ウィレム・デ・クーニング展

PEOPLE


Willem de Kooning: Der Glaser
Der Glaser, 1940, The Metropolitan Museum of Art, New York, Collection Thomas B. Hess, 1984; © The Willem de Kooning Foundation, ARS, New York, VBK, Wien, 2005

今月のインフォワールドの記事には何を書こうかと考えながら、私はウィーンで最も豪華なストリートであろうコールマルクトに向かって歩いていた。美しい建築物やアートギャラリーに息をのみながら、ふと、クンストフォーラムに立ち寄ることを思いつく。そこでは、オランダ生まれのアメリカ人アーティスト、ウィレム・デ・クーニングのウィーン初の大きな個展が開かれているのだった。


Willem de Kooning: Ohne Titel IX
Ohne Titel IX, 1982, Ol auf Leinwand, Privatbesitz; Image: © The Willem de Kooning Foundation, ARS, New York, VBK, Wien, 2005; Foto: © The Willem de Kooning Foundation

『クーニング(健在であれば去年春に100歳を迎えている)は、ジョン・シングルトン・コプリー、フレデリック・チャーチ、スチュアート・デイビス、ジャクソン・ポロック、 その他多数に加えて、アメリカンアートにおける揺るぎない中心人物の一人である』と、ガーディアン誌には記されている。

クンストフォーラムで私は、このような回顧展を催すにあたって、“作品を集める”事において存在する非常な困難を知った。事実、クーニングの作品の値段は、彼の死の前後に並外れた上昇をしており、彼の初期の作品(最も素晴らしいと言われている)の持ち主は、貸し出しに際して非常に厳しくなっているのである。作品を動かして差し支えないというのは少数であり、保険もそれなりにかかり、そして損害の危険を冒したがる者は、もちろん誰もいない。


Willem de Kooning: Frau auf einem Schild I
Frau auf einem Schild I, 1967, Ol auf Papier auf Leinwand, Privatbesitz, Gagosian Gallery, New York; © The Willem de Kooning Foundation, ARS, New York, VBK, Wien, 2005; Foto: © Gagosian Gallery, Robert McKeever

しかし、私の得意分野ではないこういった井戸端話よりも、「エロスの創造的な力は、だんだんと凝結したり形状を留めながらも、軽くて無限の物質である無形のマグマの流れとなった。」と、1984年ニューヨークでのクーニング回顧展カタログに記した、ジョン・メカートのことに触れるべきであろう。
さて、私はそろそろ去った方がいいだろう、あなたが感情のまま美しいアートにふけり、夢中になることができるように...

ウィレム・デ・クーニング展
会期:2005年1月13日〜3月28日
会場:クンストフォーラム
開館:10:00〜19:00(金曜日は21:00まで)
http://www.ba-ca-kunstforum.at

Text: Christina Merl
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE