VIRUSフェスティバル

HAPPENING


今回で9回目の開催となる、インターナショナルなモダンアートフェスティバル「VIRUS」がリトアニアのシャウリウで開催された。北部リトアニアではメジャーな、モダンアートの新しいトレンドを紹介することを目的にしている年に一度のイベントで、シャウリウ市のアートギャラリー、シャウリウ大学の文化人類学センター、VOクラブに所属するアーティストの主宰で行われている。

シャウリウ、リトアニア、そして他国からのアーティスト、哲学者、ミュージシャン、DJ、ビデオアーティスト、ダンサー、詩人などがこのフェスティバルに参加し、ディスカッションをし、知識や体験を交換、共有する場となっている。

ビジュアルアート、フィルム、ストリートアート、モダンダンス、ファッション、エレクトロニック・ミュージックなど幅広いプロジェクトを展開するこのフェスティバルは、若さと実験的なクリエイティブ精神で溢れており、この他にもアート理論、デジタルテクノロジー、エンタテイメント業界に関する教育的なプログラムも同時に行われた。

そのうちの1つであるファッションショーが、フェスティバルの雰囲気をがらりと変えていた。アーティストとデザイナー達は、洋服を実用的な物、商業的な物という捉え方ではなく、1つのアート作品として扱っていた。

そして「VIRUS 9」の一番の見どころは、西洋文学とそれに関するカンファレンスで、クラシックなものから今まさにうごめいているアートムーブメントまで網羅するオープンなものだった。

「VIRUS ART」では、リトアニアの活躍するアーティストによるファインアートの展覧会「The Best of the Best of All of Us」が行われた。「VIRUS CINEMA」では、超現実的なアニメーションや「NOT FOR KIDS!」というタイトルの映画が特に目を引いた。「VIRUS TEXT」では、国際的な文学イベントが行われ、リトアニアで活躍する作家と西洋の文学作家が集まり、新鮮で活発なディスカッションを熱く繰り広げていた。「VIRUS MEDIA」では、マルチメディアに焦点を当て、カウナスで行われたマルチメディアアートと音楽のフェスティバル「CENTRAS4」や、「readERRor」というマルチメディアプロジェクトを紹介。そこで、ビルニュスの新バンド「fusedMARc」は、エレクトロニック/トリップホップのライブパフォーマンスをし、その後、KITOKI DJS VIDISとM-KEY(リトアニア)が、MIKAEL NORDGRENことD’MALICIOUS(スウェーデン)と共に、ノリの良いダンスフロア仕様のセットを披露。「VIRUS DANCE AND THEATER」では、Vytis Jankauskasによる「DROWNED VALLEY」や、Aira Nagineviciuteによる「PROCESSUS」などのモダンダンス・パフォーマンス。「VIRUS JAZZ」では、ヨーロッパで指折りのフル−ト奏者RONALD SNIJDERS(オランダ)のプロジェクトで、アフロ・カリビアンの雰囲気たっぷりの「WEST BY WEST」。そして「VIRUS RELAX」という居心地の良いカフェ内に用意された場所では、このフェスティバルを訪れた人達がお互いに見たり聞いたりしたものを共有していた。

このフェスティバルは今後、ストリートあるいは街自体へと範囲を広げてアートを展示することが計画されている。教育的プログラムや国際的なつながりも拡大していくことだろう。年に一度開催されるこのフェスティバル「VIRUS」は、モダンアートの発展とヨーロッパにおける文化協力において重要な役割を担っている。

モダンアートフェスティバル「VIRUS 9」
会期:2004年11月12日〜21日
会場:Siauliai Art Gallery
住所:Vilniaus 245, Siauliai, Lithuania
http://www.omnitel.net/galerija/galerija.html

Text: Emanuelis Ryklys from RUT RUT
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE