NIKE 公式オンラインストア

A10 マガジン

THINGSText: Ania Markham

「A10」は、ヨーロッパの建築界をレポートしようとした最初の雑誌というわけではない。ヨーロッパ建築界の大プロジェクトをレポートし、スーパースター建築家が作った建築をフォーカスした雑誌は既にいくつかある。「A10」はヨーロッパ建築界の概略的な視点も取り扱おうとすることでそれらの雑誌に敬意を払いつつ、今はまだあまり知られていない将来的なスターたちも同時にレポートしている。

ヨーロッパ全体(通常無視されてしまう中央あるいは東ヨーロッパも含む)に特派員のネットワークを築くことによって、「A10」は、もしあなたがそこに住まないと知ることができないような建築までレポートすることが可能になっている。加えて、特派員たちに好きなテーマを選ばせることによって、常に新鮮で、強烈で、そしてこれはもっとも重要なことだが、他の雑誌で何回も取り上げられている類の建築記事ではないものを提供できることを保障している。

「A10」は一方向的なコミュニケーション方法を適用させている主要な雑誌に対抗するものとして、読者にも積極的に寄稿を呼びかけ、雑誌に参加してもいいのだなという感情を育てたいと思っている。

この雑誌の総合的な視点と気分のようなものは、選択された内容から見てとれる理想主義的な考え方と態度に反映されている。他の豪華な本に比べると、そこには雑誌を創るにあたっての極めて慎重な動きがある。装丁の大きさは、写真が読者にインパクトを与えることができるということを意味し、シンプルな構成は定価を低く抑えることを可能にしている。ヨーロッパの誰にとっても「A10」が取り扱いやすいものにするということは、創刊者の関心ごとでもある。

第2号は、来年の2月に店頭に並ぶことになるが、程なく彼らのウェブサイトでさらに詳しい情報をみることができるだろう。

A10 Magazine
住所:A10 Media BV, PO Box 51137, NL-1007 Amsterdam
TEL:+31 (0)20 470 5607
https://www.a10magazine.com

Text: Ania Markham
Translation: Ryoko Ogino
Photos: Mark Visser

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ボール・ピヤラック
MoMA STORE