マーティン・オーバーウィール

PEOPLE


マーティンは、ブロンドでちょっと生意気な感じで目に輝きがある。第一印象は、70年代に遡って、ビヨン・ボルグだった。彼のユーモアと個性は、彼の描くイラストレーションやその他のプロジェクトの中でよく輝いている。

2001年に、ハーグの学校を卒業したが、彼が自分自身をプロのアーティストとして呼んで活動を始めてから、まだたった1年ほどだ。これまでそのようなきっかけがなかったから、と彼は主張するが、学生時代からの様々な冒険的ストーリーを聞いていると、彼は絶対に、どんな形であれ、アーティストだったと感じる。彼はこれまで、モデル、イラストレーター、アーティスト、DJ、本の出版という活動をしてきた。そして私達ポストパニックも、何年か前に手掛けたミュージック・プロモやテレビコマーシャルで証明された彼の存在感を知っている。それ以来ずっと彼には注目してきたが、そろそろ彼を世界に紹介しようかと思う。

マーティンは、最初グラフィックデザインを学んでいたが、手を実際に使って創作できるものの方が自分に向いていると気付き、すぐにファインアートへのコースに変更したそうだ。それにしても、今や手作業というのはグラフィック業界では実用的に不可能な方法になった。彼にとって、ドローイングはアイデアを最も素早く形にする方法なのだ。白い紙とペン。彼が必要なのはそれだけだ。それさえあれば自然と体が動くのだという。彼の作品は素直で、面白くて、分かりやすい。印象的なイラストレーションには、しばしば絵とはまったく無関係の文字が書かれており、おかしな感じがする。そこが彼のポイントなのだ。しつこくその点について聞いてみると、そこに書かれている文字は、彼がその時に興味を持っている考え方や物を反映しているのだと説明してくれた。

わずか12ヶ月でマーティンは、アムステルダム、ハーグ、アントワープにて、ドローイング、写真、「フォルクスラント」などのオランダを代表する雑誌でのイラストレーションを展示するエキシビジョンを楽しんだ。彼は、特にコミッションワークからインスピレーションを得ることが多いようだ。「1つ1つがそれぞれアート作品として確立されていなければならないから」と話す。

その他のプロジェクトには、Tシャツデザイン、DJ、本の出版がある。Tシャツデザインは、「スタジオ・ドゥンバー」で働くDJパートナー、デニス・クートと「UNISECS」という名前で活動しているプロジェクトの1つ。これを始めた理由は「着るものが必要だったから」らしい。彼らの選ぶ音楽は“個人的でエッジの利いたヒットミックス”ELOからエレクトリック6、ヴィヴァ・ラ・フェット、デュラン・デュランまでなんでもミックスする。さらにもう驚くなかれ、この2人組DJは自分達の“普通ではない”ミキシングテクニックに誇りを持っている—分かりやすく言うと、まったく“ミックス”しないのだ。「CDに入っている音をかけてる。シンプルに。ややこしいことはしないよ。だからUNISECSなんだ。」

見逃してはいけないプロジェクトがもう1つある。友人のローワン・マクスキーと手掛ける「アーティー・ブッキーズ」や「FAMC」という本だ。これは、グラフィックデザイナーであるローワンと共に制作したイラストレーションが詰まった小さな本だ。「僕らは似たような感性を持っているから、一緒に仕事をしたり、本を作るのも難しくはなかった。」アート本を扱うセレクトショップで販売されたこの本はすぐに売り切れ、人気はふつふつと高まってきている。さてこの彼が、次にチャレンジしたいものとは?「愛だね。次は絶対に愛。」

マーティン・オーバーウィール
TEL:+31 (0) 61 8840184
mfoverweel@hotmail.com
www.mfoverweel.com

Text: Ania Markham from Post Panic
Photos: Mark Visser from Post Panic
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE