オープン・ネイチャー展

HAPPENING

毎回様々なテーマに基づき、科学技術と芸術との関係を様々な視点から照射する数多くの企画を行ってきたNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)で「オープン・ネイチャー:情報として自然が開くもの」展が行われている。
今回の展示はメディア・アートによる新たな自然というもので、人間が持つ自然の概念が科学技術の進歩により、常に変化し拡張し続けるという現象をメディア・アートという視点から捉えるという試みであった。


世界各国から集まった13組のアーチストやプロジェクトの出展作品は、どれも興味深いもので、無人飛行機開発プロジェクトでもあり今回の展示に併せて制作された「スペクトラル‐システム TYO ON 2005」—コンピューター制御された未来的なフォルムの無人飛行機により解析された東京の鳥瞰図などの映像を含むインスタレーション—や、バイオテクノロジーとアートというコンセプトをもつアートベンチャー、バイオプレゼンスによるエアードーム「バイオプレゼンス2055」、そして、ノウボティック・リサーチによる「ネイキッド・バンディット v2.1」等など、現在の世界にある組織化された構造や社会システムなどをメディア・アートという形で顕在化させていた。

そのなかでも取り分け印象に残ったものを紹介しよう。

まず、シンガポールのチャールズ・リムとメルヴィン・プアによるメディア・アート・グループ、tsunamii.netの「ヴァーチャル・マラソン」。オンライン上で複数用意されたマラソンコースを選び、キーを叩き、マラソンをしていくというもの。普段インターネットを使用しているときには全く意識しないサーバーとの距離感が、キーを叩き続けるという正直根気のいる動作の中でコンピューター上をアニメーションとして、サーバー目指し走り続けるキャラクターを通して仮想体験でき、いつしか自分がそのアニメーションキャラクターとリンクしていく。ちなみに、ゴールまでたどり着くとその記録はアーカイブされ、プロジェクト終了後に誰が早かったのか発表される。彼らは、これまでも「alpha series」などインターネットの物理的側面に言及した作品を発表している。

そして、サイン波による人と人とのコミュニケーションを基本コンセプトとする参加型プロジェクト、The SINE WAVE ORCHESTRAによる「The SINE WAVE ORCHESTRA stay」は、インスタレーション内中央に設置されているデバイスと、それを取り囲むように設置されたサウンドスピーカーのインスタレーション。訪れた人が設置されたデバイスを操作し、好きなサイン波の高さと位置を選び決定すると、周りにあるスピーカーの選んだ位置から選んだサイン波が出力される。各々インスタレーションに参加した人が選んだサイン波は、共鳴しながら鳴り続ける。サイン波は、参加した人の存在と置き換えることができ、幾つものサイン波がその音環境を作り上げていくことになる。体験してみて思ったのは、好きな音を好きな場所から出力するという行為が、以前に鳴らされたサイン波との関係性のなかで成り立っていくということだった。つまり、一番最初、または以前の参加者によって選ばれた音に、意識しようがしまいが規定されるということで、好きな音を選んで好きな場所から鳴らすという簡単な行為であるがゆえに、様々なコト、モノ、ヒトとの関係性のなかで成り立つ自身の存在を考えざるおえなくなる。


「Flatland」アンジェラ・デタニコ+ラファエル・レイン (2003)

また、アンジェラ・デタニコ+ラファエル・レインによる「Flatland」は、ボートから撮影したメコン川をピクセル単位で引き伸ばした映像をプロジェクションした作品。とても抽象的な映像だが、撮影時に同時録音された環境音がプロジェクションと同時に流され、居ながらにして匂い、そしてアジア特有の柔らかくとけるような暖かさまで感じるほど、川の辺にいるような錯覚を覚える。とても不思議な作品で、シンプルだが、逆にこのシンプルさが見る側の想像力や感覚を刺激する。この作品に触れ、リアリティとは、人間が持つ感覚が作りだし、とても曖昧なものなのだと気付く。

他に、個人的にリスペクトしてやまないアーチスト、カールステン・ニコライによる二作品の一つで、スペクトラルシステムでも出展しているマルコ・ぺリハンとの対話の中で生まれたステルス戦闘機をコンセプトにした、スクリーン上に無数に存在する白い粒子が配置を様々に移動しイメージを変化させて行くオーディオ・ビジュアル作品「spray」なども単純な動きの中に意味が生成されていき、デジタル的なものと有機的なものを同時に感じた。

情報と自然という、普段の生活の中では感覚的に関連付けすることが困難な事柄が、音や、映像、プログラム、オブジェクトなどに変換され目の前に現れ興奮すると共に、デジタル、アナログ、情報、自然が同時的に存在する現在の世界で、人はどの場所にいるのか考えさせられる展示であった。

参加アーティスト:アンジェラ・デタニコ+ラファエル・レイン、ダブルネガティヴス アーキテクチャー、福原志保+ゲオルク・トレメル、ノウボティック・リサーチ、カールステン・ニコライ、マルコ・ぺリハン、ラジオクオリア、The SINE WAVE ORCHESTRA、ロバート・スミッソン、高嶺格、tsunamii.net、ubermorgen.com、山下秀之+山下研究室 in 長岡造形大学、KOP (キングダム・オブ・パイラシー)

オープン・ネイチャー:情報としての自然が開くもの 展
会期:2005年4月29日〜7月3日
会場:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティタワー4階
開館時間:午前10時 ─ 午後6時(入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
入場料:一般800円/大高生600円/中小生400円
※会期中1回に限り最入場が可能

Text: Yasuharu Motomiya
Photos: PAS Photography

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE