A10 マガジン

THINGS


もともと肉屋だったところの階段を降り、アムステルダムのPIJP地区から、おそらくヨーロッパで初の“歯に衣着せない議論が展開されていて、且つ、手ごろな”建築雑誌「A10」が現実になる。11月に店頭に並ぶ創刊号は、結果的には、世界の高密度に展開されている建築状況が純粋にレポートされているだけの、飾り気のない雑誌しか存在していない建築雑誌市場のギャップを埋めることになるだろう。

「A10」を創った人たち(美術史家で、キュレーターで、作家でもあるハンスと、グラフィックデザイナーのアルヤン)は、アルヤンが、より率直な建築雑誌を創りたいという欲望を満足させるようなフォーマットを彼自身が思いついてから程なくお互いは出会った。彼の友人は、彼をハンス (20年来、建築界にどっぷり身を置いている人物)に引き合わせ、近代のヨーロッパ建築界における栄誉を称えられない英雄たちに脚光を浴びせようという、お互いのビジョンをシェアできるのだと確信した。

この雑誌はグローバル化が進んだ時代、さらに言うとヨーロッパ化が進んだ時代に創刊され、オランダだけではなく他のヨーロッパ諸国にもあてはまる建築の学びかたや、働きかた、そして建て方にも実際的なインパクトを与え始めている。
今日では海外で勉強したり、あるいは卒業してからのちょっとした“混乱期”が続くのもまた普通のことだ。この手の、まるで“受粉”にも似た現象の直接的な結果は、建築的な活動を始めるに際して、出身国がどこかということや、同じ国の人と組んで仕事をするということに関して、まったく制限を与えないというになる。現実に、様々な国の人が集まって一緒に仕事することや、ビジネスのメインストリームから遠く離れて活動することがまったくもって普通になってきている。こうしてヨーロッパ大陸では“相互受粉”が徐々に進行している。このような影響下で、どのようにして建築が発展していくのかを追うことは、不可欠なことではないだろうか?

「A10」は、ヨーロッパの建築界をレポートしようとした最初の雑誌というわけではない。ヨーロッパ建築界の大プロジェクトをレポートし、スーパースター建築家が作った建築をフォーカスした雑誌は既にいくつかある。「A10」はヨーロッパ建築界の概略的な視点も取り扱おうとすることでそれらの雑誌に敬意を払いつつ、今はまだあまり知られていない将来的なスターたちも同時にレポートしている。

ヨーロッパ全体(通常無視されてしまう中央あるいは東ヨーロッパも含む)に特派員のネットワークを築くことによって、「A10」は、もしあなたがそこに住まないと知ることができないような建築までレポートすることが可能になっている。加えて、特派員たちに好きなテーマを選ばせることによって、常に新鮮で、強烈で、そしてこれはもっとも重要なことだが、他の雑誌で何回も取り上げられている類の建築記事ではないものを提供できることを保障している。

「A10」は一方向的なコミュニケーション方法を適用させている主要な雑誌に対抗するものとして、読者にも積極的に寄稿を呼びかけ、雑誌に参加してもいいのだなという感情を育てたいと思っている。

この雑誌の総合的な視点と気分のようなものは、選択された内容から見てとれる理想主義的な考え方と態度に反映されている。他の豪華な本に比べると、そこには雑誌を創るにあたっての極めて慎重な動きがある。装丁の大きさは、写真が読者にインパクトを与えることができるということを意味し、シンプルな構成は定価を低く抑えることを可能にしている。ヨーロッパの誰にとっても「A10」が取り扱いやすいものにするということは、創刊者の関心ごとでもある。

第2号は、来年の2月に店頭に並ぶことになるが、程なく彼らのウェブサイトでさらに詳しい情報をみることができるだろう。

A10 Magazine
A10 Media BV, PO Box 51137, NL-1007 EC Amsterdam
TEL:+31 20 470 5607
mail@a10magazine.com
www.a10magazine.com

Text: Ania Markham from Post Panic
Photos: Mark Visser from Post Panic
Translation: Ryoko Ogino

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE