ニーナ・ブラウン

PEOPLE


2004年のこと、ドイツのアーティスト、ニーナ・ブラウンがストリートウェア・カンパニー「SUMO」を立ち上げた。1998年にスケートボーダー達が男性優位のスケート界をもとに始めたものに、ニーナが再び注目し、彼女のアートを取り入れたものである。彼女は過去6年間に渡って、衣服の制作と同時にストリートアートやグラフィティを、キャンバスやギャラリーに施してきた。

すでに非常に才能のあるペインターで、完璧にアクリルペイントの仕事をしていたにも関わらず、彼女は即座に使用する素材について再考し始め、独特の技術を使って独自にそれを発展させた。絵の具の代わりにウールを使い、とてもかわいいアニメチックなキャラクターの世界を基にして、最初のストリート・アート・タペストリーに縫い付けたのだ。この新しいテクニックは、スケッチやドローイング、文書などの伝統的なストリートアートのアプローチを転換させた。ほんの小さなタペストリーのためだけにも、ニーナは針と糸を使い、数週間、時には数カ月かけて完成させる。

ギャラリー・ヘリウムカウボーイ」というハンブルグにあるアートスペースで行われたニーナの最近の展覧会では、過去の活気ある作品の数々や、伝統的職人の技術を新しい形にしたものが展示された。その代表となったのが、世界的に有名なクラシックスニーカーの精密なレプリカを、ウールとフェルトから作り出すというものである。「スニーク・ライク・ア・パンサー〜 心地よい時代のための”Puschen”(ドイツ語でスリッパ)」と称し、ヒップホップ、ファッション、スケーターなどのコミュニティーにおけるシンボルの現状に、面白い方法で疑問を投げかけた。このニーナ・ブラウンのスニーカーは、家の中で足を暖めるための快適で心地よいスリッパとして使う事ができる。(そのためタイトルにも、“Puschen”というスリッパを意味する言葉が使われた。)

ハンブルグの長い冬が終わり、今年初めての暖かい夜を迎えた時、展覧会のオープニングが夜通しで行われた。場所は「ヘリウムカウボーイ」のアートスペースと、その外にあるテラスだ。ヒップホップのアンダーグランドから、極めてスニーカーに精通する者までと、何百人もの人が集まり、DJ SDAGのビートを楽しんで汗を流した。

このハンブルグでの展覧会の後、彼女は最大のスニーカー展覧会「SneakerPimps」の世界ツアーに招待されており、6月と7月にかけて、ベルギーのアントワープとアメリカで作品を展示する。

また、「ギャラリー・ヘリウムカウボーイ」で7月に行われる展覧会は、オーストラリア「リンゼン」のリラとスティーブによるものだ。彼らはコペンハーゲンにある「ホテルFOX」のデザインに参加した後、ドイツに家を持ってのんびりしたいと考えている。たぶん、このニーナ・ブラウンの心地よいロPuschen”を履きながら、、。


Nina Braun: Sneak like a panther

会期:2005年5月21日〜6月3日
会場:Galerie Heliumcowboy artspace
住所:Sternstrasse 4, 20357 Hamburg
http://www.heliumcowboy.com

Text: Jorg Heikhaus from Heliumcowboy
Photos: Heiko Hebig
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE