マイク・ケリー展

HAPPENING


Sleepwalker, 1997
Polyester und Farbe
165 x 51 x 76 cm
Collection Berkley Trust, London
© Tony Matelli
Courtesy Andrehn-Schiptjenko, Stockholmr


モンスターを破壊。モンスターを展示。デトロイト生まれのアーティスト、マイク・ケリーはこの2つをやろうとしている。

1970年から80年にかけ、マイクはパンクバンド「DESTROY ALL MONSTERS (モンスター殺せ)」のメンバーで、社会に革命をおこす心構えは十分だった。10年ほど前の1993年、彼はオランダの国際彫刻展「SONSBEEK」にて「UNCANNY」というエキシビジョンを行った。これを機に、彼は「PLAYING WITH THE DEAD (死と戯れる)」というエッセイ本を出版。その本ではウィーンの心理セラピスト、ジークムント・フロイトの論文について言及している。辞書上では、“神秘的な、異常な”という意味を持つ“UNCANNY”。フロイトの定義は、「ある圧力に耐えていた親しみのある何かが、そこから抜け出してくること」だ。よく知っていたはずのものが突然恐ろしいものになるなんて、不安で戸惑わずにはいられない。フロイトの考える“モンスター”とは、“生命のあるものは魂を持っているのだろうか”また逆に“生命を持たないものが魂を持っているかもしれない”という“疑心”だという。ケリーの「UNCANNY」のインスピレーションはウィーンにあった。曖昧さや奇抜さがあらゆるものに浸透した19世紀後半に、だらだらと尾をひく精神病状態にアメリカ人アーティストが陥ったのもこの街だった。そこでケリーは、精神病院のろう人形や古びた遊園地にあるモノなど、ウィーンの“UNCANNY”な場所から得たものを作品に取り入れた。


Harem #1
Squeeze toys
4 von 76 Objekten aus der Sammlung von Mike Kelley
Foto: MUMOK/Lisa Rastl
Courtesy Mike Kelley, Los Angeles

今年、リバプールのテート・ギャラリーでのエキシビジョンを機に、彼のエキシビジョンはリメイクされた。現在はウィーンの「MUMOK」で展示されており、古代エジプトの墓の装飾品から、クリスト、ポール・マッカーシー、トニー・アウスラーなどのコンポラリーアーティストによる作品に渡る、長い歴史のパノラマに“UNCANNY”な造形表現を関連づけるという彼独特の展示方法となっている。劇的な彫刻セクションには、マイク・ケリ−のコレクション「THE HAREMS」も含まれている。このコレクションは、彼が幼年期から青春期にかけてふれたビー玉などのおもちゃから何百枚ものバブルガムのカード、ポストカード、レコードのジャケット、雑誌、教会の旗など15種類の品々から成っている。「THE HAREMS」は消費社会に典型的なモノで構成されており、それらを1つに集めて標準化することで、そのモノたちの“UNCANNYなオーラ”が醸しだされている。そしてケリーの彫刻は、人体のもろさ、醜さ、死を表現している。生命を持たない人形は人類にとって変わり、私達よりも長く“生きる”のだ。


Kopf eines Indianerhauptlings
aus Prauschers Panoptikum im Wiener Prater (gegrundet 1872) Wachs bemalt Kunstkammer Georg Laue, Munchen
© Foto: Margret Schuetzeneder

7月17日〜8月12日には、ウィーンの「フィルムカジノ」と「フィルムミュージアム・ウィーン」の2会場で“THE UNCANNY”と題したフィルムフェスティバルが開催された。16日間、様々な映画が幅広く上映され、1930年代の表現派映画から「フランケンシュタイン」(ジェームズ・ホエール, 1931)、「午後の網目」(マヤ・デレン, 1944)、「イレイザーヘッド」(デヴィッド・リンチ, 1978)、「死霊のしたたり」(スチュアート・ゴードン, 1985)、「戦慄の絆」(デビッド・クローネンバーグ, 1988)、「ヘンリー/ある連続殺人鬼の記録」(ジョン・マクノートン, 1990)のようなクラッシクホラーやスプラッターフィルムが上映された。

マイク・ケリー 「THE UNCANNY」
会期:2004年7月17日〜10月31日
会場:MUMOK
住所:Museumsplatz 1, A -1070 Wien
TEL: +43-1-525 00
info@mumok.at
http://www.mumok.at

フィルムカジノ
TEL: (+43-1) 581 39 00 10
filmcasino@filmcasino.at
http://www.filmcasino.at

Text: Christina Merl
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE