カッチャ・ボンファント

PEOPLE

今回のカバーデザインを手掛けたのは、フランス・ピレネー出身のカッチャ・ボンファント。キュートなのにどこか力強いものを感じさせ、風変わりなものを探究する彼女は、音楽、アニメーション、映像と、精力的に活動をしているアーティストだ。



Making of for Sketch

まずはじめに、自己紹介をお願いします。

フランスのグラフィック・デザイナーで、30歳。ボーイフレンドがドイツ人なので、ドイツの山に住んでいます。南フランスのピレネーから移って来ました。山や大自然が大好きで、多くのアイディアをそこから得ています。パリの「Ecole Nationale Superieure Estienne」でグラフィックデザインを学び、1995年に卒業、また同じくパリの「Ecole Nationale Superieure des beaux-arts」では、1998年までアートを学んでいました。グラフィックの仕事や、ロゴ作成、プリント、ポスターが向いていると思っています。アートを学び、サウンドやビデオメイキング、ウェブにも携わってきたあとに、グラフィックの仕事に戻ったと言う経緯です。グラフィックの仕事では、これまでの経験全てを活用できます。つまり、音やアニメーションを加えたり、様々なことから小さなストーリーを作り上げたりすることができるということです。また、私がフラッシュを好きな理由は時間軸にあります。グラフィックデザインの中の時間軸、ビデオやサウンドの時間軸、さらにその中にもたくさんの時間軸を作れますよね。それぞれのクリップの中にもまた別のクリップがあり、まるでそれは“マトリョーシカ”のようです。また、パレ・ド・トーキョーの「the Pavillon」という教育機関でも働いていたことがあり、その経験が、サウンド、ウェブ、ビデオなどの分野で役立っています。


The animation “fresh”

最近の活動について教えてください。

ウェブデザイナーとしての活動が表に出ている仕事ですが、アーティストとして、自分の音楽のためのビデオクリップを作ったりもしています。私はプログラミングやウェブマスターとしての仕事は得意ではありません。というのは、そこまでウェブに対して新しくてハイテクな事を求めないということです。ただ、自分のやり方でこなしていくことが好きなのです。プログラミングというよりも、ビジュアルの部分に興味があります。
今はちょうど、新しいサイト「ParisHotels.com」を制作中で、面白いものになると確信しています。彼らからは、サイトを180度変えて欲しいとの依頼を受けました。パリのアイディアを用いた作業はとても楽しいです。パリジャンのシンボル(エッフェル塔やツール・ド・フランスなど)を隠れたアニメーションとしてたくさん作っているので、見つけてみてください。パリのホテルを探してこのページにたどり着く人が多いと思うので、サプライズ!という感覚。あと1ヶ月ほどで完成します。


Palais de Tokyo

他に、今まで手掛けてきたサイトはどのようなものがありますか?

パレ・ド・トーキョー
これは私にとって初めての大きなサイト。とくに記述することはないのですが、グレーとホワイトのボックスを動かすローテクなものにしました。このサイトはまもなく変更になる予定。誰が新しいのをつくるのかはわかりませんが…

バレンス・ファイン・アート・スクール
このスクールのディレクターは、ナビゲーションを使わないものを求めていました。つまり、なんだか風変わりな掲載方法とミックスで、迷子になってしまうようなサイトです。これはどんなアートスクールにも見られるものです。生徒達と教師のミックスとかね。ナンセンスなサイトを作るのはすごく楽しかったですよ!これは多くのグラフィックデザイナーにとっての夢でもあるかもしれない!全てのスクエアが新しいものを“サプライズ”と共に開きます。(その中のいくつかの“サプライズ”は、ワークショップで生徒達と一緒に作ったりしました。)たくさんのものを開きすぎたら「nettoyer」ボタン(クリアボタン)を押し、始めにもどるという仕組みです。また、いくつ開いたかを教えてくれる「nombre d’objet ouvert」という機能もあります。

スケッチ・ロンドン
ご存じかもしれませんが「スケッチ」は、ロンドンにあるカフェやレストラン、ギャラリーなどが一体となった、とてもユニークで美しい場所。私はこの「スケッチ・ウェブ」を、実際の場所を説明するだけのウェブではなく、もっと虚像的なスペースにしたいと思いました。実際の「スケッチ」を反映させながらも、独自の空間として作りたかったのです。「スケッチ」の5つのメインルームに、5つのキャラクターを作り、それぞれのキャラクターが案内をするという仕組みにしました。


The fine art school of Valence

インスピレーションはどこから得るのでしょうか?

難しい質問ですね…。物語りや、日々の生活からでしょうか。他の人から受ける、変わった答えや変わったふるまいが大好きです。みんなの様々なリアクションがすごく面白い。


Cover of my private CD : “sous l’eau” (under water)

自身の音楽を手掛けているということですが、どのようなものですか?

“ふざけた”歌をたくさん書いています。主にそれは、山の中の小さな村にいた頃から知る友人のために。書いた後に音をつくり、その後にビデオをつくります!また、プロ仕様の本物の楽器をたくさん使います。これには理由があるわけです。音楽は私にとって、“本物のミュージシャン”だけのものでは無く、万人のためのものであり、大きな感情を持つコミュニケーションの1つだと考えているということです。誰もが音楽をやるべきで、それが良い音楽かそうでないかは関係ない。音楽は全ての人間に備わったものですから!

「Akademie Schloss Solitude」のレジデンスに行かれるということですが?

はい、そうです!創立者のイアン・アンダーソンに会えたらいいなと思ってます。彼が私を選んでくれました。彼の作品は大好きです。今年の9月に始まるので、あまりここで言えることはありませんが、とてもとても楽しみです。そこで、ほかのデザイナー達に会ったり、自分のプロジェクトに取り組むわけです。どんな種類のアーティストも、6ヶ月から12ヶ月に渡って宿泊できるという素敵な場所。ミュージシャンもいればデザイナーもいて、森の中の城の様!この地域は輝いていて、でも同時に幽霊でも出てきそうな雰囲気!


Trailer of Big Gore No, video

今回のカバーデザインのコンセプトを教えてください。

フィリップ・K・ディックのように、ピクセル以外の要素を使って、少し「B&W」のサイエンス・フィクションを取り入れました。(ピクセルは好きなのですが。)動きの中にある異なったステップを表現できればと思いました。触り続けると、カエルはジャンプして飛んでいきます。

今後チャレンジしていきたいことはなんですか?

訪れる人が迷わないようなウェブサイトを作ることです!!そして、自分のための仕事をもっとできるようにすること!というのは、毎回自分のプロジェクトを優先させることができなくて、悲しくなるからです。なんでクライアントにはすごく良い働き手になれて、自分のためにはできないのか、と。それから、大きなコマーシャルスターのビデオクリップを作りたいとも思っています。“ビヨンセ”とかね!これはバカな夢ですが。でも、今ある特にヒップホップやR&Bのビデオクリップには、とても飽きさせられるのです。もっと良いものをつくれますよね。違う?
次のプロジェクトは、ビデオとドローイングをミックスさせたアニメーションフィルムを作ることです。ミュージカルのようになる予定!いつものように“ふざけた”歌を取り入れてね。ビデオにドローイングをするのが好きです。

最後に、読者にメッセージをお願いします。

日本にはすでに2回ほど行っています。東京には7ヶ月間住んでいました。素晴らしい体験で、全てのことから刺激を受けたものです。その時のことを、いつか本にしたいと思っています。そこで描いた変な絵や、変な写真を元にね!それは1998年の事で、どんな街にも“コギャル”が溢れていました。(もうそんな言葉は使わないのでしょう、7年も前のことだから!)どんなストリートでもコギャルは私を指して「かわいいーー!」って言っていました。私が美しいからじゃなくて、多分彼女らは、私をダイアナ妃かだれかと思っていたようです。日本の古いものと新しいもののへんてこなミックスが大好き。デザインも好きです。それから日本の神様と幽霊の話もね。ということで、読者のみなさま、素晴らしい作品とスピリットをありがとう!!質問があればどんなことでもメールください。

カッチャ・ボンファント
mail@katya-bonnenfant.com
http://www.katya-bonnenfant.com

Text: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE