、僕はアトリエに直行して、それからの4〜7時間を作品制作に充てる。僕はよく、アトリエで座ってピナコラーダを飲み、裸の女性達のハーレムの中で絵を描く。こんな空想をよくするんだ。でも最後には結局、ピナコラーダや裸の女性達なんてどうでもよくなる。とにかくリラックスして、クリエイティブでありたいんだ。』彼は笑いとともにそう語る。

ロサンジェルスに住み、流行りのアーティスト群の中でその存在を知らしめてきたヨッフィは、既にその半分以上の作品を売ってきた。完全に好調な滑り出しである。『僕はTVや映画監督、社長さん、俳優、谷間に住まう若夫婦に作品を売ってきた。僕の作品を購入した人のうちのほとんどは、壁に何かモダンで、きれいで、流行りのものをかけるような、若くして専門家になったような人たちであると言える。』

クリーンデザイン、最新のインテリア・建築のデザイン、ミッドセンチュリー・モダンファニチャーや、ハリウッドのしゃれたラウンジやクラブに影響を受け、ヨッフィは彼のアートをプロデュースするのに完全な場所、作品を飾るのに完全な環境を発見した様子である。そして結局、そのようなハリウッドの状況では、ハーレムやピナコラーダが現実になるかどうかは不明なのである。

Text: Reto Caduff
Translation: Yuhei Kikuchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE