サウンズ・フロム・ジャーマニー

HAPPENING

現在、「日本におけるドイツ年 2005年-2006年」フェスティバルが日本各地で行われている。そのプログラムの一貫として、ドイツのポップ・エレクトロニック・ミュージックにフォーカスしたイベント「SOUNDZ FROM GERMANY 2005」が東京と大阪の二都市で行われた。東京では二日間に渡り、11組の現在のドイツ・ミュージック・シーンを代表する、「セニョール・ココナッツ」、「マウス・オン・マーズ」、「デア・プラン」他11組のアーチストが出演した。


場所は渋谷「O-East/O-Crest」。両会場ともに二日間、沢山の人が訪れ、日本におけるドイツのエレクトロニック・ミュージックへの関心の高さを表していた。特に「O-Crest」は「O-East」より小さいせいか入場制限が行われるほどだった。

その、比較的小さめの会場でライブ・パフォーマンスを行ったオープン・プロジェクト「モノレイク」。ベルリンの伝説的なレーベル「チェイン・リアクション」からデビュー後、常にシーンの第一線で作品を発表し、多くのフォロワーを産みだし、また、革新的なミュージック・ソフトウェア「Ableton Live」の開発者としても活動するマルチなアーチスト。ニューアルバム「Polygon Cities」のリリースも間近に迫り、ファンのボルテージも上がり気味のこのタイミングで、しばらくロバート・ヘンケ一人で活動していたプロジェクトに、今回のアルバムでも制作に携わった「T++」を加えたユニットでの日本初ライブは、「モノレイク」独特のクールでミニマルなトラックに空間的なサウンドエフェクトが絡み合い、彼らにしては珍しい、時たま絶妙なタイミングでカットインされたボイス・サンプルが、最近多いこの手の手法に、「モノレイク」なりの回答—トレンドをフォローするのではなく、オリジナリティーある音響空間を表現する上必要不可欠な間と性質を持ったサウンド—を表現しているように思えた。

また、昨年亡くなったBBCラジオのDJ、ジョン・ピールへの追悼の意を込めて作られたという「Silizium EP」が非常に美しく、個人的にはラス・オハラのボーカルをフィーチャーしているのが気に入っている「アパラート」もEPと変わらず、美しくも狂ったライブ・パフォーマンスを行った。

一方、大きなホールとなっているO-Eastでは、ジャーマン・ニューウェイブの重鎮「デア・プラン」や「カンテ」といった新しい才能あるバンドなどがライブを行ったほか、「セニョール・ココナッツ」としては、日本初披露となるライブ・パフォーマンス。総勢11名のメンバーが、彼ら自身の楽曲の他、お馴染みの70年代当時、世界的に影響を与え、今尚現役であり多くのアーチストがリスペクトする「クラフト・ワーク」のラテン・バージョンや、さらに現在渦中の人となっている、マイケル・ジャクソンの「Beat it」まで演奏するなど、実に「セニョール・ココナッツ」らしいユーモアと音楽への愛を感じた。

さらに、「セニョール・ココナッツ」の「アトムTM」は、O-Crestでも「アトムTM VS ピンク・エルン」で演奏。長年の盟友「ピンク・エルン」と並び立つ姿は好きな人にはたまらない光景。演奏は渋すぎるアシッド・テクノだったが、この人たちが演奏すると歴史的な意味も含めてなにやら説得力がある。

ここまで、観てきても奇跡としかいいようがない出演者達で、音楽を国や地域で分けるのは相応しくないとは思うが、あえて分類した時のUKやUSと一味違うドイツ音楽の特異性と豊かさに気付く。この二日間に渡るイベントの最後に登場したのは、「クラフトワーク」、「CAN」から連なるジャーマン・エレクトロニック・ミュージックの実験性とポップさと狂気を孕み、なおかつ強靭なオリジナリティーを獲得し表現する「マウス・オン・マーズ」。もう一方は、ジャーマン・エレクトロニカという至極曖昧な枠組みのなかに収められたがゆえに、いまいち正当な評価を受けていないと思える「ラリプナ」。

非常に、チャーミングなヴァレリーと無口で哲学者のようなマーカスの二人はナチュラルに好きな音楽と向かい合って演奏しているようだ。インタビュー中でも触れられてた、「マイ・ブラッディ・バレンタイン」などのと確かに共通するサウンドを持っているが、リリースを重ねる毎に「ラリプナ」としての世界観を確立していっている。日本でもエレクトロニカという括りだけで評価するのではなく「MORR MUSIC」というレーベルしかり、ロック・ミュージックの範疇でも広く評価されるべきだろう。

イベントのトリを務めた「マウス・オン・マーズ」は、過去三回、「Idiologyツアー」での「マリア・オストバンホフ」、昨年の「メタモルフォーゼ」そして、今回と見てきてどれも異なった印象で、ライブ・ステージ・パフォーマンスの実力をいかんなく発揮。最後に演奏した「Frosch」は感涙モノだった。

今回出演したアーチスト達が決してドイツを代表しているのではないだろうが、ドイツのポップ・エレクトロニック・ミュージックの今を語る上で重要なアーチスト達であるのは確かだろう。さらに、彼らの音楽に触れ、また周辺の音源やアーチストを探求していくと、日本、そして世界的な音楽の潮流のようなものが垣間見えてくる。デザイン、アート、音楽など文化的な側面からドイツという国をプレゼンテーションする「日本におけるドイツ年 2005年-2006年」フェスティバルを機により重層的かつ多面的で刺激的なシフトのテーマでもある“ボーダーレス・カルチャー”を知る機会にもなるだろう。

SOUNDZ FROM GERMANY 2005
日時:2005年5月2日〜3日 18:00〜
会場:Shibuya O-East/Shibuya O-Crest
出演:セニョール・ココナッツ・アンド・ヒズ・オーケストラ、デア・プラン、モノレイク、アパラート、カンテ、マウス・オン・マーズ、ラリ・プナ、ポール、アトムTM VS ピンク・エルン、ISO68、ミア
主催・企画:東京ドイツ文化センター、大阪ドイツ文化センター、HEADZ
http://www.faderbyheadz.com

Text: Yasuharu Motomiya
Interpreter: Takashi Sasaki
Photos: Miho Kakuta

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE